【オススメの無料診断】正しい"自己分析"で合格率UPを狙え!

【公務員試験体験記⑪】国家一般職、国税専門官のアドバイス

 

【公務員試験体験記⑪】2020年度の受験生からアドバイス

【受験先・併願先】

  1. 国家一般職
  2. 国税専門官

 

【国税専門官】人事院面接

面接官3人(全員男性)
めちゃくちゃ穏やか
話をしっかりと聞いてくれる雰囲気

 

【国税専門官】人事院面接で聞かれたこと

  • ストレスはたまりやすいか?
  • 最近イライラしたことは?
  • 残業についてどう考えているか?
  • 日頃生活する上で心掛けていることは?

 

【国税専門官】後輩たちへアドバイス

  • 筆記試験は戦略を持って対策することが大切だと思います。
  • また、「理解→知識の整理→反復」という流れを意識して勉強の計画を立てるとよいと思います。
  • あと、おすすめの教材として専門科目はスーパー過去問ゼミで、教養科目は畑中敦子先生のテキストです。
  • 面接試験については、説明会(参加するか迷っているならとりあえず参加する方がよい。とにかく後悔のないように)に参加してネタを作っておくことが大切だと思います。
  • 面接試験の対策自体は筆記試験の後からでも間に合うと思うので筆記試験が終わるまでは面接カード用のネタ集めをしておけばよいと思います。

 

【国家一般職】人事院面接

3人(全員男性)
国税専門官より空気が重い(それでも穏やかな部類だと思います)。

 

【国家一般職】人事院面接で聞かれたこと

志望動機について深く聞かれました。
ex.志望官庁のどういう政策に興味ある?
後は面接カードに沿った質問。

 

【国家一般職】後輩たちへアドバイス

  • 筆記試験は国税と同じです。
  • 面接試験は各官庁の説明会にはできる限り参加することがベターです。興味のない官庁でも面接でのネタにすることができます。
  • また、色々な官庁を見ておくことで後悔なく志望官庁を選べると思います。
  • あと、面接本番は笑顔を心掛けることが大切だと思います。(国税も)。面接官も緊張しているので、笑顔を見せることでよい印象を与えられると思います。

 

※最後に受験生へ※

大学時代何もしてこなかった自分でも合格出来たので、受験生の皆さんは自信を持って頑張って下さい。また、面接に不安がある人はとにかく説明会やインターシップへ参加することが大切です。考え過ぎてなにもしないよりもまず行動することが大切だと思います。
コロナの影響で来年度の受験生はとても大変だと思います。しかし、最後まで頑張れた人が報われる試験が公務員試験です。たまに息抜きをしつつ最後まで頑張りましょう!応援しています!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記