[完全無料](5月)ライト模試申し込み受付!
詳細はこちら

【東京都庁Ⅰ類B】社会科学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、東京都庁Ⅰ類B:社会科学】について、紹介していきます。

 

 

【東京都庁Ⅰ類B】社会科学の出題数

※重要度は「◎、○、△、✕」の4段階です。難易度は「難、やや難、普通、やや易、易」の5段階です。

社会科学の出題数は計3問で、うち政治1問、法律1問、経済1問です。

出題数はあまり多くありませんが、専門試験から流用できる基礎問題が多いので、コスパが高く、必ず正解したい科目です!

 

そもそも社会科学とは?

「社会科学」とは、筆記試験における教養択一試験の1分野です。概説的な要素が強い問題群であり、「法律」・「政治」・「経済」・「社会」の4つの分野に細分化されます。

 

 

【東京都庁Ⅰ類B】社会科学の過去問を見てみよう!

【東京都庁Ⅰ類B】政治の過去の出題例

答えは『1』です。

実際にこういった問題がでます。専門試験の政治学の概要というイメージです。出題テーマの暗記が中心の科目で、政治学も対策していると思いますので、その知識を活用しましょう!

 

【東京都庁Ⅰ類B】法律の過去の出題例

答えは『3』です。

実際にこういった問題がでます。このように基礎的な問題が多く、専門試験の問題と比べると簡単です。他方、この問題のように専門試験の憲法では出題されない法の分類は、別途対策しましょう!

 

【東京都庁Ⅰ類B】経済の過去の出題例

答えは『5』です。

実際にこういった問題がでます。上記の政治とは違い、経済・財政の時事を中心に出題されます。そこで、単願の人は経済・財政の時事を勉強すると良いです!
他方、他試験を併願する人は時事の対策をする際に経済・財政のテーマを重点的に暗記しましょう!

 

 

【東京都庁Ⅰ類B】社会科学の出題傾向

【東京都庁Ⅰ類B】①政治・法律の出題傾向

 

【東京都庁Ⅰ類B】②経済の出題傾向

 

 

【東京都庁Ⅰ類B】社会科学のオススメ講座

知識系の暗記は範囲が広く、手を焼いている人も多いのではないでしょうか?そこで、公務員のライトから、社会・人文・自然科学のみならず、文章理解もセットになった『知識系完全パック』を発売しております✨ぜひご検討ください!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人【政治・法律】

 

この記事を書いた人【経済】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA