5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【国税専門官】財政学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、国税専門官:財政について、紹介していきます。

 

 

【国税専門官】財政学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

財政学の出題数は計6問です。

公務員試験全体では、「日本の財政事情予算の原則と制度財政の役割租税体系の理論地方財政租税の分類が頻出です。【国税専門官財政学】の動向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向の確認をしていきましょう!

 

そもそも財政学とは?

「財政学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。政府が民間経済から財源を調達して公的需要の充足を図るまでの政府の一連の経済活動について学ぶ学問です。財政学は、以下から構成されています。
  1. 財政学の歴史
  2. 財政学の制度
  3. 財政学の理論

 

 

【国税専門官】財政学の出題内訳を見てみよう!

国税専門官の財政学でつまずきやすいところが財政事情だと思います。
その理由として、ほとんどの試験種では前年度のデータから出題されますが、国税専門官の財政学では前々年のデータが出たりするので注意が必要です。

 

 

【国税専門官】財政学の過去問を見てみよう!

答えは『5』です。

実際にこういった問題がでます。この問題は、時事本などでも扱われているデータです。また、前述の通り選択肢「1」のように前々年度のデータも出て来る場合もあるので注意しましょう!

 

 

【国税専門官】財政学の出題傾向

最も頻出の分野は「日本の財政事情」です。そのほかにも、「予算の原則と制度」や「租税体系の理論」、「地方財政」などがよく出題されています。短期間の勉強で、得点しやすい科目と言えます。国税専門官を第一志望とされる方は選択をオススメします。なお、同じ財政学であっても、特別区・国家一般職とは傾向が異なるため、個別の対策が必要となりますので注意してください!

 

 

【国税専門官】財政学の頻出テーマ・出題ポイント

【予算の原則と制度】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、日本の財政制度がよく出題されています。

出題のされ方としては、予算の種類、一般・特別会計や予算制度などの基本的な知識と語句の意味を問うものがほとんどです。実際の問題形式では、一般会計予算と特別会計予算の数の入れ替えや財政の3つの機能の中に全く関係のない機能を含むなど受験生の勘違いを狙った問題が多いです。そのため、本番でミスなく確実に点が取れるように、似ている語句やよく間違える語句などはよく復習をしておきましょう!

 

【日本の財政事情】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、日本の予算の実態についてよく出題されています。

出題のされ方としては、当該年度の一般会計・特別会計の単純合計金額や昨年度と比べた場合の歳入・歳出の数値変化などに関して問うものがほとんどです。また、政策の名前とその政策の簡単な内容を問われることもあります。そのため、試験前には、当該年度の予算を見て必要な数値は覚えたり、日頃からニュース・新聞にも目を通したりするようにしておきましょう!

 

【租税体系の理論】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、租税原則・理論租税の弾力性・価格の弾力性(消費者負担・生産者負担)についてよく出題されています。

出題のされ方としては、人物名と理論内容の一致や簡単な計算問題がほとんどです。また、ミクロ・マクロ経済学などの他の教科と重複する場合も多いです。そのため、試験前には、人物名と理論の内容の一致の確認を行ったり、重複する出題ポイントは入念に学習したりするようにしておきましょう!

 

【財政投融資と国庫金】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、財政投融資がよく出題されています。

出題のされ方は、財政投融資の3つの原資財政融資産業投資政府保証)についての基本的な内容や財政投融資改革について問う問題がほとんどです。また、財政投融資計画の残高の推移について問われる場合もあります。そのため、3つの原資の内容の整理や当該年度の財政融資計画における計上額等を覚えるようにしておきましょう。また、財政投融資改革により何が廃止されたのかを整理しましょう!

 

【地方財政】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、地方財政計画地方債についてよく出題されています。

出題のされ方としては、地方債や国庫支出金などの地方財政に関する基本的な制度と語句の意味を問うものがほとんどです。また、地方財政計画の規模当該年度の歳入・歳出経費の内訳数値の変化など問われる場合もあります。そのため、国の財政制度だけではなく、地方財政計画国と地方の財政関係にも目を向けるように心掛け、必要な制度や知識、そして必要と思われる数値は覚えるようにしておきましょう!

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人