【面接合格率UP】無料で自己分析!

【労働基準監督官⑧】2020年度合格体験記・アドバイスシリーズ!

 

【2020年 労働基準監督官】の体験記&アドバイスまとめ

採用面接の概要

面接官は3名で、2次試験のような緊張感のある雰囲気でした。時間は15分程度で、回数は1回です。採用面接を終えて、元の控室に一旦戻って待機します。およそ15分~20分後に個室に呼ばれ、内定通知を受領し終了しました。

 

採用面接で聞かれたこと

  • 労働基準監督官を志望するきっかけ
  • ○○労働局を志望する理由
  • 困難を乗り越えた経験
  • 自分自身の強み
  • 窓口などでクレームを言われることがあるが大丈夫であるか
  • 上司と意見が食い違った場合はどうするか
  • (上記質問について)それでも上司と意見が食い違ったらどうするか
  • 将来はどのようなキャリアパスで活躍していきたいか(監督業務メインか安全衛生メインか等)
  • (既卒であるため)1月採用でも良いか
  • 現職には退職する旨をいつ伝える予定か
  • 業務をするにあたって、健康上何か配慮すべき事があるか
  • 併願状況

 

後輩たちへのアドバイス

  • せんせいも言われていますが、説明会には何が何でも参加するべきです!
  • 採用担当者は、受験生の顔と名前をほどんど覚えていますので、印象に残れるようしっかりとアピールすることが大切です。

 

ちなみに、私は既卒(社会人3年目)で独学で労基を目指しました。席次後ろの方でしたが、〇〇労働局から即日内定をいただくことができたのは、せんせいのおかげといっても過言ではありません!!youtubeライブで試験前に勇気をいただいていました。コメントにも真摯に回答いただき、不安を解消することができ、第一志望の労働局から内定をいただくことができて本当に感謝しております。
本当にありがとうございました!!!

 

こちらこそ参考にしていただいてありがとうございます(^^)
また、貴重な体験談・アドバイスありがとうございました!!

非常に参考になりました!
これからは労基の職員として頑張ってくださいね!!!!

その他採用面接の情報(雰囲気、流れ、質問等)は以下で紹介しています!
労基の採用面接の実態】労働局ごとに違うので受験生にアンケートを取りました!

 

前の体験記一覧に戻る | 次の体験記