会計学・憲法記述の割引は今回が最後です
詳細はこちら

【財務専門官】社会学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、財務専門官:社会学について、紹介していきます。

 

 

【財務専門官】社会学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

社会学の出題数は計3問です。

難易度は普通で、国家一般職同等の難易度の科目です!
出題数は3点で、広く浅く出題される科目なので3問中2問正解を目指しましょう!財務専門官の社会学では、応用問題を解くより基礎的な問題を何回も繰り返して覚えていくほうが結果が出やすいです!

 

そもそも社会学とは?

「社会学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。独自の理論的視点・調査を通して、社会に存在する幅広い対象の構造を学ぶ学問です。「社会集団」・「都市・階級・労働」・「逸脱・文化・マスコミュニケーション」・「社会構造と社会変動」・「心理・行為・相互行為」・「社会学士と現代社会」・「社会調査」の7つの分野から成り立っています。

 

 

【財務専門官】社会学の過去問を見てみよう!

答えは『2』です。

財務専門官の社会学では、実際にこういった問題が出題されます。この問題は、頻出テーマからの出題です。コスパは悪いかもしれませんが知識量をできるだけ多くして正解へ近づきましょう!

 

 

【財務専門官】社会学の出題傾向

頻出単元は特になく、各単元から万遍なく出題されています。他教科より問題文は短く、難易度としてはそれほど高くはありません。国家一般職と比較すると基礎的な知識を問われます。

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人