官庁の選び方アンケート
ご協力お願いします!

【労働基準監督官】民法の出題数や過去問を紹介します!

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、労働基準監督官:民法について、紹介していきます。

 

 

【労働基準監督官】民法の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

民法の出題数は計5問です。

公務員試験全体の民法Ⅰでは「抵当権」、「総則その他」、「時効」、「法律行為」、「不動産物件変動」が頻出です。また、民法Ⅱでは「相続法」、「売買」、「親族法」、「賃貸借」が頻出です。【労働基準監督官民法Ⅰ・民法Ⅱ】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも民法とは?

「民法」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。民法は、私法の「一般法」と位置付けられ、市民(法人を含む)相互間の権利義務関係の規律を学ぶ学問です。
国家一般職や東京特別区では、『総則・物権・担保物権』→民法Ⅰ、『債権総論・債権各論・家族法』→民法Ⅱと分けています。
民法は、以下から構成されています。

 

 

【労働基準監督官】民法の過去問を見てみよう!

→答えは『4』です。

実際にこういった問題がでます。特定の論点に絞り、詳しく問うタイプの問題が多いです。したがって、できるだけ深く学ぶ必要がある一方で、バランスよく「捨て」を減らして、「広く浅く」を基本に取り組むとよいです!

 

 

【労働基準監督官】民法の出題傾向

【民法Ⅰ】労働基準監督官の頻出テーマ

最も頻出の分野は「抵当権」と「法律行為」です。その他にも「不動産物件変動」や「時効」、「担保物件その他」などがよく出題されています。「法律行為」は近年の出題が多くなっていますが、他の分野に関しては用益物権や質権などの一部の分野を除き、万遍なく出題されているのが特徴です。特定の論点に絞って詳しく問う問題も出題されることが多く、難易度は高めになっています。

 

【民法Ⅱ】労働基準監督官の頻出テーマ

 

最も頻出の分野は、「相続法」です。その他にも「親族法」や「債権者代位権」、「売買」などがよく出題されています。毎年必ず相続法か親族法は出題されているのが特徴です。難易度は特別区などに比べ、やや高めになっています。

 

 

【労働基準監督官】民法Ⅰの頻出テーマ・出題ポイント

【法律行為】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、売買契約についてよく出題されています。

出題のされ方としては、売買契約の締結や解除についての説明から正しいものを選択させる問題が多いです。具体的には、「~の場合に契約の解除(締結)は可能か」を問われることが多いです。そのため、売買契約に関する知識を判例とあわせながら身に着け、確実に得点に繋げましょう!
また、意思表示に関する問題もよく出ています。そのため、錯誤や詐欺、強迫時の取消や対抗要件など、様々な状況での意思表示の効果をおさえていきましょう。

 

【物件変動】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、不動産物件変動についてよく出題されています。

出題のされ方としては、不動産物件変動の対抗関係について問われることが多いです。また不動産物件変動に関する問題は文中に出てくる人の数が多く、対抗関係が複雑になりやすい分野です。そのため、図などを使って可視化しながら丁寧に覚えていきましょう!

 

【抵当権】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、抵当権の効力や抵当権者の権利と義務についてよく出題されています。

出題のされ方としては、抵当権の発生の要件や消滅について、「~の場合に抵当権が発生(消滅)するか」を判断させる問題が多く出ています。また、抵当権に関して基本的な性質を問う問題から発展的な問題まで幅広く出題されています。出題頻度も高いため、過去の問題も参考にしながら細かい内容にも目を向けていきましょう!

 

 

【労働基準監督官】民法Ⅱの頻出テーマ・出題ポイント

【相続法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、遺産遺言についてよく出題されています。

出題のされ方としては、遺留分割合遺言の有効要件についての記述として正しいものを選択させる問題が多いです。複雑な問題は少ないですが、遺留分に関しては実際の遺産から計算させる問題もでています。そのため、遺産や遺言の基本的な要件を覚えるとともに、応用問題にも対応できる準備が必要です。さらに、難易度は高くありませんが遺言執行者の義務遺言撤回についても出題されているので、幅広く基本的な知識をおさえていきましょう!

 

【親族法】頻出テーマ・出題ポイント

この単元では、婚姻についてよく出題されています。

出題のされ方としては、婚姻時や離婚時の効力に関する記述として正しいものを判断させる問題が多く出題されています。また、成年被後見人の婚姻要件についても出題されています。さらに、親族法の分野での出題内容は過去の問題と似ているものが多く、基本的な知識を知っていれば解ける問題が多いのが特徴です。そのため、過去の問題に目を通して復習をしながら知識を身に着け、確実に得点に繋げられるようにしましょう!

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人