【合格者の面接カード大公開】
面接体験記はこちら

【警視庁】論作文試験対策!警視庁に合格経験がある元公安職員が警視庁の論作文試験を徹底解説!

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、警視庁の論作文について、紹介していきます。

警視庁合格経験のある『あゆむ』です。
元公安職員である私が、職業経験・合格経験から論文の対策を解説していきます💡

 

【警視庁】論作文試験の概要

警視庁の論作文試験とは、与えられたテーマについて、決められた時間決められた文字数自分の考えを主張するものになります。
論作文試験で一番大切なことは、『問いに答えること』です!

この記事では具体的な内容や、試験対策方法を紹介していきます!

 

【警視庁】論作文試験の試験内容

試験時間

警視庁の論作文試験の試験時間は1時間20分になります。

 

文字数

警視庁の論作文試験の文字数は1000字程度になります。

8割以上書くことを目標にしましょう!

 

【警視庁】論作文試験の配点

警視庁の論作文試験の配点は公表されていません。
ただ、論文が全く書けていない人は合格するのが難しいので対策はしっかりしましょう。

 

【警視庁】論文試験・作文試験とは?

【警視庁の論文試験】

  • Ⅰ類:論文試験
  • Ⅲ類:作文試験

作文は自分の意見を自由に述べるのに対し、論文は自分の意見に根拠を持って論じなければなりません。

ただ、警視庁の論作文試験では、そこまでの違いはありません!
苦手意識を持たなくて大丈夫なので安心してください!

 

 

【警視庁】論作文過去問

【警視庁】2022年の論作文試験のテーマ

【2022年:Ⅰ類】

『これまであなたが人との関わりから学んだことについて触れ、今後それを警察官の仕事にどのように活かしていきたいか述べなさい。』

【2022年:Ⅲ類】

『』

 

【警視庁】2021年の論作文試験のテーマ

【2021年:Ⅰ類】

『現在、自らの成長に必要なものを理由とともに述べた上で、今後、その成長に向けてどのように努力し、警察官として自らの能力を発揮していきたいか述べなさい。

【2021年:Ⅲ類】
『安全・安心な社会の実現を目指していく上で役に立つあなたの経験・知識を挙げ、どのような警察官を目指すのか、具体的に述べなさい。』

 

【警視庁】2020年の論作文試験のテーマ

【2020年:Ⅰ類】

努力して困難に打ち勝った経験と、そこから得たことをどのように警察官として活かしていきたいか述べなさい。

【2020年:Ⅲ類】

『警視庁警察官を目指す具体的な理由と警視庁の魅力について挙げたうえで、警察官としてやりたいことを述べなさい。』

 

 

【警視庁】論作文試験の対策

論作文の対策方法は、3つあります。

  • 書き方を知る
  • 過去問を実際に書く
  • 優秀答案を参考に書く

以上の3点を意識して対策を行いましょう!

 

【警視庁】論作文の書き方

3ブロック法

このように、3つのブロックに分けて考えていきましょう!

1つずつのブロックに分けて解説していきます!
ブロック①のポイント

ブロック①で書くことは問題文によって異なってきますが、一番オーソドックスな記載例は、問題文にある「問い」に対して、オウム返しをして「結論」を書きます。その後に続くブロック②で「その理由や具体的な内容」 を書いていきます。

ブロック②のポイント

書き出しとしては、「第一(一つ目)は、●●である。」といったように、先に要約結論部分を書きます。そこから、「自分の経験や考え方」を具体的に書いていきます。そこで、自分自身の経験を整理したり文章化するなど、「準備」をしておきましょう。

ブロック③のポイント

書き出しとして、「以上を踏まえて(このように)、」といった、これからまとめ部分に入ることを連想してもらうための言葉を使います。そして、ブロック①、②のまとめを書いたり、「私が●●職員になったら~」という「将来の視点」で書くとよいです。また、どのような出題がされても、このブロック③の記載内容は大きく変わりませんので、この部分も準備しておくとよいです。

 

【警視庁】論作文試験の出題傾向

警視庁の論作文試験は、過去様々なテーマが出題されてきましたが、ポイントを絞って考えると、どんなテーマにも使える内容が書けるようになります!

3つのポイントテーマを紹介していきます。

 

論作文のポイントテーマ

警視庁】論作文試験のポイントテーマ

  1. 『都民から信頼される警察官になるために』
  2. 『あなたが今まで力を入れてきたことから学んだことを今後どう活かすか』
  3. 『警察官として必要なもの・公務員として必要もの』

以上の3つを中心に論作文が書けるようになると、どんなテーマでも対応できる内容になります!

 

【警視庁】警察官としての心構え

それを●●職員としてどう活かすのか?」という部分で、将来的な視点を書く場合もあります。実際の試験で一番多い例がコレです。つまり警察官としての心構えができていないとほとんどの論作文は書けません!

警察官として大事な心構えを元公安職員の観点からお伝えします!
【警視庁】警察官としての心構え

  1. 使命感 ・・・与えられた任務を成し遂げる気概 
  2. 忍耐力 ・・・困難や逆境にも耐え、目標に向かって努力し続ける能力
  3. 責任感 ・・・自分の任務や役割を全うするという気持ち

警視庁の職員は、首都東京を守るという強い使命感を持ち、日々の訓練を忍耐強く行っています。
都民・国民の心に寄り添いながら生活を脅かす不安や脅威を取り除くという強い責任感を持ち職務を全うしています!

 

【警視庁】論作文の書き方まとめ

今まで紹介した論作文の書き方をまとめると、誰でも論作文で上位の成績を取ることができます!

それでは実際にどのように3ブロック法を用いて書いていくか、ポイントテーマ別に見ていきましょう!

 

①『都民から信頼される警察官になるために』

ブロック①
私が都民から信頼されるために必要なことは3つある。以下それを述べる。
ブロック②
1つ目は、使命感を持ち続けることだ。~~
2つ目は、忍耐力を持ち訓練に励むことだ。~~
3つ目は、責任感を持つことだ。~~
ブロック③
以上を踏まえて、私は信頼されるために、~~~

 

②『あなたが今まで力を入れてきたことから学んだことを今後どう活かすか』

ブロック①
私が力を入れてきたことは部活動だ。部活動から学んだことは3つある。以下それをどう活かしていくか述べる。
ブロック②
1つ目は、使命感だ。失敗から使命感の大切さを学びそれを~~
2つ目は、忍耐力だ。失敗から忍耐力の大切さを学びそれを~~
3つ目は、責任感だ。失敗から責任感の大切さを学びそれを~~
ブロック③
以上を踏まえて、私は部活動で学んだことを、警察官として~~な場面で活かしていきたい。

 

③『警察官として必要なもの・公務員として必要もの』

ブロック①
私が考える警察官として必要なものは3つある。以下それについて述べる。
ブロック②
1つ目は、使命感だ。~~
2つ目は、忍耐力だ。~~
3つ目は、責任感だ。~~
ブロック③
以上を踏まえて、私は社警察官として職務を全うする。
大枠はこのような形で、ブロック②実体験を踏まえて詳しく書いていきましょう!

 

【警視庁】受講生の優秀答案

このように字を大きく丁寧に書きましょう!

 

最後に

警視庁の論作文試験は書けなければ合格することが難しくなりますので、しっかり対策しましょう!
まずは時間内に規定文字数に達するように頑張ってください🔥

 

 

【警視庁】になるためのオススメ予備校・オススメ講座

公務員のライトより、『警視庁の試験に特化したフルサポートパック』を発売しております✨
まずは、無料パンフレットをお手元にお取りください。

 

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
ましゅー先生@公務員のライト講師
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ