5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【特別区】行政法の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、特別区:行政法について、紹介していきます。

 

 

【特別区】行政法の出題数

※重要度は「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

行政法の出題数は計5問です!

公務員試験全体では、「国家賠償法」、「行政手続法」、行性行為、「取消訴訟処分性」、取消訴訟の訴えの利益」が頻出です。【特別区行政法】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも行政法とは?

「行政法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。行政の活動で国民が侵害を被った場合に不服を申し立てるためのルールを規定している学問です。行政法は、以下から構成されています。
  1. 行政不服審査法
  2. 行政事件訴訟法
  3. 国家賠償法

 

【特別区】行政法の過去問を見てみよう!

→答えは『3』です。

実際にこういった問題がでます。行政法は言葉の意味について問われたり、判例からの出題もキーワードがわかっていれば正誤の判断ができる場合もあるので、全般的に難易度は低めです。

 

 

【特別区】行政法の出題傾向

最も頻出の分野は、「行政行為」、「国家賠償法です。その他にも、「行政強制」、「損失補償」などがよく出題されています。どの単元からも万遍なく出題されているのが特徴です。

 

 

【特別区】行政法の頻出テーマ・出題ポイント

【行政行為】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、行政行為の分類撤回についてよく出題されています。

出題のされ方として、分類は命令的行為、形成的行為と公証・確認などの基本的な知識を問うものや入れ替えて受験生の勘違いを狙う問い方がほとんどです。
撤回は、撤回をすることのできる者撤回による効果について問うものがほとんどです。また、撤回が可能か不可能か判断を問う問題もあります。分類を覚える際は、自動車免許は「許可」、土地収用の決済は「代理」など実例と語句をセットにして覚えることを心掛けましょう!また、撤回は取消しと区別をして覚えることを心掛けましょう!

 

【行政強制】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、代執行についてよく出題されます。

出題のされ方としては、代執行の手続き方法や代執行の対象となり得る〇〇義務などについて問う場合がほとんどです。また、執行罰・直接強制についても問われる場合があります。そのため、代執行の流れについて確認したり、代執行・執行罰・直接強制に関わる法律名をセットで覚えたりすることも大切です!さらには、執行罰が行政刑罰に含まれないことや直接強制は、条例が根拠にならないことも押さえておきましょう!

 

【損失補償】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、損失補償についてよく出題されています。

出題のされ方としては、判例に基づいて、行政活動により生じた損失が補償の対象に該当するか該当しないについて問われる場合がほとんどです。また、損失補償の内容方法支払時期請求手続についても問われる場合もあります。そのため、判例の内容と判例結果、損失補償の基本的な知識を覚えることや損失補償請求訴訟が行政事件訴訟に含まれること(国家賠償請求訴訟ではない)などの確認しておきましょう!

 

【その他の行政事件訴訟法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、行政事件訴訟の類型についてよく出題されています。

出題のされ方としては、抗告訴訟に含まれる6つの類型の説明や客観訴訟の基本的な知識について問う場合がほとんどです。また、裁判所による執行停止の手続き方法について問われる場合もあります。そのため、抗告訴訟や客観訴訟の違いを正確に覚え、訴えが提起された場合の裁判所の関与方法について理解することを心掛けましょう!

 

【国家賠償法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、国家賠償についてよく出題されています。

出題のされ方としては、判例に基づいて、損害が発生した場合の責任主体や国・公共団体が損害賠償責任を負うかついて問われる場合がほとんどです。また、瑕疵による損害賠償責任についても問われることがあります。そのため、責任の主体瑕疵に該当する要素を理解して覚えるようにしましょう!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
ましゅー先生@公務員のライト講師
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ