官庁の選び方アンケート
ご協力お願いします!

【労働基準監督官】社会学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、労働基準監督官:社会学について、紹介していきます。

 

 

【労働基準監督官】社会学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

公務員試験全体では「社会学史」、「社会変動」、「調査」、「集団」、「現代社会」が頻出です。【労働基準監督官社会学】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも社会学とは?

「社会学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。独自の理論的視点・調査を通して、社会に存在する幅広い対象の構造を学ぶ学問です。社会学は、以下から構成されています。
  1. 社会集団
  2. 都市・階級・労働
  3. 逸脱・文化・マスコミュニケーション
  4. 社会構造と社会変動
  5. 心理・行為・相互行為
  6. 社会学史と現代社会
  7. 社会調査

 

 

【労働基準監督官】社会学の過去問を見てみよう!

答えは『2』です。

労働基準監督官の社会学では、実際にこういった問題が出題されます。この問題は、頻出テーマ以外からの出題です。コスパは悪いかもしれませんが知識量をできるだけ多くして正解へ近づきましょう!

 

 

【労働基準監督官】社会学の出題傾向

最も頻出の分野は「社会学史」です。その他にも「現代社会」などがよく出題されています。頻出単元は少なく、各単元から万遍なく出題されています。他教科より問題文は短く、難易度としてはそれほど高くはありません。国家一般職と比較すると基礎的な知識を問われます。

 

 

【労働基準監督官】社会学の頻出テーマ・出題ポイント

【社会学史】社会学の頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、社会学の学者の理論について幅広く出題されています。出題のされ方としては、非常に幅広い学者の理論の正誤を問われます。また、設問で1人の学者に注目し、提唱した理論として正しいものを選択肢から選ばせるといった問題や設問の文章の空欄を埋める形式の問題も出題されています。出題される人物の多さ、問題の形式の多彩さから対策の難易度が非常に高いです。

労働基準監督官の試験では最も出題される分野なので、しっかり対策しておきましょう!

 

【現代社会】社会学の頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、現代社会に関する特定の学者の理論がよく出題されています。出題のされ方として最近の試験では、学者の理論の正誤を問う形式がよく出題されています。

選択肢では学者の名前や理論を入れ替えて混同させる、いわばクイズのような手法がよくとられています。「誰が」「何を言った」という部分を意識して、人物名と提唱した説をセットで覚えてみましょう。特にベル、リッツァ、ルーマンといった人物に注意して覚えてみましょう。過去に出題された選択肢と似た選択肢が出題されることもあるので、過去問をよく復習するようにしましょう!

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA