出版記念キャンペーン第4弾
詳細はこちら

【財務省(本省)】官庁訪問の内容と仕事内容を合格者がまとめて紹介!「国家一般職編」

 

 

こんにちは😊公務員のライトのましゅーです!
 

今回は、財務省(本省)について、官庁の組織事情や官庁訪問の情報を紹介していきます。

 

【財務省(本省)】仕事内容を紹介(国家一般職)

【財務省(本省)】全体像

(引用:財務省の採用パンフレット)

財務省は、国の資金の流れという観点から、国家のあらゆる分野について重要な動きに関わって
います。組織の全体像は↑の通りになります。

 

財務省(本省)】仕事内容

予算の編成、税制の企画立案、経済連携協定への取り組み、国債の発行、外国為替市場の安定など、多彩な業務を行います。政策ツールは、「財政政策」、「マーケット関連政策」、「国際関連政策」の3つに分類することができます

若手職員の1日のスケジュール(例)


(引用:農林水産省の採用パンフレット)

財務省(本省)の2年目職員の1日の過ごし方の例です。

 

【財務省(本省)】先輩の志望動機

【先輩たちの入省の動機、きっかけ】

  • 国民全体の利益向上のために働くことができるという国家公務員の仕事に魅力を感じました。そのうえで財政・金融に興味があったことから経済官庁の説明会に参加し、最終的には、説明会で温かみのある職場の雰囲気に魅力を感じたため財務省を志望しました。
  • 国民全体のことを考えて働く国家公務員という職業に魅力を感じていました。そのうえで、最終的な決め手となったのは財務省職員の雰囲気でした。学生の時に参加した説明会で、年の離れた職員の方でも親身に相談に乗ってくださったのが印象的でした。
    (引用:財務省の採用パンフレット)

 

【財務省(本省)】転勤エリア

基本的には財務省本庁舎及びその近辺の勤務地での勤務となります。地方支分部局(財務局・税関)や政府系金融機関・独立行政法人等へ一定期間出向する場合があります。

 

 

【財務省(本省)】官庁訪問の流れを紹介(国家一般職)

公務員のライトを利用した、ある受験生の体験談です。
※その人ごと、年度ごと等によって若干、試験の流れなどが異なる場合があります。

 

【財務省(本省)】官庁訪問の流れ

  1. 7/5:予約
  2. 7/7:官庁訪問1日目(8時半~18時半)
  3. 7/8:官庁訪問2日目(8時半~19時半)

財務省の官庁訪問は2日間あります。

 

【財務省(本省)】①官庁訪問の予約の仕方

予約フォームで夕方18時頃に受付完了のメールが来ました

 

【財務省(本省)】②ES

 

【財務省(本省)】③官庁訪問当日

  1. 受付
  2. 待機室へ移動
  3. 個別面接
  4. 待合室へ戻る
    (③と④を繰り返す)
  5. 帰宅

財務省の官庁訪問は、2日間で、面接試験が計8回ありました。

 

1回目の面接

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 併願状況
  • 趣味
  • 自己PR
  • 説明会の印象
  • 逆質問

 

2回目の面接

  • 併願先
  • 大変だった経験
  • 人とコミュニケーションをとる時に気をつけていること
  • 周りからどんな人と言われるか
  • 将来どのような人になりたいか
  • 逆質問

 

3回目の面接

  • 公務員になろうと思ったきっかけと時期
  • 生活状況
  • 一人暮らしで大変だったこと
  • 部活において心がけていること
  • 趣味やストレス発散について
  • 短所

 

4回目の面接

  • 趣味
  • 志望動機
  • 財務省について両親はどう思っているか
  • 業務内容は財務省と財務局のどちらに興味があるか

 

5回目の面接

  • 併願先
  • なぜ本省か
  • ガクチカ
  • 説明会の印象
  • 逆質問

 

6回目の面接

  • 併願先
  • 志望動機
  • なぜ本省か
  • 成功体験
  • 失敗体験
  • 友人から自分はどう思われているか
  • ストレス発散について
  • 自己PR

 

7回目の面接

  • 就活の軸
  • 地元について
  • どんな人と言われるか
  • 将来どんな人になりたいか

 

8回目の面接

  • 併願先
  • なぜ本省か
  • 自分自身をどういう人だと思うか
  • 部活について
  • 地元について
  • 財務省について両親はどう思っているか

 

【財務省(本省)】④内々定の連絡

官庁訪問2日目の19時頃、待機室に残っている人は全員内々定と言われました。

 

【財務省(本省)】合格者からアドバイス

説明会への参加は必須だと思われます。回数が多ければ必ず残れるわけではないが、個別相談会等で対応してくださっていた係長や職員の多くが面接官であるため、印象に残してもらうことが大事です。財務省の政策や経済等の質問はなく、人柄を引き出すような質問ばかりだったため、自己分析や今までの経験やそのエピソードについて思い出しておくと話しやすいと思います。

 

 

【財務省(本省)】公務員のライトの講座紹介

公務員のライトが提供している「官庁訪問クラス」では、最新の試験体験談や、合格者の面接カード記載例が見放題となっております。
特に官庁訪問については、日本トップレベルの情報量がつまっており、多くの先輩方が利用していたものになります。
情報があるかないかで合格率が大きく違ってきますので、情報戦を制して試験を有利に進めていきましょう!

 

 

【財務省(本省)】官庁訪問情報まとめ

【財務省(本省)】官庁訪問情報まとめ

  • 官庁訪問の内容
    個人面接8回
  • 官庁訪問の拘束時間
    1日9時間前後×2日間
  • 転勤エリア
    地方支分部局への異動あり
  • 内々定告知のタイミング
    最終日に直接告知される

※人によって、また年度によって異なる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA