官庁の選び方アンケート
ご協力お願いします!

【地方上級】行政学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、地方上級:行政学について、紹介していきます。

 

 

【地方上級】行政学の出題数

※重要度は「★★」の5段階、優先度は「◎、○、△、✕」の4段階です。
これは一例ですので、自身で受ける自治体の配点を調べることをおすすめします!

行政学の出題数は全国型で2問、関東型で2問、中部・北陸型で2問です。

優先度は◯です。また、基本的な知識を求める問題が多く、頻出分野は「日本の地方自治」、「行政責任」、「意思決定」、「官僚論」です。

 

そもそも行政学とは

「行政学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。政府の仕組みや動き、組織、政策を学ぶ学問です。「行政の組織」・「行政の管理」・「行政の活動と統制」・「地方の行政」・「行政学の理論」の5つの分野から成り立っています。

 

 

【地方上級】行政学の過去問を見てみよう!

→答えは『3』です。

実際にこういった問題がでます。この科目は他の試験種との併用性が高く、政治学など行政系科目で登場する共通の人物も多いため、ともに勉強するとよいです。

 

 

【地方上級】行政学の出題傾向

全国型、関東型、中部・北陸型で共通して2問ずつ出題されます。頻出分野は「日本の地方自治」、「行政責任」、「政策決定」、「意思決定」、「官僚論」です。難易度は標準程度で、特別区と同程度です。また、出題傾向は各受験地で異なるため、受験案内をよく確認しましょう!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人