【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【神奈川県庁 採用試験情報まとめ】〇点取れば合格!?初心者→合格までをサポートする記事です!

神奈川県庁の公務員採用試験について

神奈川県庁の公務員採用試験について
初心者にもわかりやすく”届けます。
合格率を上げる戦略や試験のコツを紹介します!

こんにちは!受験生からの信頼の厚さだけがアピールポイントの『せんせい(@koumuin_adviser)』です(笑)

この記事を読むことで、
【神奈川県庁】の採用試験の情報や合格までのコツが掴めるぞ!
急ぎの人は知りたい情報だけ見てくれればOKじゃ。ほっほ
※当記事は令和2年度版の情報を元に解説しています。基本的な流れは毎年一緒なので、感覚は掴めると思います。大幅な変更があれば随時更新しますが、試験を受ける際は必ず「神奈川県庁HPの最新の情報」を確認してくださいね!

 

では、神奈川県庁採用情報(公式)をかみ砕いて紹介していきますね!

 

【神奈川県庁】試験申し込みから採用までの流れを徹底解説!

※令和2年度の試験は、グループワーク試験がありませんでしたが、本記事は来年に向けた記事なので従来の試験の流れ・内容を紹介します。

 

【神奈川県庁】対策~合格までやるべきことを紹介!

最初に全体の試験の流れ、スケジュールをざっくりと紹介します!

 

①試験内容確認:今

まず公式の受験案内を参考にして、『試験内容』の確認を行ってください!
(公式のHPから昨年度の受験案内は見れます)

今からこの記事でも詳しく紹介していきますが、
公務員試験といっても受験先によって試験内容は異なりますから、
『1次試験の内容』や『教養試験の内容』、『試験配点』等、細かくチェックしておきましょう!

年度ごとに試験内容や配点等は異なる場合もあるが、とりあえずは昨年度の試験内容を参考にしておけばOKじゃ。ほっほ。

 

②試験対策:~6月末

試験内容が確認出来たら6月の試験日まではとりあえず試験対策をしますよね!
筆記、面接、小論文と色々対策頑張っていきましょう!!!

勉強は重要じゃが差がつけにくいから、人物試験で有利になるように『説明会』や『インターンシップ』等のイベント情報のチェック・参加が超重要じゃ。
勉強ばっかりやっていてはダメじゃぞ。ほっほ。

 

③申込・書類提出:~5月末

神奈川県庁の場合は、4月下旬~5月中旬が試験の申し込み期間となってます。

【やること】

  • 証明写真を用意する
  • 4月下旬に試験申し込む(基本的には電子申請)
  • 受験票は、1次試験日の10日前頃に e-kanagawa 電子申請サービスに登録される
    ⇒受験票作成

提出・準備しなければいけないことはコレです。
申込の方法や受験票の作り方については、公式のHPを参照してください。

面接カードは1次合格者のみ作成・提出しますが、面接対策が一番重要なので昨年のものを参考にして遅くとも6月までには提出できるぞっていう状態のものを作っておきましょう!

 

④1次試験:6月末

【1次試験内容】

  • 教養試験
  • 専門試験
  • 論文試験(※)

まずは教養と専門試験があり、これで1次合格者を決めます。

※:論文試験は1次試験日に実施しますが、2次試験の評定科目となります。
→教養と専門の結果で1次合格者を決める
→論文は1次合格者を対象に採点

 

⑤1次合格発表:7月頭

7月上旬に1次合格者が発表されます。
HPで合否の確認ができますが、一応合格通知も自宅に届きます。

合格通知が家に届いたタイミングで、2次試験の試験日程・詳細がわかります。

 

⑥2次試験(1回目):7月中旬~下旬

【2次試験内容(1回目)】

  • 個別面接1回目
  • 適性(性格)検査

2次試験の1回目で上記の2つの試験を行います。

 

⑦2次試験(2回目):7月中旬~8月中旬

【2次試験内容(2回目)】

  • 個別面接2回目
  • 集団討論

なんといっても個別面接と集団討論は重要です。

 

⑧最終合格発表:8月下旬

8月下旬、いよいよ合格発表です!

 

⑨採用候補者名簿に登載:8月下旬

合格すると合格通知が家に届きます!
そして、採用候補者名簿に登載されます!

 

⑩内定!

基本的には『最終合格≒内定』です!
意向確認(面接や電話連絡)を行い、正式な内定となります!

 

【神奈川県庁】試験職種(採用予定人数)・受験資格について

採用予定者数は試験の合格ボーダー、要は試験難易度に影響するから要チェックです!
令和2年度採用試験採用予定人数試験職種について表にまとめてみたぞい♪

 

【神奈川県庁】試験職種(採用予定人数)

【R2の採用予定者数】

  • 行政 : 110
  • 農業技術(農業) : 7
  • 農業技術(森林) : 6
  • 水産 : –
  • 総合土木 : 31
  • 建設技術(建築) : 2
  • 環境技術 : 4
  • 機械 : 3
  • 電気 : 8
  • 行政(秋季) : 42
  • 総合土木(秋季) : 9

公務員試験は競争試験なので、需要(採用予定者数)と供給(受験者数)の関係は非常に重要なのですが、年度ごとに違うので、最新の情報は公式の更新を待っておきましょう!
(一応、毎年だいたい同じくらいです)

 

【神奈川県庁】受験資格

『大卒程度』と書かれていますが、大卒の資格は必要ありません。
基本的には年齢要件をクリアしていればOK!!
大学中退した方やニート、フリーター、資格を満たしていれば皆平等に試験は受けられます。

 

ただ、専門職系の区分(福祉や心理、保健師)は基本的に学歴や資格等の条件があるので、そのあたりは公式の受験案内をチェックしておいてください!

 

一応注意点もサクッと紹介しておきます!

  • 注意点①
    同時に2つの試験職種は申し込めない!
  • 注意点②
    申込受付期間が過ぎたら変更ができない!
  • 注意点③
    神奈川県職員採用試験(大卒程度、社会人枠)とは併願できない!
仮にA日程の試験に落ちちゃったとしても、『秋季チャレンジ枠』の受験は可能じゃ。
秋季はその名の通り、秋に行われるぞ。ほっほ。

 

【神奈川県庁の試験の内容】を知っておこう

【1次試験の内容】

  • 教養試験
  • 専門試験

 

【2次試験の内容】

  • 論文試験
  • 適性(性格)検査
  • 集団討論
  • 個別面接

 

【神奈川県庁】試験の特徴は?

特徴
  • 教養は関東型!
    ⇒知能22問必須解答+知識28問→18問選択解答式
  • 専門は行政は80問→40問選択解答式
    (それ以外の区分は40問必須解答式、土木のみ22問必須+28問→18問選んで解答)
  • 教養と専門は配点比率が100:100
  • 筆記、論文、集団討論、2回の個別面接と、オーソドックスな試験タイプ
  • リセット方式で、超人物重視(重要)

とにかく筆記試験の重要度が低すぎるのが神奈川県庁の特徴!
リセット方式に加え、筆記のボーダー点はめちゃくちゃ低いです。
さらに専門試験も80問→40問を選んで解答できるという筆記試験の突破難易度が極めて低いものになってきます。
その分、論文や討論、面接は重要度が高いので対策必須!

今から試験の内容について紹介しますが、問題の雰囲気を掴むためにはまず『過去問』チェックが大事!
公式のHPで数問紹介してくれていますので、まずはこれを見て雰囲気をつかんでおきましょう!
(教養、専門だけでなく、論文や討論のテーマも見れます)

 

一次試験の出題分野【教養試験】

現代文や英語、日本史や世界史、物理、生物…等、幅広い科目から50問が出題されます。
高校生の時に習った科目が多く、
一般教養があるのか」という部分が問われます!

※神奈川県庁の受験案内に知能22問、知識28問とあるので、どこか1問ズレがあると思いますが、毎年出題数の内訳は同じというわけではありません
→大体このくらいなんだ~ってくらいで見ていただければと思います。(大きなズレは絶対にありません)

 

関連記事

 

一次試験の出題分野【専門試験】

【専門科目例(行政)】

  • 憲法、政治学、行政学、行政法、民法、刑法、労働法から26問
  • 経済学(経済原論、経済政策、経済事情、経済史)、財政学、経営学から23問
  • 社会政策、心理学、統計学、社会学、国際関係(国際政治学、国際経済学、国際法)、教育学から18問
  • 数学・物理、情報・通信工学から13問

★計80問→40問を選んで解答

名前の通り、専門分野からの出題(80問)です!
内容のレベルは大学程度となります。

行政区分や土木区分等、区分ごとに内容が全然違うので、公式の受験案内を見て細かい出題科目はチェックしておきましょう!

関連記事

 

二次試験の試験内容【論文試験】

記述試験。問いに対する自分の意見・考えを論理的に述べる試験ですよね!
基本的には現状ある行政課題に対して、職員はこれからどう取り組めばいいのかといったテーマが多くなっています。

論理性や思考力、国語力が試されていますが、重要なのは内容で、
主に職員としての自覚があるのかという部分が見られています。

神奈川県の令和2年度の試験の場合は1時間30分で1200字程度でした。

 

関連記事

【出題例(大卒・R1)】
平成31年4月1日に施行された『出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律』により、人材確保が困難な状況にある産業上の分野を対象に新たな在留資格が創設され、外国人労働者の受け入れが拡大されることとなった。このことに対するあなたの考えを論じなさい。

国際交流・国際協力への取組みを推進している神奈川県ならではの出題ですね!

 

二次試験の試験内容【集団討論】

グループワークは皆さんご存じの通りで、ある課題が与えられて、その課題解決に向けて皆で話し合おうっていう試験です!
要は県職員の普段の仕事のシミュレーションでもあるわけですよね!

グループワークも論文と同じで、主に職員としての自覚があるのかという部分が見られています。
これから働く仲間を選ぶ試験が採用試験ですからね~!

神奈川県庁の場合、グループワークの課題は1次試験合格通知をもらった段階で把握することができます!
試験時間は1時間程度です。

 

関連記事

【出題例(大卒・R1)】
10代、20代、30代の3つの世代のそれぞれの強みと弱みを挙げ、それを踏まえて、各世代の強みを今の社会にどのように活かせるか、グループで意見をまとめ、説明しなさい。

 

二次試験の試験内容【適性検査】

公務員として職務遂行に必要な適性についての検査があります。
特別な対策は必要ないです。

必要最低限の事務処理能力と、性格が読み取られる検査ですね!

関連記事

※内田クレペリン検査、ベンダー・ゲシュタルト検査等自治体ごとに仕組みは違います。

 

二次・三次試験の試験内容【個別面接】

これは皆さんイメージしやすいと思います!
面接カード(履歴書・自己紹介シート)に沿って、面接官が皆さんに質問を投げかけるので、それに答えていくものですね!

一応は試験なので、皆さんの受け答えや印象等を見て、それを得点化します。

一番配点の高い重要な試験なので、最も力を入れて取り組んでほしいところです。

 

関連記事

※先輩たちの体験談のページから、先輩が実際に聞かれた質問が見れます。

神奈川県庁の合格体験記やアドバイス、面接で聞かれたこと、面接カード等も見れますので有効活用してみて下さい~(^^)

面接カードを提出する段階から品定めは始まっているから、ココでまず良い印象を与えられるように戦略を練っていこう!

 

【神奈川県庁の試験配点】合格者の決定方法

試験配点や合格者の決定方法は超大事です!
ココの理解を間違えてしまい、対策時間のバランスを間違えて痛い目にあう受験生もいるので紹介しておきます!

 

神奈川県庁の試験配点

※個別面接は2回あり、1回目が50点、2回目が200点満点です!

神奈川県庁はリセット方式です!

1次試験の得点は1次の合否判定のみ、
2次試験の得点は2次の合否判定のみに使用されます。

 

神奈川はリセット方式を採用しています。
とりあえず筆記は2次試験へ進むための切符獲得競争ってイメージですね!
後で紹介しますが、筆記のボーダー点はめちゃくちゃ低いです!
なるほど~!じゃあ最終合否は面接と小論文と集団討論で決まっちゃうんだね!

 

一次試験合格者の決定方法

合格者は、
『教養』と『専門』の合計得点の高い順に決定します。

でも、
各試験種目の得点が合格基準に達しない場合
これは原則不合格。
気をつけましょう!
(例:①教養25専門25→合格、②教養10(足切り一発アウト)専門40→不合格)

 

最終合格者の決定方法(重要)

最終合格者は
各試験種目の合格基準(足切り以上の点数)を満たす者に限り
二次試験の得点の順位で決める

※リセット方式なので筆記の点数は持ち越しされません。
⇒2次試験科目の論文、討論、面接の合計点350点の結果で合否が決まります。

2次で合否が決まっちゃいますから面接試験は対策必須
ブログ、Twitter、YouTube等で様々な「面接体験談記事」や「面接攻略記事」を書いているので、合格率UPに向けてこのあたりもチェックしてみて下さい(^^)

  • 面接対策記事まとめ
    面接カードのコツ、頻出質問、対策方法等の面接関係の記事が見れます!
  • 2020年度の体験談まとめ
    先輩のアドバイスが一番参考になる!!!
    私のコンテンツを参考にしてくれて、合格できたたくさんの方に書いてもらいました(^^)
  • YouTube
    動画&ライブ配信で公務員試験の不安解消!!!

 

神奈川県庁の求める人物像

求める人材
  • 自らの仕事に誇りを持ち、誠実に職務を遂行する
  • 県民や市町村等の声を聴き、思いを感じ、連携・協力できる
  • 時代や社会の動きを先取りし、前例にとらわれない
  • 現場から課題を見つけ出し解決する
  • 高い専門性を備え、ねばり強く課題に取り組む
  • よき社会人として地域に貢献する

チャレンジ精神にあふれ、アグレッシブに行動できる方、お待ちしています!

※神奈川県庁HPより

意識しすぎもよくないですが、求めている人材と自分はできるだけマッチしていると、面接官に思わせていきたいですよね!
→【求める人物像の重要性】ココが理解できていないと…

 

【神奈川県職員採用上級試験の倍率】

筆記の重要度が低すぎるのは一目瞭然!
筆記の倍率は近年1.4倍前後とかなり低めです…!!!
選択解答式ですが、行政は5割取れていればお釣りがきそうな感じです。
ボーダー点は次の項で紹介します。

筆記が低い分、面接の倍率が高いのが特徴ですよね!
人物試験の対策が超重要になってきそうです。

 

【神奈川県庁】令和3年度倍率一覧

 

【神奈川県庁】令和2年度倍率一覧

 

【神奈川県庁】令和1年度倍率一覧

※神奈川県職員上級採用試験についての表が見えにくい人はPC表示を推奨します。
※秋季枠はまた更新します。

 

【神奈川県庁のボーダー】筆記試験の合格点は○○!!!

神奈川県庁(行政)の筆記の倍率は近年1.4倍前後!
そして、実は神奈川県庁はボーダー点が公表されているんですね。

 

令和3年度(2021年)の筆記ボーダー点

  • 行政:98.94点/200点
  • 小中事務1種:66.88点/200点
  • 警察事務1種:65.96点/200点
  • 農政技術(農業):44.00点/100点
  • 農政技術(森林):33.89点/100点
  • 水産:42.73点/100点
  • 総合土木:31.11点/100点
  • 建設技術(建築):31.31点/100点
  • 環境技術:31.89点/100点
  • 機械:31.33点/100点
  • 電気:33.08点/100点

 

令和2年度の筆記ボーダー点

神奈川県庁は平均点と標準偏差を用いて、偏差値が自分の得点となります。
簡単に言えば、教養と専門で平均を取った人は100点/200点ということです!
R3の行政職はこれくらいがボーダー点ですよね!
  • 【 教養:5.5割~6程度 】
  • 【 専門:5割~5.5程度 】

これくらい取れば合格ということじゃ!
行政は教養も専門も選択解答式だから平均点が少し高めに出てしまうと思うぞ。

仕事しながら受ける人や対策時間が足りてない受験生が落ちてしまう感じだね!
ちなみに、ボーダー点が30/100となっているような区分は、足切り点を取らなきゃ合格って言うくらいの超難易度の低い試験だよ。
なるほど!まぁ低く見積もっても仕方ないから
俺はとりあえず筆記試験は6割以上を目標にしておくわ!
じゃあ『面接』や『論文』、『討論』はどうなの??

神奈川県庁は人物重視で2次試験の倍率は高め!

ココで自分をアピールできるかどうかが合格のカギだね!
でも面接カードに沿って面接が行われるからきちんと準備していけば合格できるよ!

まずは自己分析を入念に行って
面接カードを上手く作っていくんじゃ。

あとは合格者の対策方法をまねしちゃえばOKじゃぞ。ほっほ。

模擬面接や添削指導等、第三者の視点を大事にすることは忘れるんじゃないぞ。

 

【神奈川県庁の合格ビジョン】スケジュールを調整しよう!

神奈川県庁の試験では大体何点くらいとれば合格できそうか、そのビジョンはつかめましたか?

また、目標は最終合格することですから、小論文や集団討論、個別面接の対策も必須ですよね!
公務員には『バランス力』が求められているため、やらなきゃいけないことが多くて本当に大変だと思います。

合格できる人はやるべきことをきちんとやってくるので、自分も負けじと対策は頑張らないといけないですよね!そこで重要になってくるのが『対策スケジュール』だと思います。

 

【神奈川県庁】対策スケジュールは超重要です!

実はこのスケジュールをうまく作れるか、
それとも見切り発車してしまうかで
合格率が大きく違ってきてしまうんですね!

関連記事

どんな流れで対策すれば筆記で合格点を取れそうか、どんなスケジュールで取り組めば自分の実力を合格レベルまで上げられそうか、このあたりをよく考えてみましょう!

大事なのは周りとの比較ではなく『自分磨き』だというところは勘違いしないように気を付けて下さい。

 

【神奈川県庁の採用試験のまとめ】せんせいからのアドバイス

◆採用試験の流れをしっかりと把握しておこう!
◆最終的な合否は一次試験と二次試験の合計点で決まる!
◆近年、筆記は行政が4.5割くらいがボーダー、技術は足切り=ボーダー
→とりあえず目標は5.5割以上にしておこう!
◆神奈川県庁は超人物重視
→配点の大きい面接対策はしっかりとやろう!
◆スケジュールをうまく立ててバランスよく、そして効率よく対策しよう!

 

[アドバイス]

  1. 筆記の倍率的に平均点が取れていれば余裕で合格です!
    ⇒ボーダーは4.5割前後
    ⇒とりあえず5.5割以上を目標に勉強頑張っていこう!
  2. リセット方式を採用しているので、最終合否は2次の成績だけで決まる!
    ⇒面接や討論、論文で自分をアピールできるように、2次試験の対策を重点的に頑張ろう!!
  3. 神奈川県庁は人物重視なので、論文、集団討論、個別面接対策は超重要です!
    ⇒勉強ばかりやってないで、神奈川県庁のHPをチェックしたり、面接カードを作ったり、模擬面接をしたりと人物試験の対策もきちんと行っていこう!
    ⇒神奈川県は志望度の高い受験生が多いので、人物試験の倍率が2倍でもなめてかかると痛い目に…!!!
  4. 特に個別面接は一番配点が高いので、ココでうまくアピールすることが大切です。説明会やセミナー、インターンシップ等のイベントを通して職員の仕事内容や役割をきちんと把握しておくと、それが2次試験で生きてきます!知り合いの先輩職員などにコンタクトを取って教えてもらうのも有効!こういった努力を積み重ねて職員としての自覚を持てるようにしましょう!
  5. 論文や討論も平均点くらい取れていればOKですが、1次の合格者はレベルが高い人の集まりです。平均点を取るのも簡単ではないので、1次対策だけでなく2次試験の対策もバランスよく行っていきましょう!
  6. 実力試験です!きちんと対策して試験に臨めば、それが結果となって現れますので、1次2次対策それぞれ頑張っていきましょう!

 

どれだけ筆記で点数を取ったところで面接がダメだったら絶対に合格できません!
公務員の面接は勉強すれば勉強した分だけ、練習したら練習した分だけ上達します!
配点が高いということで、重要過ぎるので、私も面接対策の記事をたくさん紹介しています。
合格したい皆さんはにチェックしてください!
  • 面接対策記事まとめ
    面接カードのコツ、頻出質問、対策方法等の面接関係の記事が見れます!
  • 2020年度の体験談まとめ
    先輩のアドバイスが一番参考になる!!!
    私のコンテンツを参考にしてくれて、合格できたたくさんの方に書いてもらいました(^^)
  • YouTube
    動画&ライブ配信で公務員試験の不安解消!!!
  • 小論文の書き方・コツ】合格答案が簡単に作れちゃう!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

公務員試験専門家@マジ指導
私が噂のせんせいです(笑)   「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」   という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)   ・誰かに相談したい...   ・面接が苦手...   ・何からやればいいかわからない...   あなたの状況に応じてアドバイスしてます。   「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ