【オススメの無料診断】正しい"自己分析"で合格率UPを狙え!

【労働基準監督官】独学で合格を目指す方を私が本気でサポート!コレが本当の「受験案内」だ!

私は独学
公務員試験合格を目指す
受験生を本気で応援している
「せんせい」です。

労働基準監督官の試験に合格したい人のために、受験案内のようなページを作りました!

 

このページだけで「労働基準監督官」の試験の概要から対策方法など、試験についてわからない初心者から現在受験中の方まで労働基準監督官を目指す人の疑問をすべて解決していきたいと思います!

主には「筆記試験」「面接試験」「採用面接」について書いていきたいと思っております。

 

はじめに言っておくと近年、労基の難易度は激減しています。

受けるなら今がチャンスですよ!

 

 

ちなみに、当ブログのアイキャッチ(見出し)画像に色の帯がついているものが労働基準監督官の記事となっています!

ではさっそく本気で紹介していきますね!

 

労基は私も大好きな試験なんだ!
受験生を本気で応援してるから、今日は特に気合いが入ってるよ~!!
気持ち悪いな~。
まぁ大事なところはちゃんと教えてくれよな!
最近、労基も「全国転勤」がほぼなくなったから、受けやすくなったんだ!
採用人数も増えてるし、これから受ける人におススメしたい試験だね!
じゃあ順番に紹介していくよ!

 

目次

【独学】労働基準監督官へのSTEP1:まずは採用試験のシステムを知ろう!

「独学で労働基準監督官の試験に合格したい」と思ったら、まずはどんな試験なのか知らなければいけませんよね!

「労働基準監督官 受験案内」と検索して出てくるPDFの受験案内のページをかみ砕いて説明していきます!

 

【労働基準監督官】試験の流れを把握しよう!

まずは試験の流れを見ていきましょう!

採用プロセスは大きくわけて3段階構成となってます。

 

【労働基準監督官】採用プロセスは3段階!

採用プロセス
  1. 【教養+専門択一】
    ⇒まず「教養試験」や「専門試験(択一式)」の合計得点をもとに、1次試験合格者を決めます。
    (※専門記述は1次試験日に実施しますが、2次試験科目となります)
  2. 【教養+専門択一+専門記述+面接】
    ⇒1次試験合格者を対象に、「人事院面接試験」を行い、試験全体を総合的に評価して2次試験合格者を決めます。
  3. 【採用面接】
    ⇒2次試験合格者を対象に「採用面接」を行い、内々定をもらうことで、就職先が決まるというわけですね!

※採用面接は最終合格発表日の翌日からはじまります。

労働基準監督官の試験は、2次試験合格≠内々定なので注意が必要です。
⇒各労働局が実施する「採用面接(マッチング面接)」で合格をもらうことが出来ないと就職先が無いことになります。

 

最終合格しただけでは就職先が無いってことだね!
各労働局が実施する【採用面接】を突破してようやく内定ってことか。
うん!採用面接のポイント等は重要だから後で紹介するね!
次は【試験内容】について紹介していくよ!

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP2:試験について詳しく知ろう!

労働基準監督官の試験について知らないまま勉強なんて始められないですよね!

  • 労基はどんな試験なのか?
  • 労基の試験ではどんな問題が出題されるのか?
  • 労基の試験の概要がイマイチわからない…等

なにより見切り発車は良くないので、試験内容や出題範囲等については絶対に把握しておくようにしましょう!

効率よく勉強を進めるためには計画性が大事ですから、試験内容や出題範囲等についての把握は必要不可欠だと思います。

 

労働基準監督官の「教養(基礎能力)試験」とは?

【教養(基礎能力)試験の出題科目と重要度(140分)】

主には高校の時の勉強科目+αといったようなニュアンスの試験です。

試験の名前通り、基礎的な能力や一般教養がどれくらい身についているのか見る試験となっています。科目数は約16科目にも及ぶため、勉強する科目捨て科目を見極めて効率よく勉強していかなければなりません。

 

効率の良い教養試験の対策方法

科目一覧を見たらわかると思いますが、科目ごとの出題数に差がありすぎるので、重要科目は時間を使って対策、それ以外の科目はうまく対策していく必要があると思います!

特に一般知能、中でも英語現代文数的・判断推理はかなり重要視されているので、これは絶対に対策しておきたいところです。

 

勉強方法、参考書は別ページで詳しく解説しているので、絶対にチェックしておいてください!

ちなみに教養試験は、文系理系関係なく、どの区分でも課される共通の試験で、時間は140分となります。

数的処理という科目が超重要なのは一目瞭然!
勉強方法&頻出テーマも要チェック!

 

労働基準監督官の「専門試験(択一+記述)」とは?

労基の専門試験(択一+記述)は受験区分ごとに内容が違うので、A(法文系)区分と、B(理工系)区分それぞれ内容を紹介しますね!

 

労働基準監督官A(法文系)区分の専門択一&記述

【[A区分]専門択一試験の出題科目と重要度】

この表は労基A区分の専門科目一覧になります。

専門択一は、労働法と労働事情が12問必須解答で、残り7科目から28問を選んで解答するシステムとなっています。

 

労働基準監督官B(理工系)区分の専門択一&記述

【[B区分]専門択一試験の出題科目と重要度】

労基の専門科目B

この表は労基B区分の専門科目一覧になります。

専門択一は、労働事情が8問必須解答で、残り数学・物理・化学系38問から32問を選んで解答するシステムとなっています。

 

労基A(法文系)区分と労基B(理工系)区分の専門記述について

労基A区分の場合、専門記述は「労働法」と「労働事情」が1題ずつ必須解答となっています。

労基B区分の場合、専門記述は「工業事情」が1題必須解答で、あとは工学の基礎関係科目等から1題選んで解答するタイプです。

 

 

労働基準監督官の「面接試験」とは?

労働基準監督官の試験は、人事院の面接採用面接、2段階の人物試験があります!

まずは「人事院の面接試験」から紹介していきますね!(採用面接は後述)

 

労働基準監督官の人事院面接とは?

【面接試験概要】

  • 面接官:3人
  • 面接時間:15分前後
  • 面接カードに沿って質問

面接というのは、「志望動機」や「自己PR」を述べて、自分をアピールする場ですよね!
公務員の面接試験では、「面接カード」と呼ばれるエントリーシートを元に質問が投げかけられます。

 

労働基準監督官の面接は適性が見られる!

この労働基準監督官の面接、適性が見られます!
(この先、適性適性うるさいと思いますが、それくらい重要なのでご了承いただければ幸いです。)

 

労働基準監督官は専門職!

労働基準監督官は専門職ですから、当然適性がなければ面接は通りません。

一生懸命勉強した人は当然筆記試験は受かりますが、実際に筆記通過者の通過者の2~3人に1人くらいしか面接の合格はもらえていません。

 

活躍できる人物像をアピールしよう!

筆記重視の国家公務員の試験ではめずらしく、それだけ適性が大事だということですね!
そこで、面接では、人物+適性をアピールしていきたいところです。

労基は労働関係のエキスパートで「警察」みたいなものなんだ。
まずは「労基の仕事内容」をきちんと把握しておこう!
労基の仕事内容もぶっちゃけわかってなかったわ!
勉強になりました!

 

面接カードから入念に作りこもう!

ちょっとダラダラ話してしまいましたが、ようは「面接カード」から適性を意識して、面接では活躍できる労働基準監督官の人物像をうまくアピールすることが大事だということですね!

面接カード」の書き方や、「実際にされる質問」は別ページで解説してますので、こちらを要チェック!
「面接カード」の書き方・コツはこちら!
「実際の質問」が知りたい方はこちら!

 

労働基準監督官の「身体検査」とは?

2次試験科目に「身体検査」がありますので、一応説明しておきます。

【身体検査とは】

  • 医師の診察
  • 尿検査
  • 血圧検査
  • X線検査

2次(面接)試験日に、これらの4つを検査します。
グループごとに分かれており、午前中は身体検査(or面接)、午後は面接(or健康診断)だったりします。

不安な人は、合格体験記等を読んでみてください(^^)

 

労働基準監督官の「採用面接」とは?

労働基準監督官の採用面接

先ほども言いましたが、労働基準監督官は2次試験合格≠採用です!
最終合格発表日の翌日以降に行われる各労働局ごとの「採用面接」に合格してようやく内々定となります!

労働基準監督官は各労働局ごとの採用になるので、全国各地の労働局の中から希望の労働局の採用面接を受けることになります。

 

採用面接の内容は?

採用面接の内容は2次面接のときとほぼ同じだと思ってもらえればと思いますが、労働局ごとに面接官の数や時間等の面接形式は異なります。

▼【労基の採用面接の実態まとめ】労働局ごとの面接質問や面接内容をまとめてます。

 

詳しい話やコツは重要過ぎるので【STEP9】で本気で伝えていこうと思います。

この採用面接の合格率を大幅に上げるコツがあるんだ!
このページで紹介するから絶対にチェックしてね!
なんだよ早く教えてくれよ~!
まぁまぁそう焦らずに順番に説明していくよ!
まだ受験先も決まってないだろ~?

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP3:受験先を決めよう!

大体の労働基準監督官の試験の内容や試験の流れは把握できたでしょうか?
ココからは皆さん実際にやることを紹介していきますね!

まずは「受験先」を決めるところからスタートしましょう!

 

労基A(法文系)と労基B(理工系)区分がある!

労働基準監督官の試験はA区分とB区分にわけられています。

 

区分毎の主な違い

簡単に違いを説明すると、文系理系かの違いです。

  • A区分が法文系と呼ばれる基本的に文系の方が受験する区分で、
  • B区分が理工系と呼ばれる基本的に理系の方が受験する区分となっています。

倍率やボーダー等も違いますが、一番大きいのは【専門試験の内容】だと思います。

 

主に試験内容が違うだけ!

どちらの試験を受けるのかというのは自由に選べるので、数学や物理が得意な文系の人がB区分で受験することに何の問題もありません!

実際に労働基準監督官になりたいという人は、理系だけどA(法文系)区分で受ける人も多いです。
⇒労働基準監督官になった後に、労働法等、文系の試験科目で勉強した知識が直で活かせるからですね。

※区分ごとに専門試験の科目が違いますが、仕事内容や待遇が変わるわけではありません。

 

併願先との兼ね合い等を考えて決めてみて下さい

国家一般職(労働局)と県庁(行政職)を受けるから、労基もA(法文系)区分!
国家一般職は土木で、県庁も土木で受けるから、労基はB(理工系)区分!

こんな感じで、自分の併願先や得意不得意に合わせてうまく決めてみて下さい。

 

俺は行政職で国家一般職と特別区、市役所を受けるから「A(法文系)区分」で受けるよ!
うん!そんな感じでOKだよ!

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP4:目標を明確に!

「独学で労働基準監督官の合格を目指そう!!」
そう思っても目標や合格ビジョンが見えていないと合格率も大幅に下がってしまうと思います。

何点取ればいいかもわからずに、試験を受けてたらそりゃ失敗しちゃいますよね!

次のステップは「合格ビジョン(目標)」を見ることということで、『配点』や『筆記ボーダー』『最終合格ボーダー』等についての話をしていきたいと思います。

 

【労働基準監督官】最終目標は「内定」を獲得すること!

目標を明確に!
  1. 最終目標は内定獲得】
    ⇒そのために、仕事の勉強、イベントの参加、採用面接でのアピール等が重要
  2. 【内定獲得するには試験最終合格が必要】
    ⇒教養や専門、面接等でいい点数を取る必要がある
  3. 【良い点数を取るために対策が必要】
    ⇒配点や重要科目等を意識して、一生懸命勉強しないと!

まぁ当然の話ではあるのですが、目標を整理すると上記のような流れになりますよね。

要は「採用面接」系の対策が最重要で、そのために最終合格の資格が必要といったイメージになります。

 

最終合格<<<採用面接

いくら好成績で最終合格したところで、「内定」がもらえないと意味がないわけです。
逆に最終合格して、内定がもらえるのであれば労働基準監督官の試験の成績はどうだっていいわけですよね!

 

目標を明確にしておこう!

そこで、皆さんには最終合格するために筆記試験等でどれくらいとれば合格できそうか、目標を明確にしておいてほしいなと思います。

合格ビジョンを見るために、まずは「試験の配点」を見ていきましょう!

 

独学で労働基準監督官の試験に合格するためには「配点」の把握が超大事!

労働基準監督官の場合、基本的には最終合格時の席次(合格順位)は採用面接の合否にほぼ影響しません。

ということで、効率よく最終合格を目指していきたいですよね!

 

労基の試験は配点が特徴的!

労働基準監督官は試験の配点がかなり特徴的だと思います。

面接が合否だけというのは公務員試験の中でもかなり珍しいですよね。

筆記試験の点数が良い+人物〇適性〇
→合格

このようなシステムになってます!

 

労基の試験科目の重要度

試験の重要度
  1. 人事院面接
  2. 教養+専門択一
  3. 専門記述

そして、試験ごとの重要度は上記のようになります。
やっぱり面接対策が一番重要なので、早め早めの対策を心がけていきたいですよね。

教養+専門択一で一定ラインの点数を取らないと面接試験は受けることが出来ません。
そこで、次は筆記試験の合格ボーダー点について紹介していきます!

 

独学で労働基準監督官の試験に合格するために「目標の点」を決めよう!

昔は難易度も高かったのですが、今は平均点が合格ラインとなっているのが現状です。

教養・専門試験(択一・記述)は平均点+α、面接で「人物+適性」をきちんとアピールできれば、最終合格することが出来るんですね!

教養は5.5割(理工系は5割)、専門択一は7割を目標にしました。

平均点が5割前後くらいですから、決して高い目標ではありませんよね!

公務員の筆記試験というのは、基本的には勉強したら勉強した分だけ点が上がりますので、本気で目指す人は、できれば1年前から対策していきましょう!

 

最近どんどんボーダーが下がっているんだ。
これから受ける人はチャンスだよ!
そんなに昔と変わらんだろ~?
実はかなり変わってるんだ!
ちょっとだけ説明させて!

 

労働基準監督官の試験は難易度が激減している!?

労基Aと労基Bで合格ボーダー点が違うので、それぞれ紹介しておきますね!

 

労働基準監督官A(法文系)の合格ボーダー点まとめ

だいたい5割くらいが労基Aの合格ボーダー点ですね!

ちなみに、労働基準監督官の試験は教養試験も専門択一試験も40点満点です!

 

労働基準監督官B(理工系)の合格ボーダー点まとめ

平均すると3.5割~4割くらいが労基Bのボーダー点となります。

A区分もB区分も、パッと見てわかるのは年々ボーダーが下がっているということですよね!

 

労働基準監督官のボーダー解説ページはこちら

労働基準監督官のボーダー

労働基準監督官のボーダー点・難易度については別ページで熱く語っているので、上記のページを見て自分の目標点を決めてみて下さい!

受験区分ごとにボーダーラインが違ってくるので、皆さん要チェックです!

 

転職する方やどうしても公務員になりたい方はこの労働基準監督官ってかなりオススメなんだ。
なんせ難易度がどんどん下がってるからね!
なんか俺でも頑張ればなれそうな気がしてきたよ!
やってやるぜ!
次は勉強のスケジュールを組むんだけど、その前に過去問を請求しておこう!
理工系の人は要チェック!

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP5:勉強スケジュールを組む前に「過去問を請求」しよう!

※主にB区分(理工系)の方が対象です。
※A区分(法文系)の方は市販の参考書でもOKです。

「いきなり過去問?」と感じる方も多いと思いますが、合格するために過去問を解くことは必須といっても過言ではないくらい重要です。

そんな重要な過去問なのですが、申請してから手元に届くまでに1か月半もかかってしまいます。
いつか申請しなければいけない過去問なら早めに申請しておきましょう!

行政職関係の過去問は本屋等で手に入ったりしますが、理系の場合は全然手に入りません。

申請方法を詳しく説明したページはこちらです
※解説はついていません。

 

基礎能力(教養)・専門(択一・記述)がセットになっていてすべて手に入るのでなるべく早めに申請しておきましょう!

とくに専門記述の過去問というのは貴重です!

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP6:勉強スケジュールを組もう!

労働基準監督官の専門試験科目は特徴的です!

労働法や労働事情、刑法等、公務員試験ではマイナーな科目の配点が高く、併願で適当に受ける人が点を取りづらいシステムになってます。
⇒逆に言えば、労基専願・第一志望の人は受かりやすいシステムとなってるわけですね。

いくら面接の重要度が高いとはいえ、筆記試験である程度得点できないと面接試験を受けることはできません。
そこで、効率よく勉強するために【勉強スケジュール】をうまく立ててほしいなと思います。

 

重要度や出題数を意識して、力の入れどころを調整しよう!

自分の併願状況や得意科目等を考慮して、勉強する科目を決めていきましょう!

まんべんなく勉強するもよし、得意な科目を伸ばすもよし、過程は問いません。
例えば教養なら5.5割(目標点)取れるなら、どんな取り方でもOKということです。

大事なのは結果ですからね!

こちらのページを参考に決めてみて下さい。

では実際に労基A(法文系)区分、B(理工系)区分の合格者の勉強スケジュールをそれぞれ紹介していきます!

 

労基A(法文系)区分の勉強スケジュール

(※)社会政策は労働経済+社会保障のことです。
時事的な要素も含みますが、基礎的な部分だけは早めに手を付けておくべきでしょう。

こちらの表は労働基準監督官が中心、国家一般職、特別区、地方上級(県庁・市役所)と併願用の勉強スケジュールです。

 

労働基準監督官Aの重要専門科目

「労働法」「労働事情」「社会政策」「専門記述」等、労働分野の科目が最重要ですね。

専門記述の対策は10月としていますが、これは労働分野の科目が専門記述の対策にもなるからです。
特別に対策するのは基礎が終わってからでしょう。

「労基Aの出題科目」詳しい解説はこちら!

 

 

併用度の高い科目も重要度は高いです。

また、併用度の高い「憲法」「民法」「行政法」「ミクロ・マクロ経済学」等は習得するのに時間がかかります。できるだけ早い時期から手を付けておくべきでしょう。

これらの知識は労基だけでなく、行政職の公務員試験すべてで活用できます。

 

労働基準監督官Aの重要教養科目

教養対策については「文章理解」「数的・判断推理」「資料解釈」「時事問題」「社会科学」が最重要といえます。

特に数的処理系の科目は習得するのに時間がかかりますし、超重要です!

また、英語を勉強する方は、10月から手を付けておきたいですね。

オススメ参考書+勉強方法はこちら

 

労働基準監督官Aの専門記述対策

専門記述対策の仕方は、併願状況や志望度の観点から受験生ごとに違うと思います。

そこで、合格者たちにお願いして、科目ごとにアドバイスいただきましたので、皆さん是非、参考にしてみて下さい↓
労基Aの専門記述対策】合格者たちからアドバイス!

 

採用面接の対策は早め早めに!

また、「採用面接」の対策が10月からになっているのが気になる方も多いのではないでしょうか。

合格できる人はこの採用面接の重要性をきちんと理解できているので、労働局の情報チェックやイベントチェック、仕事内容の勉強等をどんどんはじめています!

 

労基B(理工系)区分の勉強スケジュール

こちらは労基B専願用の対策スケジュールです!

 

労働基準監督官Bの重要科目(教養+専門択一)

労基B(理工系)区分の最重要科目は「現代文」「数的」「時事」「数学」「物理」の5つです!

この5個だけきちんと勉強しておけば合格できるレベルだと思います。

「化学」もそこそこ重要ですが、これは教養試験の対策だけでOKです!

 

労働基準監督官Bは”物理”が最重要!

中でも「物理」がずば抜けて重要です!
択一では19~21問、専門記述でも選択できますからね!

工学の基礎」を早い時期からガツガツやっていきましょう!

 

労働基準監督官Bの専門記述対策

専門記述は「工業事情」という労働に関する時事問題みたいな問題がでますが、ニュースを見て、自分の意見を持っていれば解けるレベルです。基本的には専門記述は物理で点を稼いでいきましょう。

また、専門択一の物理の対策をしていれば、専門記述もカバーできるので、物理(力学)の基礎を大事に勉強してみてください!

択一の物理を一生懸命勉強しておけば、自然と【力学(専門記述)】で点が取れると思います。
出題される問題も基礎的なものばかりです。

専門記述対策の仕方は、併願状況や志望度の観点から受験生ごとに違うじゃろ?
合格者たちにお願いして、科目ごとにアドバイスもらってきたから以下の記事も有効活用してみてくれ↓↓
労基Bの専門記述対策】合格者たちからアドバイス!

 

「労基Bの出題科目」詳しい解説はこちら!
教養試験の勉強方法はこちら

スケジュールは受験生ごとに違うので、試験対策スケジュールのページ等を参考にして見て下さい。

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP7:「ダンダリン」を見るべし!

もううるさいと思いますが、労働基準監督官の面接試験で受験生の「適性」をチェックしています。
⇒そこで、面接官は以下のような質問を受験生に投げかけることもあります。

  • どんな人が労働基準監督官に向いていると思いますか?
  • 労働基準監督官の仕事内容を簡単に説明していただけますか?

皆さんは面接本番で、上記のような質問が飛んできたら答えられますか?

難しいと思いますが、重要な質問でもありますよね!

きちんと答えることができればいい印象間違いなしなので、
独学で労働基準監督官になりたいなら絶対にやらなければいけないことを紹介しようと思います。

 

独学で労働基準監督官を目指すなら絶対にやるべきこと

はい。それは

「ダンダリン」を見ることです!

 

ダンダリンとは?

ダンダリンとは、労働基準監督官を題材としたテレビドラマで、
「仕事内容」や「適性」が目で見て勉強できます!

おまけに面白い!

コレを見なければ合格は難しいといっていいでしょう(偏見)

私は超オススメしています!
ダンダリンを見ないまま面接を受けて、落ちても知りませんよ(笑)

実際に私は受験期に【ダンダリン】を2回みましたが、ダンダリンを見てなかったら落ちていたと確信を持ってそう言えます。

まじか…!!!!じゃあ俺は3回くらいは見ておくわ!!

 

労働基準監督官の適性とは?

【適性】

  • 正義感が強い人
  • 一人が好きな人
  • 人とかかわるのが好きな人
  • 自分の意志で行動できる人
  • 自分の意見をきちんと発言できる人
  • 自己統制力がある人
  • メンタルが強い人
  • 調整力がある人
  • 使命感が強い人…等

あくまで私の考えですが、このような人が向いていると思います。

簡単に言うとダンダリンに出てくる主人公、段田リンさんが適性だと言えます。
ちょっと協調性がかけすぎていますが…(笑)

 

何度もうるさいと思いますが、ダンダリンはみて下さいね!
労働基準監督官の仕事内容が知りたい方はこちら

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP8:次は「面接対策」だ!

労働基準監督官の場合、国家公務員としての(人事院)面接が1回と採用面接と呼ばれる就職面接が1回以上の合計2回以上面接があります。

人物試験が何よりも重要なのは間違いないですから、
とりあえずは「人事院面接の対策方法」から紹介していきますね!

人事院面接と採用面接は内容が同じような感じです!
⇒人事院面接対策をきちんとしていれば採用面接の対策にもなるということですね!

 

労働基準監督官の面接カードを極めろ!

国税専門官の面接カード

労働基準監督官の人事院面接は「面接カード」というエントリーシートに沿って行われますから、この面接カードの作成はめちゃくちゃ大事ということになります。

 

自己分析はめちゃくちゃ重要!

そして、採用面接を突破するためにも【自己分析】は超絶に重要になってきますから、遅くても年明けくらいから面接対策も始めていきたいところです。

土日等で勉強の合間に面接カードも作ってみて下さい!
なんせ勉強頑張っても面接で一発アウトだったら、元も子もないですからね!

 

適性をアピール

先ほども力説しましたが労基の面接は

適性が見られます!

人物+適性をアピールできないと一発アウトですから人物試験は筆記試験よりも重要度が高いということになりますね!

 

面接カード+適性チェックの質問!

労働基準監督官の面接では、【面接カードに沿った質問】と【適性チェックの質問】が存在します。
どんな質問がくるのかもきちんと把握してから面接カードを作ってみるとうまく書けるかもしれません。

 

面接カード作成に役立つ記事まとめ

労基の面接はこの面接カードからが勝負だよ!
うまく作っていこう!
おう!そのページ見ながら頑張るわ!
まずは「自己分析」からだね!

 

実戦練習を積み重ねよう!

面接カードの作成が完成したらどんどん実践してください。
実戦練習が何より大事です!

どれだけインプット(面接カード作成や想定問答集作成等)をやったとしても、実際に質問にうまく答えられなければ意味がありません。
模擬面接や実戦練習を積み重ねて、【話す練習】や【伝える練習】を大事にしてみて下さい!

 

ハローワークやジョブカフェを有効利用しよう!

公務員講座にも入ってないし一人じゃできないよって人はハローワーク・ジョブカフェ等にいきましょう!こちらは無料で面接練習してくれます。

予約が必要な場合もあるので近くのハローワークのHPを見るか、電話をかけるかをしてくださいね!

 

人が人を評価するような試験は第三者の意見を大事にしよう!

「面接カードを一生懸命作ったから面接練習はしなくていいかな」なんて思っている人は要注意ですよ!
自分が良いと思っていても、第三者からすると悪い評価だったりすることは多いですし、自分が笑顔で答えられていると思っても意外に真顔で怖かったりするものです(笑)

色々な先生に模擬面接をお願いして、色々アドバイスをもらってみて下さい!
本当に客観的な評価はめちゃくちゃ大事です!

 

面接は経験が大事!

面接というのは「慣れ」も大事だと思います。
場数を踏めば踏むほど自分が良いたことを話せるようになってきますし、どんな回答をすれば印象が良いのかもつかめてきます。

何度もうるさいですが、模擬面接等は特に大事にしてみて下さい(^^)

 

できれば専門の講師に見てもらおう!

労働基準監督官の面接は行政職用の面接対策をしていると受からない確率が高くなってしまいます。
どちらかと言えば、【警察官】の面接を受けているようなイメージになります。

⇒できれば労働基準監督官の指導経験がある方に対策をお願いしてみて下さい。

 

合格体験記を見てもらったらわかると思いますが、私は労基の面接アドバイスは得意です。
「ココナラ」というアプリで模擬面接の対応もしているので、興味がある人は気軽に話しかけてください(^^)

無料会員登録はこちら

 

特に表情・話し方等の見た目が与える印象を大事に!

面白いことに面接試験というのは、話の内容よりも【見た目】の印象や【】から入ってくる情報の重要度が高いんですね!
⇒「表情」や「話し方」「話の速度」「伝え方」等の部分です。

そこで、皆さんはを使って話す練習をしたり、ビデオを使って伝え方の練習をしたりと、この手の練習を大事にしてほしいなと思います。

 

面接対策について、何から始めればいいかわからない方は↓こちらのページを要チェック!!!

【面接対策記事まとめ】不安解消×合格率UP!!!

 

 

【独学】労働基準監督官へのSTEP9:最後の砦「採用面接」を極めろ!

労働基準監督官の採用面接

何度もうるさいようですが、労働基準監督官の試験は【最終合格】しないと各労働局が実施する【採用面接】は受けることができません!

そして、この採用面接で【内々定】をもらうことが出来れば、将来その労働局で労働基準監督官として働くことが出来るというわけですね!

 

【労基】採用面接の合格率を高めていこう!

実は【内々定獲得】に向けて、
採用面接の合格率を大幅に上げる秘策があります!

 

労働局等が開催するイベントに積極的に参加しよう!

その秘策とは…

説明会やインターンシップ等、人事院・厚生労働省等が開催するイベントに積極的に参加することです!

主には「説明会」ですね!

 

一緒に働きたい!活躍してくれそう!と思わせるこが大事!

何と言っても、採用面接というのは採用面接(マッチングの面接)です。

「この人と一緒に働きたい」「今後活躍してくれそう」と採用側に思わせなければいけません。

 

説明会で説明する人は採用担当者であることが多い!

全員が全員採用担当者というわけではないと思いますが、基本的には説明してくれる人は採用担当者であることが多いです。

 

採用担当者の視点を大事にしてみて!

  1. 説明会やセミナー等に熱心に参加してくれるA君
  2. 説明会やセミナー等に参加したけど全然興味無さそうなB君
  3. 説明会にも参加してくれないC君

皆さんが「内定をあげたい」と思うのは誰ですか?

きっとほとんどの方がA君と答えてくれたと思います。

 

説明会等の参加は内定に影響します!

ちなみに「説明会への参加は合否に一切影響しません」と省庁側は言っていますが…

これはです!!騙されないように気を付けましょう。

イベントへ参加する】ということは、面接官に熱意等が伝わったり、仕事内容を勉強出来たりと、間接的に合格率をあげるだけでなく、直接的にも合否に影響を及ぼすということですね!
おおお、そうなのか!
今から説明会やセミナー等の情報をチェックしてくるわ!

 

日頃から説明会やニュース等はチェックする癖をつけよう!

日頃から情報にアンテナを貼っておくと、採用面接は有利になると思います。
何と言っても情報が命ですからね~!

「この人と一緒に働きたい」「今後活躍してくれそう」と思わせるには間接的に採用担当者に思いを伝えていく必要があります。

ということで、最低でも「説明会」には絶対に参加してくださいね!

 

労基の採用面接関連の記事

▼採用面接は重要過ぎるので記事がたくさんあります。

優秀な方は逆に採用担当から「スカウト(囲い込み)」されることもあります。

 

↑このページ超重要だから、ネコ君は見ないと怒るよ(笑)
マジかよ!
あの温厚なせんせいが怒るという事は相当重要なんだな!
今すぐ見るわ(笑)

 

【独学】労働基準監督官のオススメ参考書

超重要な参考書については「公務員試験のオススメ参考書」のページで紹介しているので割愛させていただきます。

労働基準監督官に受かるなら買っておきたい重要な参考書をいくつか紹介していきます。

とくに労基の専門試験は特徴的ですから、要チェックです!

 

労基A(法文系)区分のオススメ参考書

【模試感覚で勉強できる取り外し式過去問(3年分)】

やっぱり実際の問題を解くのが一番ためになります。

模試感覚で解けるので個人的には最強だと思ってます。

残念ながら労基B(理工系)区分はありません(泣)

 

【「労働法」関係の参考書】

労基A(法文系)区分で受けるなら必須です!

絶対に購入しましょう!

 

専門記述対策は専用の参考書が発売されていません。

最近は『メルカリ』で予備校の資料が手に入ったりもするので、そのあたりの対策資料を購入してみてはいかがでしょうか。

 

【まるごとパスワードneo】

政治学や行政学、社会学、社会政策、国際関係、暗記系の5科目が収録されており、コスパは最強です。労基Aの受験生は「社会政策(労働経済・社会保障)」という科目を勉強しておけばとりあえずはOKです。
また、『速攻の時事』という時事対策本の『厚生』『労働』分野は絶対にチェックしておくようにしましょう!

 

社会政策(労働経済・社会保障)」を勉強するのに、

まるごとパスワードは5科目で分けられててなんか嫌だよって人はこの参考書が最強です!

 

労基Aの記述試験は「労働経済白書」から出題されるから、公式のHPで白書の概要を見ておくといいかもね!(特にⅡ部)
そうなのか!
そりゃ見ておくわ!

 

労基B(理工系)区分のオススメ参考書

【工学の基礎(物理・数学)】

コレ1冊で物理と数学の基礎がすべて学べます。

この1冊を極めていけば、本番試験でも合格レベルまでたどり着くでしょう。

 

こちらは実際に「国家一般職」や「地上」で出題された工学の基礎の問題を解説してる本です。

これらの試験(総合職以外)は、労基と問題のレベルが同じなので、非常に参考になります。

労基の工学の基礎はこの2冊で合格レベルです。

どうしても労基の問題を解きたい人は「過去問を請求」しましょう。

 

「物理」の専門記述対策は基本的にしなくてもOKなのですが

工学の基礎だけではどうしても不安な方はこの1冊がオススメ。

なんせ多くの問題はこの「名門の森 物理」から実際の問題が出題されていますからね(笑)

不安な方は低価格なので買っておきましょう。

 

私も面接対策本を作りましたが、受験生の負担を考えて発売を停止しました。
Youtubeで動画を見れば以下の重要な情報がすべて手に入るからです。

最近の公務員試験というのは特に人物重視ですから、面接対策は怠れませんね!

 

Youtubeで面接対策系の動画もどんどんUPしていきたいと思ってます!
絶対に合格率があがると思いますので、合格したい方はチェックしてみて下さい(^^)

【面接対策動画】せんせいのYoutubeチャンネル

 

これ以外には「畑中敦子の数的シリーズ」「スーパー過去問ゼミシリーズ」を基本的にオススメしてます。

 

▼「オススメの参考書」に加えて「勉強方法」も紹介してるので、このページは絶対にチェックしておきましょう!

【オススメ参考書】独学・社会人用!公務員試験に合格するために必要な過去問等はコレ!

 

あとは「速攻の時事」が必須だね!
この1冊でどれだけの点に貢献するかわからないよ!
しかも1000円なのか!
最強だな!ポチったわ!

 

【独学】労働基準監督官に合格したいなら見ておくべきページ!

労働基準監督官は公務員試験ですから、公務員試験全般で役に立つ知識を載せたページをまとめて紹介します!

とくに独学で目指す人は非常に参考になると思います!

 

何から始めればいいかわからない方は【自己分析】をしてから
↓こちらの記事を要チェック!

【公務員の面接対策】内気な僕でも複数合格!超苦手な受験生でもできた合格率UPの秘訣を教えます!

 

労働基準監督官の関連記事まとめ

 

労働基準監督官の体験記

私の体験談だけでなく、何人もの優秀な受験生の話をまとめております。

労働基準監督官に独学で合格したいなら、体験記は絶対に見ておいた方がいいと思います!

 

【労働基準監督官】独学で合格した後に見たい記事まとめ

独学で労基の試験に合格した後に気になるのってやっぱり「給料」や「残業」、「出世」などではないでしょうか?

これらの情報も当然まとめていますので、労働基準監督官として働く前に、あらかじめ把握しておきましょう!

 

これで独学で労働基準監督官を目指す人を応援するページは終わりです。

ながながとお疲れ様でした!

 

私は労基の指導だけは自信があります。
本気で指導を求めてきた人は100%受かってます!
本気で受かりたい人はこのブログの記事は全部読んでおきましょうね!

 

独学でその他の試験を受ける人はこちらも要チェック!

 

 

13 件のコメント

  • 労基Bの過去問を請求して10年分もらいました。そこで、新しい年から解くのと古い年から解くのではどちらの方が良いですか?
    また、択一の労働事情の問題を何年分か(て見たのですが全くわかりませんでした。
    どのように対策したら良いですか?

    • コメントありがとうございます!

      新しいものでも古いものでもどちらから始めてもOKだと思います。
      まぁ古いものだけ何周かやっておいて、
      新しいものは本番試験形式(模試感覚)の演習に使う、
      試験前は新しいものを重点的に復習する~
      といった感じでやってみてはいかがでしょうか。

      労働事情は対策が難しいんですよね~。
      基本的には「白書」を読んで勉強するという形になるのですが、皆やってないので「速攻の時事」の労働分野だけきちんとやっておけばOKだと思います。
      工学の基礎部分が重要になるので、そっちで点を取るような感じにすれば労働事情は捨てても問題ないと思ってます。

      どうしても対策したいというのであれば労働関係の白書を読んでみて下さい。

  • 古いものを一通りやったら新しい年度を模試形式で解くというやり方でやってみます!
    労基は第一志望なので白書も見てみようと思います。
    参考になりました。ありがとうございます!

    • はい!
      またわからないことがあればLINE@やTwitter等でも気軽に話しかけて下さい!
      試験対策頑張っていきましょう(^^)

  • 夜分遅くに失礼します。今Bの過去問を解いているのですが解説が無いので参考書やネットで調べてもわからない問題は飛ばしてしまっても良いですか?
    調べてる時間を無駄に感じるので…
    また、労基の過去問はほどほどに解説のある国家一般の過去問を中心に勉強した方が良いでしょうか?

    • コメントありがとうございます!
      調べるのは大切な事ですが、どうしてもわからない問題は飛ばしてもOKです。
      効率重視でたくさんまわすようにしましょう!

      解説付きの国家一般職の工学の基礎から勉強したほうが良いと思います!
      基本的に皆が解ける問題を落とさないようにすれば合格レベルだと思いますので、まずは基礎をきちんと勉強して、どんどん演習問題(国家一般職や労基の問題)に挑戦していきましょう!

      わからないことや相談等あればLINEも気軽に利用してみて下さい(^^)
      どうしてもわからない問題等はポイントくらいなら教えてあげることもできます。

  • ありがとうございます。
    どうしてもわからなくて気になる問題があればせんせいに質問したいと思います。
    ところで、過去問を5,6年分解いたのですが大体正当率6-7割くらいでした。ただこれは参考書で見たことある問題も含まれているので良いのか悪いのかわかりません。客観的に見て良いペースで勉強できていると言えますか?

  • ありがとうございます。
    どうしてもわからなくて気になる問題があればせんせいに質問したいと思います。
    ところで、過去問を5,6年分解いたのですが大体正当率6-7割くらいでした。ただこれは参考書で見たことある問題も含まれているので良いのか悪いのかわかりません。客観的に見て、良いペースで勉強できていると言えますか?

    • はい(^^)
      かなり素晴らしいペースだと思います!
      その調子で頑張っていけば確実に筆記は合格でしょうね!
      基礎が理解できたらどんどん新しい問題に挑戦してみましょう!

  • 良かったです!(^ー^)
    最後に一点だけお聞きしたいです。
    記述問題は解答がないので問題を眺める程度で実際に解いていません。
    答え合わせができなくても解いた方が良いですか?

    • 記述の問題って実は基礎的な問題が多いんですよね!
      なので、今は解かなくてOKだと思います。
      まだ1月ですから、今は基礎的な部分をきちんと勉強しておいて
      基礎がある程度できるようになったら挑戦してみると良いと思います。

      どうしても記述を対策したいというのであれば『物理の森』という参考書を使ってみましょう。
      実際にこの中からそのまま出てる~なんてパターンもありますからね!

  • 承知しました!
    今は焦らず参考書と過去問の復習をして基礎を固めようと思います。
    また疑問に思うことができたら質問致します。
    ありがとうございました!

    • はい!
      今いい調子だと思いますので、その調子で頑張っていきましょう!
      また何かあれば気軽にどうぞ(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    クリックすれば『自分が知りたい情報』が一発で手に入るぞ~!
    筆記対策』『面接対策』『小論文対策』『採用面接対策』『体験談』など、貴重な情報が詰まっているよ!