5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【地方上級】経営学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、地方上級:経営学について、紹介していきます。

 

 

【地方上級】経営学の出題数

※重要度は「★★」の5段階、優先度は「◎、○、△、✕」の4段階です。
これは一例ですので、自身で受ける自治体の配点を調べることをおすすめします!

経営学の出題数は全国型2問、関東型2問、中部・北陸型0問です。

基本的に暗記さえしていれば得点源にすることができます!また、社会学や行政学の内容ともそれなり重なっている部分があるので、コスパが良いです。経営学を勉強すれば、社会学や行政学の勉強にもなります。

 

そもそも経営学とは

「経営学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。企業や組織を管理・運営するための手法について学ぶ学問です。「経営学説」・「経営組織」・「経営戦略論」・「経営学各論」・「現代企業の経営」5つの分野から成り立っています。

 

 

【地方上級】経営学の過去問を見てみよう!

→答えは『1』です。

実際にこういった問題がでます。広く浅く出題されるため重要度付きの過去問で効率重視で対策しましょう!他方、経営学は日常生活に密接に関わっている科目のため、一般知識として学ぶ楽しさもあります。

 

 

【地方上級】経営学の出題傾向

「経営学説」・「経営組織」・「経営戦略論」・「経営学各論」・「現代企業の経営」5つの分野から広く浅く出題されます。社会学や行政学の内容と重なっている部分があり、社会学や行政学にもつながります。2021年は「企業経営の多角化」と「イノベーション・マネジメント」の分野から出題されました。

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人