【合格者の面接カード大公開】
面接体験記はこちら

【地方上級】時事(社会)の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、地方上級:時事(社会)について、紹介していきます。

 

 

【地方上級】時事(社会)の出題数

公務員試験全体の時事出題数

まずは全体の出題数の早見表を見て、忘れないようにしましょう。

※毎年多少の変化はありますが、例年ではこのとおりです。

 

地方上級の時事(社会)出題数

※重要度は「★★」の5段階、優先度は「◎、○、△、✕」の4段階です。

時事(社会)の出題数は全国型で5問、関東型で6問、中部・北陸型で4問です。

各試験先で出題数は違いますが、配点が大きい科目であるため、しっかりと対策していきましょう!

 

そもそも時事(社会)とは?

「時事」とは、筆記試験における教養択一試験の1分野です。「政治」・「経済」・「国際」・「スポーツ」、「地域事情」など範囲が広い科目です。

 

 

【地方上級】時事(社会)の過去問を見てみよう!

→答えは『5』です。

実際にこういった問題がでます。実は、公務員試験の時事対策本に出題されやすいポイントとして載っているので、きちんと対策した方は余裕で解けちゃうんです

 

 

【公務員のライト】過去問データベース

【過去問データベース】

🔴過去問情報はこちらで閲覧できます。

無料で各試験種の過去問と論文テーマを閲覧することができます!
上記のトピックスについては会員登録等のめんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

 

【地方上級の時事対策】出題範囲

基本的に試験日~試験日の1年前までのニュースが出題されます!
加えて、時事の問題って実は超範囲が広いのですが、公務員試験の時事対策本が試験に出題されやすいところだけをうまくまとめてくれています。

実際は参考書を勉強しておくだけで時事は対策完了です

 

時事対策本はいつ頃に発売される?

 

出版社によって様々ですが、基本的には毎年2月ごろに発売されます!

ちなみに本発売〜試験日までのニュースについては
無理に対策する必要はないです!
他の受験生もほとんどが対策してないし、範囲も特定しずらいので
非効率的です!

変なことは考えずに、時事対策本だけやっとけば問題ありません!

 

 

【地方上級の時事対策】時事の知識の活躍の場

 

時事対策は公務員の役割を理解しているのかを判断するものでもあるから
いろんなところで活躍できるます!

→それが「小論文」や「面接」「集団討論」です

国家一般職は教養論文があり、実際に時事の知識を活かして
高得点が取れる小論文を書くことができます。

過去には面接試験で「社会のDX化についてどう思う?」と聞かれた受検生もいます。
→そこでバシ!と自分の意見を言えたら好印象間違いありません!

(もちろん、うまく答えなかったから一発不合格というわけではないです。)

 

 

【地方上級】時事の出題傾向

時事の分野からは、5問程度出題されます。(2022年度では2021年の出来事から多く出題)解くのに必要な知識は、白書・統計・施策・政治経済動向から構成されます。特に国際情勢、社会・経済事情からの出題が多いです。2021年度では「近年の日本経済」「日本の教育」「日本人口」「イギリスのEU離脱」「2020年のアメリカ大統領選挙」の分野が出題されました。

 

 

時事対策本以外の勉強方法を紹介!

 

 

【地方上級】時事対策まとめ

地方上級を受験した受験生が実践したポイントをまとめてみました!

 

より深く知りたい人はこちらから
【公務員試験の時事対策】ココを怠るヤツは不合格になりやすい!オススメの勉強方法&頻出テーマも紹介!

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人