出版記念キャンペーン第4弾
詳細はこちら

【検疫所】官庁訪問の内容と仕事内容を合格者がまとめて紹介!「国家一般職編」

 

 

こんにちは😊公務員のライトのましゅーです!
 

今回は、検疫所について、官庁の組織事情や官庁訪問の情報を紹介していきます。

 

【検疫所】仕事内容を紹介(国家一般職)

【検疫所】全体像

(厚生労働省パンフレットより引用)

検疫所は、厚生労働省の出先機関であり、検疫・衛生業務や輸入食品の監視等を行う機関です。

 

【検疫所】仕事内容

検疫所は、検疫法と食品衛生法に基づき、検疫業務や港湾衛生業務、輸入食品監視業務、試験検査業務などを行う機関です。国家一般職行政区分での採用者は、医師や看護師と共に検疫官として入国者の健康を監視し、海外で発生している感染症に関する情報を提供する業務を行います。

 

【検疫所】先輩の志望動機

  • 学生時代に海洋や船舶の法律を専攻し、海や船舶についての興味がありました。卒業後の進路は、それらに関連した仕事をしたいと考えていました。昨年2月に発生したダイヤモンド・プリンセス号の対応をしていた検疫所の職員を見て、検疫という仕事に興味を持ち検疫所を志望しました。

(厚生労働省パンフレットより引用)

 

【検疫所】転勤エリア

原則、北海道から沖縄まで全国転勤となり、概ね2~3年で異動となります。

 

 

【検疫所】官庁訪問の流れを紹介(国家一般職)

公務員のライトを利用した、ある受験生の体験談です。
※その人ごと、年度ごと等によって若干、試験の流れなどが異なる場合があります。

 

【検疫所】官庁訪問の流れ

  1. 7/5:予約
  2. 7/7:官庁訪問スタート(1日)

 

【検疫所】①官庁訪問の予約の仕方

メールで予約して2時間後に日程についてのメールがきて予約完了となりました。

 

【検疫所】②ES

 

【検疫所】③官庁訪問1日目

  1. 受付
  2. 待合室へ移動
  3. 個別面接実施
  4. 待合室でアンケート記入
  5. 帰宅

検疫所の官庁訪問は、1日だけでしたが、面接試験が計1回ありました。

 

面接

面接官は3人で普通の個別面接という感じでした。

  • 志望動機
  • リーダータイプか調整役か
  • 組織としてやっていくために必要なこと
  • 趣味のマラソンを通して学んだこと
  • 長所

 

【検疫所】④内々定の連絡

当日の午後にお電話をいただきました。

 

【検疫所】合格者からアドバイス

はきはきと答えることが大事だと思います。

 

 

【検疫所】公務員のライトの講座紹介

公務員のライトが提供している「官庁訪問クラス」では、最新の試験体験談や、合格者の面接カード記載例が見放題となっております。
特に官庁訪問については、日本トップレベルの情報量がつまっており、多くの先輩方が利用していたものになります。
情報があるかないかで合格率が大きく違ってきますので、情報戦を制して試験を有利に進めていきましょう!

 

 

【検疫所】官庁訪問情報まとめ

【検疫所】官庁訪問情報まとめ

  • 官庁訪問の内容・回数
    個人面接1
  • 官庁訪問の拘束時間
    1時間~2時間
  • 転勤エリア
    全国転勤
  • 内々定告知のタイミング
    官庁訪問当日

※人によって、また年度によって異なる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA