6/18[国家専門職]合格発表日LIVE
詳細はこちら

【国家一般職】経営学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、国家一般職:経営学について、紹介していきます。

 

 

【国家一般職】経営学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

経営学の出題数は計5問です!

公務員試験全体では「動機づけ論」、「経営組織論」、「生産と技術」、「マーケティング」、「国際経営」、「日本企業と経営」が頻出です。【国家一般職経営学】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも経営学とは?

「経営学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。企業や組織を管理・運営するための手法について学ぶ学問です。経営学は、以下から構成されています。
  1. 経営学説
  2. 経営組織
  3. 経営戦略論
  4. 経営学各論
  5. 現代企業の経営

 

【国家一般職】経営学の過去問を見てみよう!

→答えは『1』です。

実際にこういった問題がでます。広く浅く出題されるため重要度付きの過去問で効率重視で対策しましょう!

 

 

【国家一般職】経営学の出題傾向

最も頻出の分野は「生産と技術」です。その他にも「動機づけ論」、「経営組織論」、「生産と技術」などがよく出題されています。他科目に比べ、難易度はやや高いです。単元自体はスタンダードですが、万遍ない範囲から詳細な知識を問われます。国税専門官では6問出題されるため、選択する受験生は多いですが、国家一般職では選択しない受験生も多いようです

 

【国家一般職】経営学の頻出テーマ・出題ポイント

【動機づけ論】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、動機づけの学説がよく出題されています。
出題のされ方としては、提唱者と学説内容の正誤を問うものがほとんどです。また、学説の詳しい内容の正誤を問われることもあります。そのため、学者名と学説名だけでなく、内容も正確に覚えるようにしましょう!

 

【組織形態】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、組織の基本構造がよく出題されています。
出題のされ方としては、組織名を問うもの、命令の原則を問うもの、メリット・デメリットを問うものがほとんどです。ただ、組織の動き流れを問うもの、関連した学説内容を問うもの等の問題もあります。そのため、組織の働きと学説は正確に覚えるようにしましょう!

 

【生産と技術】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、技術経営がよく出題されています。
出題のされ方としては、米国式の生産システムの歴史を問うもの、生産過程のイノベーションを問うもの、製品の名称と品質を問うものがほとんどです。そのため、日本と米国の生産史やイノベーションの流れを正確に覚えるようにしましょう!

 

【イノベーション・マネージメント】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、イノベーションの学説普及についてよく出題されています。
出題のされ方としては、提唱者と学説内容の正誤を問うもの、製品・工程イノベーションの発生頻度を問うもの、標準規格の形成誘因を問うものがほとんどです。そのため、イノベーションの流れ、学説と規格の名称・内容は正確に覚えるようにしましょう!

 

【国際経営】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、多国籍企業の学説形態についてよく出題されています。
出題のされ方としては、企業の海外展開の過程を問うもの、海外の子会社の役割を問うもの、多国籍企業の形態を問うものがほとんどです。特に、バートレットとゴーシャルが提唱した企業形態の「〇〇型」は頻出です!そのため、多国籍企業の基本的な知識と形態の区別を正確に覚えるようにしましょう!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人