官庁の選び方アンケート
ご協力お願いします!

【国税専門官】社会事情の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、国税専門官:社会事情について、紹介していきます。

 

【国税専門官】社会事情の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

社会事情の出題数は計1問です。

難易度は教養の時事と同じくらいです!
特に『労働分野』からの出題が多いのが特徴です!また、『正規・非正規雇用者数』『有効求人倍率』『完全失業率』『育休取得率』『ハラスメント対策』『労働時間』などのテーマが良く出題されています。

 

そもそも社会事情とは?

「社会事情」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。
国税における社会事情は、【労働】【社会保障】【税制】の3つの分野が存在します。

 

 

【国税専門官】社会事情の過去問を見てみよう!

答えは『5』です。

このような問題が出題されます!特にこの問題のように年金や労働に関する問題が出題されますので、しっかりと対策していきましょう!

 

 

【国税専門官】社会事情の出題傾向・頻出テーマ

こちらは、国税の社会事情の過去10年間の出題テーマをまとめたものです。

近年は、労働、社会保障に関する事項が多く出題されています。ライトで出している書籍、『最強の時事』に載せている範囲ばかりですので、特に労働と社会保障の分野はしっかりチェックしておきましょう!

また、極端な数値が出題されるため、細かい数値を覚える必要はなく、大まかな数値を覚えることで対処が可能です。

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人