[6/25・26]国家一般職向けYoutubeライブ
詳細はこちら

【国税専門官】商法の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
   

今回は、国税専門官:商法について、紹介していきます。

 

 

【国税専門官】商法の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

商法の出題数は計2問です。

商法は民法の問題の直後に出題されます。
また、一口に商法といってもかなりの分量があり、2問のためだけに勉強するにはコスパが悪いのですが、ポイントを押さえれば1問は確実に取ることができます

 

そもそも商法とは?

「商法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。株式など商業に関する法律が出題されますが、国家総合職、国税・財務専門官の3職種に出題が限定される上、出題数も少なかったり、選択解答なのが一般で、いわゆる汎用性に欠ける科目です。

 

 

【国税専門官】商法の出題形式

2022年の国税専門官の商法の問題では、2問中2問が株式に関する問題でした。

 

 

【国税専門官】商法の過去問を見てみよう!

→答えは『3』です。

実際にこういった問題がでます。勉強方法としては、出題頻度の高い「株式会社」や「会社の機関」を重点的に勉強し、「設立」などの知識もあれば2問中1問は正答する可能性があがります。

 

 

【国税専門官】商法の出題傾向

国税専門官の商法は会社法の中から株式、機関の分野から出題されることが多いです。また、条文をそのまま問う問題が多く、難易度としては決して難しくはありません。とはいえ、出題数が2問で、他の試験では出題がないことから、あまり学習時間をかけないことがポイントです。最悪、捨てても十分合格できる科目であるといえます。

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人