5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【国税専門官】政治学の出題数や過去問を紹介します!

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、国税専門官:政治学について、紹介していきます。

 

 

【国税専門官】政治学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

政治学の出題数は計3問です。

公務員試験全体では「各国の政治制度」、「議会制度」、「選挙制度」、「政党」、「政治意識」、「市民革命期以降の政治思想」が頻出です。【国税専門官政治学】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも政治学とは?

「政治学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。政治の基本的な構造、その成り立ちと思想を学び、どのような政治運営が適切かを学ぶ学問です。政治学は、以下から構成されています。
  1. 政治学の基礎
  2. 政治制度
  3. 政治の動態
  4. 政治の意識と行動
  5. 政治の思想
  6. 政治の理論
  7. 政治の歴史

 

 

【国税専門官】政治学の過去問を見てみよう!

答えは『4』です。

国税専門官の政治学では、実際にこういった問題がでます。この問題は、まさに頻出テーマの政治制度からの出題です。ポイントを絞ることで確実に得点源にしたいです!

 

 

【国税専門官】政治学の出題傾向

最も頻出の分野は「市民革命期以降の政治思想」です。その他にも「デモクラシーの理論」や「政治意識」、「政党」などがよく出題されています。どの単元からも万遍なく出題されているのが特徴です。難易度は普通で、国家一般職に比べると易しいです。

 

 

【国税専門官】政治学の頻出テーマ・出題ポイント

【各国の政治制度】頻出テーマ・出題ポイント

議院内閣制はとても重要なテーマになります!
出題のされ方としては、日本やイギリスの政治制度に関する出題が多いです。日本の制度では、会期不継続の原則や法律案の改正など憲法と重複する内容の出題が多くみられます。アメリカやフランスの大統領制も合わせておさえておきましょう!

 

【政党】頻出テーマ・出題ポイント

この分野では、サルトーリによる政党制の分類がよく出題されています。デュヴェルジェの法則の出題も多く、合わせて確認してください!
政党だけで5つの選択肢があることは少ないので、まずはこの2点をしっかりおさえてくださいね!

 

【政治意識】頻出テーマ・出題ポイント

この分野では、政治的価値観の変化に関する出題が多いです。
人物では、パットナムやイングルハートの選択肢が多くみられます。特にパットナムは重要で、「イタリア」「水平な人間関係」「北部が良い」などキーワードを覚えておくと、他の試験でも対応できます。

 

【市民革命以降の政治思想】頻出テーマ・出題ポイント

この分野では、広い知識が求められます。
人物とその考えを確実に結び付けておくことが重要です。
他の試験種に比べると、ロールズに関する選択肢が多くみられるので、意識して対策してみてください!

 

【デモクラシーの理論】頻出テーマ・出題ポイント

この分野では、出題される時代や考え方が様々あります。
深く追求しすぎず、ポイントを確実におさえることが重要です!
その中でも、ルソーシュンペータートクヴィルの選択肢が多く出題されています。過去問の演習を重ね、知識を確実なものにしていきましょう。

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人