【合格者の面接カード大公開】
面接体験記はこちら

【労働基準監督官】経済学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、労働基準監督官:経済学について、紹介していきます。

 

 

【労働基準監督官】経済学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

経済学の出題数は計13問です。うち4問は経済事情と同様の問題が出されます。

難易度は普通で、国家一般職より簡単な科目です!
出題数は13問と最も大きいので13問中10問正解を目指しましょう!
基本的には、計算問題が多くなっていて聞き方にひと癖あるものもありますが、しくみを理解すれば解きやすいと思います!

 

そもそも経済学とは

「経済学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。生産と消費を中心とした社会のシステムについて学ぶ学問です。「ミクロ経済学」・「マクロ経済学」「経済事情」の3つの分野から成り立っています。

 

 

【労働基準監督官】経済学の過去問を見てみよう!

答えは『1』です。

実際にこういった問題がでます。この問題は、かなりオーソドックスなのでぜひ得点源にしたいです!他方、フィリップス曲線の問題のように、他の試験種では図が出ることが多いのですが、労働基準監督官では問題形式の変更をするなど工夫がされています!

 

 

【公務員のライト】過去問データベース

【過去問データベース】

🔴過去問情報はこちらで閲覧できます。

無料で各試験種の過去問と論文テーマを閲覧することができます!
上記のトピックスについては会員登録等のめんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

 

【労働基準監督官】経済学の出題傾向

ミクロ経済学から4問、マクロ経済学から5問、経済事情からは4問出題されます。ミクロ経済学からは「消費者理論」「生産者理論」の単元が、マクロ経済学からは「国民所得理論」と「IS・LM分析」の単元が頻出です。経済事情からは「近年の日本経済の動向」や「近年の世界経済」が問われます。GDP成長率についての出題が非常に多いです。

 

 

【労働基準監督官】経済学のオススメ講座

 

経済学は、専門試験の中でも重要な科目の1つではあるものの、苦手意識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そこで、公務員のライトから、『知識ゼロから7割死守!これだけミクマク速習講座』を発売しております✨

ぜひご検討ください!

 

 

【労働基準監督官】経済学まとめ

労働基準監督官を受検した受検生が実践したポイントをまとめてみました!

 

 

 

【労働基準監督官】裏技勉強法を紹介!

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA