3日間全て無料!
12月の無料ライト模試の申込みはコチラ

【国家一般職】民法の出題数や過去問を紹介します!

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、国家一般職:民法について、紹介していきます。

 

【国家一般職】民法Ⅰ・民法Ⅱの出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

公務員試験全体の民法Ⅰでは「抵当権」、「総則その他」、「時効」、「法律行為」、「不動産物件変動」が頻出です。また、民法Ⅱでは「相続法」、「不法行為」、「債務不履行」、「売買」、「親族法」、「賃貸借」が頻出です。【国家一般職民法Ⅰ・民法Ⅱ】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも民法とは?

「民法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。民法は、私法の「一般法」と位置付けられ、市民(法人を含む)相互間の権利義務関係の規律を学ぶ学問です。
国家一般職や東京特別区では、『総則・物権・担保物権』→民法Ⅰ、『債権総論・債権各論・家族法』→民法Ⅱと分けています。
民法は、以下から構成されています。

 

【国家一般職】民法の過去問を見てみよう!

→答えは『1』です。

実際にこういった問題がでます。特定の論点に絞り細かく聞いてくるものが多いので、早い段階から知識を深めておくよう取り組むとよいです!

 

【公務員のライト】過去問データベース

【過去問データベース】

🔴過去問情報はこちらで閲覧できます。

無料で各試験種の過去問と論文テーマを閲覧することができます!
上記のトピックスについては会員登録等のめんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

【国家一般職】民法の出題傾向

【国家一般職】民法Ⅰの出題傾向

最も頻出の分野は、「抵当権」です。その他にも「総則その他」や「担保物件その他」、「法律行為」などがよく出題されています。抵当権はほぼ毎年出題されていますが、それ以外の分野からは万遍なく出題されているのが特徴です。難易度は少し高めになっています。

 

【国家一般職】民法Ⅱの出題傾向

最も頻出の分野は、「相続法」です。その他にも「債務不履行」や「親族法」、「連帯債務」などがよく出題されています。親族・相続の問題は最後の1問で必ず出題されているのが特徴です。難易度は国税専門官や特別区と比較すると高めです。

 

【国家一般職】民法Ⅰの頻出テーマ・出題ポイント

【総則その他】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、代理についてよく出題されています。

出題のされ方としては、代理の効力や代理人の権利について説明する記述として正しいものを選ぶ問題がよく問われています。そのため、代理の効力発生の要件、その代理人が持つ権利や責任について代理の種類ごとに整理しながら判例とあわせて覚えていきましょう!

 

【抵当権】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、抵当権についてよく出題されています。

出題のされ方としては、抵当権の性質や判例として正しい記述を選択させる問題がほとんどです。具体的には、抵当権行使の条件や効力の範囲、消滅要件・存続要件について判例とあわせて出題されることが多いです。また、国家一般職だけでなく他の試験においても抵当権は頻出問題となっています。そのため、抵当権については過去に出題された問題を復習しながら細かい部分まで丁寧におさえていくことが重要です。

 

【国家一般職】民法Ⅱの頻出テーマ・出題ポイント

【相続法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、相続の要件遺産相続についてよく出題されています。

出題のされ方としては、親子関係相続放棄などの様々な状況で、最終的に誰が相続をすることができるのかを判断させる問題が多いです。選択肢の記述では、相続時に複数の人の関係性を把握することが必要であり、複雑な問題も多く出題されています。そのため、相続関係を図で可視化するなどして正確に把握していくようにしましょう。また、相続はどの試験においても頻出の分野となっているため、過去の問題にも目を通しながら、丁寧におさえていくことが重要です。

 

【債務不履行】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、損害賠償請求(償還請求)についてよく出題されています。

出題のされ方としては、「~の場合には損害賠償請求(償還請求)ができるか」といったように、様々な事例を挙げながら請求ができるか否かを問う問題が多いです。細かい部分まで出題されることがあるので、基本的な要件のみではなく判例とあわせて損害賠償請求(償還請求)ができるかを覚えていくことが必要です。また、債務者の責任についても出題されるので、債権者と債務者の両方の立場から債務不履行について見ていくようにしましょう!

 

【親族法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、親子関係についてよく出題されています。

出題のされ方としては、養子縁組時の親族関係血縁関係について、関係の発生や消滅に関して問われることが多いです。また、代理行為時や法律行為時の子どもへの効果や、婚姻関係の発生と消滅についても出題されています。そのため、親族関係に関する単純な要件をおさえるだけではなく、あらゆる問題に対応できるように準備しましょう!

 

【国家一般職】民法まとめ

国家一般職を受検した受検生が実践したポイントをまとめてみました!

 

民法の裏技勉強法を紹介!

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA