出版記念キャンペーン第4弾
詳細はこちら

【刑務所】官庁訪問の内容と仕事内容を合格者がまとめて紹介!「国家一般職編」

 

 

こんにちは😊公務員のライトのましゅーです!
 

今回は、刑務所について、官庁の組織事情や官庁訪問の情報を紹介していきます。

 

【刑務所】仕事内容を紹介(国家一般職)

【刑務所】全体像

(高松矯正管区ホームページより引用)※一例

刑務所は、刑事事件において裁判の結果、刑罰に服することになった受刑者を収容し、処遇を行う施設です。

 

【刑務所】仕事内容

国家一般職大卒区分の合格者は、刑務所で採用になると、刑務官として任務にあたります。この場合、刑務官採用試験からの採用者よりも上位の、看守部長として採用されることになります。刑務官として、被収容者の指導を行うことや、施設の保安警備にあたります。

刑務官として採用されるため、給与は一般の国家公務員に適用される「行政職俸給表(一)」に比べて約12%高い「公安職俸給表(一)」が適用されます。
また、宿舎費は公安職の特例として無料となっています。

 

【刑務所】先輩の志望動機

  • 社会に役立つ仕事がしたかった。国家公務員で収入も安定しているから。
  • 誰かの未来に繋がる仕事だから。給料も高く、安定しているから。

(法務省ポスターより引用 ※一部編集)

 

【刑務所】転勤エリア

原則として、採用された刑務所を所管する矯正管区の管轄地域内で異動します。

 

【刑務所】官庁訪問の流れを紹介(国家一般職)

公務員のライトを利用した、ある受験生の体験談です。
※その人ごと、年度ごと等によって若干、試験の流れなどが異なる場合があります。

 

【刑務所】官庁訪問の流れ

  1. 8/9:官庁訪問1日目
  2. 8/29:官庁訪問2日目

 

【刑務所】①官庁訪問の予約の仕方

8月9日の官庁訪問時はメールで予約。その時は面接はせずに業務説明だけでした。その後最終合格をしていたらこちらから面接を受けるかどうかの連絡をさせていただきますと言われました。最終合格発表日の10:30ごろに確認の電話がかかってきて、8月29日に面接をすることになりました。9日の官庁訪問に行ったのは宮城刑務所でしたが、女性は女子刑務所に勤務することになり東北の中では福島刑務所にしか女子刑務所がないので、面接は福島刑務所で行われました。

 

【刑務所】②官庁訪問前日までにESを提出

当日の書類記入のとき→氏名などの基本情報、今までに怪我や病気で入院したことあるかどうか

持参した面接カード→氏名、生年月日、現住所、電話番号、最終学歴、矯正以外の採用希望庁、国家一般職以外の公務員試験等の受験状況、志望動機、印象に残っている体験(学校生活・ボランティア活動等)、趣味・最近興味を持っていること、その他(資格、免許など)、自己の素質について:コミュニケーション能力・環境の変化への対応能力・自己PR(自己の長所や人柄について)

 

【刑務所】③官庁訪問1日目

8/9:業務説明のみ

8/29

  1. 受付
  2. 書類記入
  3. 個別面接
  4. 医務課へ移動
  5. 身体検査
  6. 男子刑務所へ移動
  7. 着替え
  8. 体力検査
  9. 会議室へ移動
  10. 待機
  11. 帰宅

刑務所の官庁訪問は、1日だけでしたが、面接試験が計1回ありました。

 

面接

福島刑務所支所長、副支所長、主任看守部長(女性)、和気あいあいとしたわけでもなく、圧迫感がある感じでもなかったです。

  • 刑務官に対してどういうイメージを持っているか
  • 刑務官についての業務説明を聞いたのは官庁訪問の一回だけか
  • どんな動画だったか(法務省が出してるYouTubeの動画を見たといったため)
  • 官庁訪問どこに行ったのか
  • 公務員試験の受験状況
  • 内定をもらってるところがあるかどうか
  • “印象に残っていること”欄の部活について、具体的に
  • 部長をしていて1番大変だったこと
  • ボランティアに参加したきっかけ(外国人留学生に日本語を教えるボランティアに参加したと書いたため)
  • 留学生に日本語教えるときに工夫したことや意識していたこと
  • ストレス解消方法は何か
  • 守秘義務があって家族にも話せないことがたくさんあるが、そういうときはどうするか
  • 官庁訪問先を選んだ基準(理由?)
  • 英語を活かせる職場ではないことについてどう思うか
  • 逆質問

 

体力検査

女子の場合
立ち幅跳び:147cm以上
反復横跳び:20秒間で37回以上
上体起こし:30秒間で13回以上

男子の場合
立ち幅跳び:205cm以上
反復横跳び:20秒間で44回以上
上体起こし:30秒間で21回以上

通常の刑務官採用試験と同じ種目で、一つでも基準を超えていなかったら不合格みたいです。

 

【刑務所】④内々定の連絡

次の日の10:30ごろに内定の電話がかかってきました。

 

 

【刑務所】合格者からアドバイス

7月の官庁訪問で他の官庁に行って、8月も一箇所ぐらい行っておくか〜という軽い気持ちで官庁訪問に行きました。そこで初めて業務説明を聞いて、刑務官採用試験以外で刑務官になれることを知りました。ずっと第一志望に思っていたところからは内定もらえず、軽い気持ちで行ったところから内定をもらうことができました。本当に最後まで諦めないこと、軽い気持ちでも良いので複数の官庁に訪問してみることが大事だと思います。第一志望の官庁があっても、そこから内定をいただけるかどうかはわからないので、いろいろな可能性を考えて準備することが必要だと思いました。国家一般職を受けて刑務官になる人はとても少なく、私自身ほとんど情報がない中で受験したので不安でした。この体験記が皆さんの助けになったら嬉しいです。

 

【刑務所】公務員のライトの講座紹介

公務員のライトが提供している「官庁訪問クラス」では、最新の試験体験談や、合格者の面接カード記載例が見放題となっております。
特に官庁訪問については、日本トップレベルの情報量がつまっており、多くの先輩方が利用していたものになります。
情報があるかないかで合格率が大きく違ってきますので、情報戦を制して試験を有利に進めていきましょう!

 

 

【刑務所】官庁訪問情報まとめ

【刑務所】官庁訪問情報まとめ

  • 官庁訪問の内容・回数
    個人面接1回
  • 官庁訪問の拘束時間
    1時間半
  • 転勤エリア
    管轄の矯正管区内
  • 内々定告知のタイミング
    刑務所による

※人によって、また年度によって異なる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA