【合格者の面接カード大公開】
面接体験記はこちら

【国税専門官】社会事情の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、国税専門官:社会事情について、紹介していきます。

 

 

【国税専門官】社会事情の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

社会事情の出題数は計1問です。

難易度は普通で、教養の時事をより社会的課題に特化した科目です。
特に『労働分野』からの出題が多いのが特徴です!また、『正規・非正規雇用者数』『有効求人倍率』『完全失業率』『育休取得率』『ハラスメント対策』『労働時間』などのテーマが良く出題されています。

 

そもそも社会事情とは?

「社会事情」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。「政治」・「経済」・「国際」など教養試験の時事問題よりも専門的な問題が出題されます。

 

 

【国税専門官】社会事情の過去問を見てみよう!

答えは『5』です。

このような問題が出題されます!特にこの問題のように年金や労働に関する問題が出題されますので、しっかりと対策していきましょう!

 

 

【公務員のライト】過去問データベース

【過去問データベース】

🔴過去問情報はこちらで閲覧できます。

無料で各試験種の過去問と論文テーマを閲覧することができます!
上記のトピックスについては会員登録等のめんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

 

【国税専門官】社会事情の出題傾向

近年は、労働、年金に関する事項が多く出題されています。特に過去3年間は、労働に関する時事が出題されています。極端な数値が出題されるため、細かい数値を覚える必要はなく、大まかな数値を覚えることで対処が可能です。

 

 

【国税専門官】社会事情まとめ

国税専門官を受検した受検生が実践したポイントをまとめてみました!

 

 

【国税専門官】裏技勉強法を紹介!

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人