[完全無料](5月)ライト模試申し込み受付!
詳細はこちら

【国家一般職】財政学・経済事情の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、国家一般職:財政学・経済事情について、紹介していきます。

以下のページで、経済事情の頻出テーマ等を細かく解説しているので、よければチェックしてみてください☺
🔴【経済事情とは?】対策方法や頻出テーマ、出題数などを徹底解説!

 

【国家一般職】財政学・経済事情の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

財政学・経済事情の出題数は計5問です!

公務員試験全体では、「日本の財政事情予算の原則と制度財政の役割租税体系の理論地方財政租税の分類が頻出です。【国家一般職財政学】の動向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向の確認をしていきましょう!

 

そもそも財政学・経済事情とは?

「財政学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。政府が民間経済から財源を調達して公的需要の充足を図るまでの政府の一連の経済活動について学ぶ学問です。財政学は、以下から構成されています。
  1. 財政学の歴史
  2. 財政学の制度
  3. 財政学の理論
また、「経済事情」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。特に日本の経済について経済白書から「ここ数年の経済」・第二次世界大戦後の日本経済などから「経済史」の2種類から出題されます。

 

 

【国家一般職】財政学・経済事情の過去問を見てみよう!

→答えは『5』です。

実際にこういった問題がでます。時事的な要素が強い問題が1問出題される傾向が強いので、教養の時事本を使って対策しましょう

 

 

【国家一般職】財政学・経済事情の出題傾向

最も頻出の分野は「予算の原則と制度です。その他にも日本の財政事情がよく出題されています。また、経済事情は「世界経済の動き」が頻出で、その他に「経済成長率」などが出題されています。難易度は、2022年度はやや高めでしたが、例年は国税専門官と同程度です。

 

 

【国家一般職】財政学の頻出テーマ・出題ポイント

【予算の原則と制度】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、日本の財政制度がよく出題されています。

出題のされ方としては、予算の種類、一般・特別会計や予算制度などの基本的な知識と語句の意味を問うものがほとんどです。実際の問題形式では、一般会計予算と特別会計予算の数の入れ替えや財政の3つの機能の中に全く関係のない機能を含むなど受験生の勘違いを狙った問題が多いです。そのため、本番でミスなく確実に点が取れるように、似ている語句やまちがやすい語句などはよく復習をしておきましょう!

 

【日本の財政事情】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、日本の予算の実態についてよく出題されています。

出題のされ方としては、当該年度の一般会計・特別会計の単純合計金額や昨年度と比べた場合の歳入・歳出の数値変化などに関して問うものがほとんどです。また、政策の名前とその政策の簡単な内容を問われることもあります。そのため、試験前には、当該年度の予算を見て必要な数値は覚えたり、日頃からニュース・新聞にも目を通したりするようにしておきましょう。

 

【世界経済の動き】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、世界各国の実質GDP成長率や金利がよく問われています。

2023年度はロシアとウクライナが扱われるなど時事的な要素の強い問題が出題されるため、その年度の参考書でしっかり確認しておきましょう!毎年出題されるため、経済事情の中では優先順位を高く設定しておきましょう!

 

【経済成長率】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、実質GDP成長率がよく出題されています。

出題のされ方としては、実質成長率の変化の割合や、前期比・前年度比でプラスかマイナスのどちらかを問うことが多いです。そのため、少なくとも過去5年の実質GDP成長率をおさえるようにしましょう!成長や衰退の背景にある事情と結び付けることで確実に覚えましょうね!

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA