【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑳〇〇労働局】労基 2021年(令和3年度)の採用面接体験記シリーズ

 

 

【⑳〇〇労働局】労基 2021年(令和3年度)の採用面接体験記

【受験生の情報】

受験先:〇〇労働局(九州のとある局)
受験区分:A

 

面接の回数、所要時間、雰囲気等

面接回数1回
15-20分程度
話しやすい雰囲気

 

採用面接で聞かれた質問

  • 志望動機(深掘りされます)
  • 併願状況
  • 第二志望以下の局について突っ込み
  • 採用面接予約状況
  • 安全衛生業務と労災補償業務どっちがやりたいか
  • 〇〇局の採用動画見た?どうだったか
  • 今までで1番困難な出来事は何だったか
  • なぜ高校は理系学科に進んだのに進路は文系か
  • 理系教科は得意だったか
  • 労基の仕事では、事業主に話聞いてもらえなかったり、色んな人がいてきついが、それでもやりたいのか
  • リーダータイプかどうか
  • バイト先の具体的な法違反(志望動機がバイト先の環境の悪さだったので)
  • そういうところ↑に労基としてどう対処していく?
  • 「説明会で職場の雰囲気いいと思った」って言ったけど、具体的にどういう部分が??
  • 事務官じゃなくてなぜ労基?

 

席次

席次は上位10%の位置でしたが、関係ないと思います

 

内定告知のタイミング

面接直後に内定頂きました

 

後輩たちへアドバイス

「労基への熱意」と「なぜその局が良いのか」この2つをしっかり固めて、笑顔でハキハキと伝えることが1番大事だと思います。できる限り説明会に参加し、話のネタを集めることも非常に大切です。また私は聞かれませんでしたが、労働に関する時事を聞かれる場合もあるみたいなので、その県の簡単なデータも覚えておくと安心だと思います。

また人事の方が、労基の仕事は、女の子は特に強くないとなれないとおっしゃっており、「一緒に働きたいか」というよりは、「この子は本当に労基として活躍できるか」で判断していると感じました。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記