【合格者の面接カード大公開】
面接体験記はこちら

【国家一般職】財政学・経済事情の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、国家一般職:財政学・経済事情について、紹介していきます。

 

 

【国家一般職】財政学・経済事情の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

財政学・経済事情の出題数は計5問です!

難易度は「易」ですが、経済事情とセットで選択することになるので、財政学の勉強だけでは取れても2問しか正答できません。そこで、経済の時事についても対策する必要があります。

 

そもそも財政学・経済事情とは?

「財政学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。政府が民間経済から財源を調達して公的需要の充足を図るまでの政府の一連の経済活動について学ぶ学問です。「歴史」・「制度」・「理論」の3つの分野から成り立っています。

また、「経済事情」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。特に日本の経済について経済白書から「ここ数年の経済」・第二次世界大戦後の日本経済などから「経済史」の2種類から出題されます。

 

 

【国家一般職】財政学・経済事情の過去問を見てみよう!

→答えは『5』です。

実際にこういった問題がでます。時事的な要素が強い問題が1問出題される傾向が強いので、教養の時事本を使って対策しましょう

 

 

【公務員のライト】過去問データベース

【過去問データベース】

🔴過去問情報はこちらで閲覧できます。

無料で各試験種の過去問と論文テーマを閲覧することができます!
上記のトピックスについては会員登録等のめんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

 

【国家一般職】財政学・経済事情の出題傾向

出題内訳は、財政学1問、経済事情4問です。そのうち経済事情は、国内事情3問、世界事情1問となっています。財政学の頻出分野は、近年は日本国内の財政制度で、毎年出題されています。また、経済事情は我が国の財政・経済の状況が頻出で、そのほかは労働状況などが出題されています。難易度は、2022年度はやや高めでしたが、例年は国税専門官と同程度です。

 

 

【国家一般職】財政学・財政事情まとめ

国家一般職を受検した受検生が実践したポイントをまとめてみました!

 

 

 

【国家一般職】裏技勉強法を紹介!

 

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA