会計学・憲法記述の割引は今回が最後です
詳細はこちら

【労働基準監督官】労働法の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、労働基準監督官:労働法について、紹介していきます。

 

 

【労働基準監督官】労働法の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

労働法の出題数は計7問です。

難易度はやや易で、出題数は7問で確実に点数を取りたいところです!
基本的に「労働基準法」から5〜6問が出題され、「労働組合法」からは1〜2問の出題とかなり偏りがあります!

 

そもそも労働法とは?

「労働法」とは筆記試験における専門択一試験の1分野です。労働者と会社の関係についての法律を学ぶ学問です。「個別的労働関係」・「集団的労働関係」の2つの分野に細分化されます。

 

【労働法】各試験種の出題数

労働基準監督官の労働法の出題数は圧倒的に多いので、それだけ重要だということです!

 

 

【労働基準監督官】労働法の過去問を見てみよう!

答えは『4』です。

実際にこういった問題がでます。この問題は、かなりオーソドックスなのでぜひ得点源にしたいです!
他方、最後まで読まないとミスにつながるようなものもあるので、集中を切らさず、読み切りましょう

 

 

【労働基準監督官】労働法の出題傾向

労働法からは、「労働基準法」から5〜6問、「労働組合法」からは1〜2問の出題ほど出題されます。特に、「労働時間」と「休日等、賃金」からはほぼ毎年出題されているので確実に得点したいところです。

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人