6/18[国家専門職]合格発表日LIVE
詳細はこちら

【国家一般職】行政法の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、国家一般職:行政法について、紹介していきます。

 

 

【国家一般職】行政法の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

行政法の出題数は計5問です!

公務員試験全体では、「国家賠償法」、「行政手続法」、行性行為、「取消訴訟処分性」、取消訴訟の訴えの利益」が頻出です。【国家一般職行政法】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも行政法とは?

「行政法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。行政の活動で国民が侵害を被った場合に不服を申し立てるためのルールを規定している学問です。行政法は、以下から構成されています。
  1. 行政不服審査法
  2. 行政事件訴訟法
  3. 国家賠償法

 

【国家一般職】行政法の過去問を見てみよう!

→答えは『4』です。

実際にこういった問題がでます。特定の論点に絞り細かく聞いてくるものが多いので、早い段階から知識を深めておくよう取り組むとよいです!

 

 

【国家一般職】行政法の出題傾向

最も頻出の分野は「国家賠償法」です。そのほかにも、「取消訴訟の訴えの利益」「取消訴訟処分性」、「行政不服審査法」などがよく出題されています。難易度としては標準程度で、国家一般職の科目の中では得点源にしやすい科目です。憲法とは異なり、判例に基づく問題はそれほど多くありません。

 

 

【国家一般職】行政法の頻出テーマ・出題ポイント

【情報公開法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、行政機関の保有する情報の公開についてよく出題されています。 

出題のされ方としては、存在応答拒否について問うものがほとんどです。また、非開示決定等の納得がいかない場合の救済手続についても問われることがあります。そのため、対象外の行政機関・行政文書などの例外を覚えることや審査請求を行う時・裁判所に訴訟を提起する時など場合分けをして覚えるようにして本番で確実に点数にしましょう!

 

【取消訴訟処分性】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、取消訴訟に関する行政処分の内容がよく出題されています。

出題のされ方としては、特定の判例(例:病院開設中止勧告、土地区画整理事業計画など)が行政処分に該当するかどうかについて問うものがほとんどです。当該判例が、処分に該当するかどうかを判別し、肯定する判例と否定する判例を区別して覚える必要があります。試験で問われる判例の数が多いため、肯否表を作成するなどして確実に試験で点数を取れるようにしておきましょう!

 

【取消訴訟訴えの利益】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、訴えの客観的利益についてよく出題されています。

出題のされ方としては、訴えの利益について問うものがほとんどです。そのなかでも、訴訟開始時には訴えの利益があったが後に事情が変更されたことで、訴えの利益が消滅するか否かを問う形式が多いです。また、被告適格出訴期間も問われることがあります。そのため、訴えの利益が存続するか否かを正確に区別して覚えることが重要です!さらに、事情変更に関連する判例内容や、被告適格および出訴期間に関連する重要な単語や数値も覚えるようにしておきましょう!

 

【行政不服審査法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、行政不服申し立てについてよく出題されています。

出題のされ方としては、審査請求再調査の請求再審査請求に関して基本的な内容について問うものがほとんどです。また、審査請求の手続き方法が書面(原則)か口頭か、などの細かい点についても問われることがあります。そのため、行政不服申立ての各種の基本知識を正確に覚えることが重要です!さらに、行政不服申立てと行政事件訴訟の比較について問われることもあるため、項目ごとに比較表を作成し、勘違いしないよう気を付けましょう!

 

【国家賠償法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、国家賠償についてよく出題されています。

出題のされ方としては、損害が発生した場合の責任の主体瑕疵について問うものがほとんどです。そのため、よく出題される判例内容と判決結果を覚えるように心掛けましょう!また、判例の詳細な内容が出題される場合もあります。そのため、責任の主体や瑕疵の状態にも目を通すように心掛けましょう!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA