出版記念キャンペーン第4弾
詳細はこちら

【内閣官房内閣情報調査室】官庁訪問の内容と仕事内容を合格者がまとめて紹介!「国家一般職編」

 

 

こんにちは😊公務員のライトのましゅーです!
 

今回は、内閣官房内閣情報調査室について、官庁の組織事情や官庁訪問の情報を紹介していきます。

 

【内閣官房内閣情報調査室】仕事内容を紹介(国家一般職)

【内閣官房内閣情報調査室】全体像

(内閣情報調査室パンフレットより引用)

内閣情報調査室では、内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務を担当しています。

 

内閣官房内閣情報調査室】仕事内容

内閣官房内閣情報調査室は、「総務部門」「国内部門」「海外部門」「経済部門」の4分野を基礎とし、それぞれの部門で情報収集・分析を行っています。収集・分析した情報は、国の政策決定に活用されています。

 

【内閣官房内閣情報調査室】先輩の志望動機

  • 俯瞰的な視点で物事を分析する力を身につけたかったから。また、在外公館での勤務など様々な経験を積むことが出来る点も魅力に感じた。
  • 日本の安全保障に、インテリジェンスの分野で関わることができるから。インテリジェンスに関わる業務に専念できるという点で、他省庁ではなく内調を選びました。
  • 人工衛星の開発から運用、画像処理を業務としているため、自分の専門分野を生かしつつ、かつ自分に向いている仕事が見つかると考え、志望した。

(いずれも内閣官房内閣情報調査室パンフレットより引用)

 

【内閣官房内閣情報調査室】転勤エリア

原則、内閣府の本府庁舎(東京都・千代田区永田町)での勤務となりますが、在外公館での勤務もあります。また、他省庁へ出向する機会もあります。

 

 

【内閣官房内閣情報調査室】官庁訪問の流れを紹介(国家一般職)

公務員のライトを利用した、ある受験生の体験談です。
※その人ごと、年度ごと等によって若干、試験の流れなどが異なる場合があります。

 

【内閣官房内閣情報調査室】官庁訪問の流れ

  1. 7/5:予約
  2. 7/7:官庁訪問

内閣官房内閣情報調査室の官庁訪問は、電話もしくは予約フォームで予約し、官庁訪問当日に現地で訪問カードを書く方式になっています。

 

【内閣官房内閣情報調査室】①官庁訪問の予約の仕方

電話もしくは予約フォーム

 

【内閣官房内閣情報調査室】②官庁訪問1日目

  • 訪問カード記入(30分)
  • 1回目の面接:集団面接
  • 2~4回目の面接:個人面接

内閣官房内閣情報調査室の官庁訪問1日目は、集団面接1回、個人面接4回の計5回面接がありました。

 

面接の様子

基本的には面接カードに沿った質問で、あなたは評価が高いからと面接官とディスカッションベースの話し合いを行ったりしました。

 

【内閣官房内閣情報調査室】③内々定の連絡

明日また来て欲しいと言われたので、内々定が出るとすると明日以降になるかと思います。

 

【内閣官房内閣情報調査室】合格者からアドバイス

内調は、訪問カードを時間が測られて30分きっちりで書き上げる必要があるので用意が必要です。私は全然書き上げることができませんでしたが、翌日の面接に進めたので書き切れなくてもあまり採用には関係ないのかなと思います。メモの持ち込みは可能なので、基本的な回答はメモに一元化して、当日見ながら写すのが良いかと思います。

 

 

【内閣官房内閣情報調査室】公務員のライトの講座紹介

公務員のライトが提供している「官庁訪問クラス」では、最新の試験体験談や、合格者の面接カード記載例が見放題となっております。
特に官庁訪問については、日本トップレベルの情報量がつまっており、多くの先輩方が利用していたものになります。
情報があるかないかで合格率が大きく違ってきますので、情報戦を制して試験を有利に進めていきましょう!

 

 

【内閣官房内閣情報調査室】官庁訪問情報まとめ

【内閣官房内閣情報調査室】官庁訪問情報まとめ

  • 官庁訪問の内容・回数
    集団面接1回
    個別面接4回~
  • 官庁訪問の拘束時間
    1日目:8時50分~17時

  • 転勤エリア
    基本本府庁舎勤務だが、在外公館への転勤もあり
  • 内々定告知のタイミング
    不明

※人によって、また年度によって異なる場合があります。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA