[6/25・26]国家一般職向けYoutubeライブ
詳細はこちら

【国税専門官】行政法の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、国税専門官:行政法について、紹介していきます。

 

 

【国税専門官】行政法の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

行政法の出題数は計3問です。

公務員試験全体では、「国家賠償法」、「行政手続法」、行性行為、「取消訴訟処分性」、取消訴訟の訴えの利益」が頻出です。【国税専門官行政法】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも行政法とは?

「行政法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。行政の活動で国民が侵害を被った場合に不服を申し立てるためのルールを規定している学問です。行政法は、以下から構成されています。
  1. 行政事件訴訟法
  2. 行政事件訴訟法
  3. 国家賠償法

 

 

【国税専門官】行政法の過去問を見てみよう!

答えは『2』です。

実際にこういった問題がでます。この問題は、かなりオーソドックスなのでぜひ得点源にしたいです!
他方、選択肢オのように「〜のものとはいえない」など、最後まで読まないとミスにつながるようなものもあるので、集中を切らさず、読み切りましょう。

 

 

【国税専門官】行政法の出題傾向

最も頻出の分野は「国家賠償法」です。そのほかにも、「行政手続法」、「取消訴訟の訴えの利益」などがよく出題されています。問題自体は決して難しくありませんので、行政法選択者は2点は確実に取りたい科目となります。

 

 

【国税専門官】行政法の頻出テーマ・出題ポイント

【行政立法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、法規命令行政組織内部の在り方行政規則についてよく出題されています。

出題のされ方として、委任命令と執行命令が法律の範囲を逸脱していないか、または逸脱しているかについて問うものがほとんどです。また、行政規則に関しては、通達告示などの基本的な内容が問われることが多いです。そのため、委任命令と執行命令を区別して理解することと判例の内容や行政規則における重要語句を正確に覚えるようにしましょう!

 

【行政手続法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、行政指導についてよく出題されています。

出題のされ方としては、違法な公権力の行使があるかどうか、行政指導の取り消しを裁判で争うことが可能かどうかについて問われる場合がほとんどです。また、許認可申請に対する処分手続きに関して問われる場合もあります。そのため、行政指導が相手方に対して拘束力を有するかどうか、行政指導を行う際に必要な法的根拠が具体的に必要かどうかといった基本的な知識を正確に理解することを心掛けましょう!また、申請期間や書面の交付条件などについても確認しておきましょう!

 

【国家賠償法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、国家賠償についてよく出題されています。

出題のされ方としては、損害が発生した場合の責任主体国・公共団体の損害賠償責任について問われることがほとんどです。また、憲法を根拠として責任の主体がどうなるか問われる場合もあります。そのため、よく出題される判例の内容と判決結果を覚えるように心掛けましょう!また、問題文に憲法OO条のように注釈なく出てくる場合もあるため、国家賠償に必要と思われる憲法の条文は数値と内容をセットで覚えるように心掛けましょう!

 

【取消訴訟訴えの利益】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、訴えの客観的利益についてよく出題されています。

出題のされ方としては、訴えの利益について問うものがほとんどです。実際の出題形式は、訴訟開始時には訴えの利益があったが、後に事情が変更されたことで、訴えの利益が消滅するか否かを問う形式が多いです。そのため、判例内容と判例結果をセットで覚えることと事情により何が変わったのかを理解することを心掛けましょう!

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人