【合格者の面接カード大公開】
面接体験記はこちら

【特別区】民法の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、特別区:民法について、紹介していきます。

 

 

【特別区】民法の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

民法の出題数は計10問です!

難易度はすこし高いですが、イメージとしては、国家一般職レベルの問題もあります。具体的に物権・債権で10問も出題されるので知識があり、解ける問題から解いていったほうがよいです!
特に「意思表示」や「抵当権」が頻出問題で、他にも「制限行為能力」や「時効」など重要テーマを固めておくのがよいでしょう。
他方、特別区は特にマイナーな個所を問われることが多いで、1つのテーマについて細かいところまで対策が必要です。

 

そもそも民法とは?

「民法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。民法の体系・概念はあらゆる法律の基礎であり、「総則」・「物権」・「担保物権」・「債権総論」・「債権各論」・「家族法」の6つの分野から成り立っています。
国家一般職や東京特別区では、『総則・物権・担保物権』→民法Ⅰ、『債権総論・債権各論・家族法』→民法Ⅱと分けています。

 

 

【特別区】民法の過去問を見てみよう!

→答えは『4』です。

実際にこういった問題がでます。基本的な問題からマイナーな問題、またこれまで特別区では出題されなかったテーマも出題される可能性があるため、国家一般職などより上級の試験の過去問で対策することが重要です。

 

 

【公務員のライト】過去問データベース

【過去問データベース】

🔴過去問情報はこちらで閲覧できます。

無料で各試験種の過去問と論文テーマを閲覧することができます!
上記のトピックスについては会員登録等のめんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

 

【特別区】民法の出題傾向

民法Ⅰ(総則・物権)の出題内訳は、総則2問、物権2問、担保物権1問です。頻出問題は「意思表示」、「用益物権」、「担保物権」です。民法Ⅱの出題内訳は、債権総論2問、債権各論2問、親族・相続が1問です。頻出問題は特になく、万遍なく出題されています。難易度はそれほど高くありませんが、1~2問は難問が出題されるため、3~4問は得点したいところです。

 

 

【特別区】民法まとめ

特別区を受験した受験生が実践したポイントをまとめてみました!

 

 

民法の裏技勉強法を紹介!

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
ましゅー先生@公務員のライト講師
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ