【オススメの無料診断】正しい"自己分析"で合格率UPを狙え!

【横浜市・行政(転職)】2020年度合格体験記・アドバイスシリーズ!

 

横浜市の行政職(転職)に合格された受験生からのアドバイスです!
面接で聞かれたことや雰囲気等がすごく参考になります(^^)
転職して政令市・県庁等、地方上級の試験を受ける方は特に参考になると思います!

【横浜市・行政(転職)】面接で聞かれたこと

【転職⇒横浜】
志望理由、なぜ横浜市なのかのやり取りは一回のみでした。
ほとんど上司との関係性でした。

【面接で聞かれたこと】
・上司に転職言ってる?
・上司に自分はどう評価されてると思う?
・上司が嫌なタイプだったら?
・係ではどんな役割?
・上司が手放さないんじゃない?…等

他に印象に残っている質問は
・なんで大学中退したのか?
・大学中退から他大学への再入学で誰かに相談した?
・一度目の大学入学は保険だったのか?
・長所短所の具体的なエピソード
・仕事をする上で大切にしてることは?
・他にやりたい仕事ある?

 

【横浜市・行政(転職)】アドバイス

もし、第一志望の自治体に入れなくてもご縁があったところで社会人としての力を磨きつつ、その自治体で納得いかない、もう一度チャレンジしたいと思ったら再度、受ければ良いと思います。

ここで、勉強が忙しいからと言って仕事で手を抜いてしまうと面接で自信を持って公務員として身に付けた事をアピール出来なくなるので、どちらもメリハリつけて両立して下さい。

どちらも頑張る事が面接での魅力に繋がると思います。
今、結果が出なくて苦しい思いをしている人もたくさんいると思いますが、自分のような道もあるという事を頭の片隅に留めて頂けたら嬉しいです。

面接はお互い公務員になるので面接官に共感してもらえるようなエピソードを作っていく事がいいと思います。

 

貴重なアドバイスありがとうございます!
新卒で自分の第一志望の自治体等に合格することができなくても、社会人として自分を磨きながら再受験するっていうのは全然アリですし、世の中にはたくさんこういう人がいます。
皆さんもこれから第一志望はダメで、それ以外に受かった、だけど第一志望が諦められないという状況になることもあるかもしれません。
そんな時でも第一志望への想いを捨てる必要は全くないので、あきらめずに頑張ってほしいなと思います!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記