【オススメの無料診断】正しい"自己分析"で合格率UPを狙え!

【労働基準監督官⑦】2020年度合格体験記・アドバイスシリーズ!

 

労基と国家一般職で、どちらも【労働局】志望の方の体験談です!
このような併願スタイルで挑もうと思っている受験生も多いと思いますので、参考にしてみて下さい(^^)

【2020年 労働基準監督官】の体験記&アドバイスまとめ

①受験先

労働基準監督官A

 

②面接の雰囲気

面接官は3人
真ん中の人は明るい感じ
左の人は顔がいかつい感じ
右の人は関西弁で少しお堅い感じの人でした。
関西出身なので少し安心しました笑

 

③面接で聞かれたこと

  • 志望動機
  • 学チカ
  • 専攻分野
  • 監督官は高いところで作業することもあるが大丈夫か?
  • 3,4年目と13,14年目に全国転勤があるが大丈夫か?
  • 他の公務員(本省勤務、警察官)じゃなくてなぜ監督官なのか?等

 

④後輩へのアドバイス

  • 筆記試験では労働事情が出てくるので早いうちから労働経済白書のような資料を見ておいたほうがいいと思います。
  • 面接では仕事内容を問われる場合もあるらしいので説明会で情報収集しておいたほうがいいと思います。

 

採用面接の情報(雰囲気、流れ、質問等)は以下で紹介しています!
労基の採用面接の実態】労働局ごとに違うので受験生にアンケートを取りました!

 

【2020年 国家一般職】の体験記&アドバイスまとめ

①受験先

国家一般職

 

②面接の雰囲気

面接官は3人
真ん中の人は気難しそうな感じ
左の人と右の人は明るい感じの人でした。
面接の順番が一番最後だったので疲れてないか心配されました笑

 

③面接で聞かれたこと

ほとんど面接カードに沿って質問されました。

  • 志望動機
  • 専攻分野
  • 学チカ
  • 自己PR
  • (労働局を志望しているので)基準行政と安定行政どちらがいいか?

 

④後輩へのアドバイス

  • 筆記は計画的に勉強することが大事だと思います。
  • 面接はとにかく明るい人柄に見えるよう意識するといいと思います。
  • 「困っている労働者を救いたい!」みたいな感じで監督官になりたいという気持ちを全面に出すよう意識していました笑
  • あと労基に限らずですが明るく答えることを意識していました!

 

前の体験記一覧に戻る | 次の体験記