5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【国税専門官】会計学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、国税専門官:会計学について、紹介していきます。

 

 

【国税専門官】会計学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

会計学の出題数は計8問です。

難易度はすこし高いですが、8点もあるので国税専門官を第一志望の人は、重要度が高い科目です。
基本的にはテキストで勉強することや簿記の基礎知識がある人は一周で頭に入りやすいです。
また、簿記3級の勉強を事前にしておくこともおすすめです!
これは、国税専門官になったあとも、また勉強します。

 

そもそも会計学とは?

「会計学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。また、会計基準や制度、ひいては会計実務はどのようなものが最適かを学ぶ学問であり、会計の実務がメインで出題されます。

 

 

【国税専門官】会計学の過去問を見てみよう!

答えは『2』です。

実際にこういった問題がでます。基礎的な問題が多い分、ケアレスミスをなくし、テキストの重要ポイントを1つ1つ習得していくことで正解することができます。

 

 

【国税専門官】会計学の出題傾向

毎年、出題されている上級論点は難易度が高めなので、重要度は低くなっています。一方、仕訳問題は毎年1問は出題されつつ、暗記が基本で点数は取りやすいです!

 

 

【国税専門官】会計学のオススメ講座

 

会計学は、国税専門官の志望度が高いなら安定して得点したいところです。そんな方に向けて、公務員のライトより『速習[会計学]2週間で7割死守講義』を発売しております✨ぜひご検討ください!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人