5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【財務専門官】経営学の出題数や過去問を紹介します!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

 

今回は、財務専門官:経営学について、紹介していきます。

 

 

【財務専門官】経営学の出題数

※オススメは「◎、〇、△、✕」の4段階、勉強難易度は「★」の5段階です。

経営学の出題数は計6問です。

公務員試験全体では「動機づけ論」、「経営組織論」、「生産と技術」、「マーケティング」、「国際経営」、「日本企業と経営」が頻出です。財務専門官経営学】の傾向について、それぞれ試験ごとに特徴があるので、今から一緒に出題傾向を確認していきましょう!

 

そもそも経営学とは?

「経営学」とは、筆記試験における専門択一試験の1分野です。企業や組織を管理・運営するための手法について学ぶ学問です。経営学は、以下から構成されています。
  1. 経営学説
  2. 経営組織
  3. 経営戦略論
  4. 経営学各論
  5. 現代企業の経営

 

 

【財務専門官】経営学の過去問を見てみよう!

答えは『1』です。

財務専門官の経営学では、実際にこういった問題がでます。この問題は、暗記で攻略できるのでぜひ得点源にしたいです!

 

 

【財務専門官】経営学の出題傾向

最も頻出の分野は企業形態と企業集中です。その他にも、全般の分野を除くと「経営組織論」、「マーケティング」などがよく出題されています。各問題に1~2個ほど応用レベルの選択肢が含まれているため、難易度はやや高めです。

 

 

【財務専門官】経営学の頻出テーマ・出題ポイント

【マーケティング】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、マーケティング戦略がよく出題されています。
出題のされ方は、製品価格の設定戦略を問うもの、プロモーション戦略を問うもの、消費者の購買心理を問うものがほとんどです。そのため、各戦略の時期や流れを理解しましょう!さらに、戦略の具体例と一緒に覚えるといいでしょう!

 

【経営組織論】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、組織経営の構造学説・人名の合致がよく出題されています。
出題のされ方は、各々の経営組織論のメリット・デメリットを問うもの、、学説と人物名を入れ替えて正誤を問うもの、組織論の具体例を問うものがほとんどです。特に、事業部制組織職能別組織は頻出です!

 

【企業形態と企業集中】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、会社の種類形態がよく出題されています。
出題のされ方は、会社の名称を問うもの、社員(出資者)の責任を問うもの、企業結合の形態を問うものがほとんどです。特に、合同会社の内容正誤と構成社員の責任の種類は頻出です。また、会社の起源地を問うものや、「ソキエタス」、「コメンダ」も頻出です!

 

【日本の企業と経営】頻出テーマ・出題ポイント

この単元は、日本的経営雇用形態がよく出題されています。
出題のされ方としては、アベグレンの日本的経営の評価を問うもの、経営スタイル・方針の正誤を問うもの、3つの雇用制度を問うものがほとんどです。特に、アベグレンの評価の変化と意思決定の過程は頻出です!

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人