[完全無料](5月)ライト模試申し込み受付!
詳細はこちら

【地方上級】政治学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、地方上級:政治学について、紹介していきます。

 

 

【地方上級】政治学の出題数

※重要度は「★★」の5段階、優先度は「◎、○、△、✕」の4段階です。
これは一例ですので、自身で受ける自治体の配点を調べることをおすすめします!

政治学の出題数は全国型が2問、関東型が2問、中部・北陸型が2問です。

他試験種でも多く出題される科目なので、効率的に勉強できます。頻出分野は「リーダーシップ」、「政治制度」、「マスコミ」、「デモクラシー」そして「政党」で、中学・高校で習った内容も多く、取り組みやすいためこちらから優先的に取り組みましょう。

 

そもそも政治学とは

「政治学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。政治の基本的な構造、その成り立ちと思想を学び、どのような政治運営が適切かを学ぶ学問です。「政治学の基礎」・「政治制度」・「政治の動態」・「政治の意識と行動」・「政治の思想」・「政治の理論」・「政治の歴史」の7つの分野から成り立っています。

 

 

【地方上級】政治学の過去問を見てみよう!

→答えは『5』です。

実際にこういった問題がでます。他の科目よりも重要なポイントが分散しており的が絞りにくくなっています。これは経験則ですが国の政治制度に関して、アメリカとイギリスについての問題があった場合には、まずアメリカについての文章を読みましょう。その理由として、アメリカの政治は大統領と議会との関係性がわかりやすく覚えやすいからです!

 

 

【地方上級】政治学の出題傾向

全国型、関東型、中部・北陸型で各2問ずつ出題されます。頻出分野は、「政党システム」、「選挙制度」です。難易度は標準程度で、特別区と同程度です。また、出題傾向は各受験地で異なるため、受験案内をよく確認しましょう!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人