出版記念キャンペーン第4弾
詳細はこちら

【特別区】杉並区の自治体研究・仕事内容を紹介!!

 

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、杉並区役所の自治体研究・仕事内容について、紹介していきます。

公務員のライト専任講師の「ましゅー」です! 皆様のご協力のおかげで、今年1年で1000名以上の合格体験記を頂くことができました。 公務員のライトデータベースでは、それぞれの試験・区分の最新の試験情報(区役所ごとの体験記等)をまとめています☺

🔴公務員のライトデータベース利用方法

 

【杉並区】基本情報を紹介します!

【杉並区】人口・世帯数を紹介!

※引用:マイ広報紙東京都杉並区HP

 

杉並区は武蔵野台地の上、東京23区の西端に位置し、おおむね方形で面積は34.06平方キロメートルと23区中8番目の広さを持っています。杉並区は東京の発展とともに、比較的自然に恵まれた住宅都市としての性格をもちながら成長してきました!

 

【杉並区】予算(歳入・歳出)を紹介!

予算(歳入)を紹介!

 

予算(歳出)を紹介!

※引用:マイ広報紙東京都杉並区HP

特に歳出はしっかりと確認しておきましょう!杉並区の場合は既定事業費や職員人件費の歳出が多いことから、これまでの事業に力を入れるだけでなくや職員の待遇に力をいれていることが読み取れます!

 

【杉並区】魅力的なまちづくりの取り組み例

 

※引用:杉並区HP

 

自治体が行っている具体的な取り組みについて調べることで、自分自身の強みと組み合わせて、面接対策を行うことができます!

 

【杉並区】自治体のオススメポイント

【杉並区】高円寺の食べ歩き

※引用:東京観光デジタルパンフレットギャラリー

 

「日本のインド」とも呼ばれるJR中央線高円寺エリアには、多種多様な飲食店がたくさんあります。ナチョスがおいしいメキシコ料理やベトナム料理フォーの人気店、アイリッシュパブなど、世界旅行気分を味わえるお店が多くあります!

 

【杉並区】東京高円寺阿波おどり

東京高円寺阿波おどり 女踊りの写真
※引用:杉並区HP

 

高円寺の街の賑わいを求めて一つの商店街で始まったのが、高円寺阿波おどりです。本行事は、隣接する商店街から周辺町会・自治会にも拡大し、この街に育まれながら、
現在では1万人が踊り100万の歓声が響く、東京の夏を代表する風物詩と言われるまでに成長してきました!

 

【杉並区】杉並アニメーションミュージアム

※引用:杉並区公式情報サイトすぎなみ学倶楽部HP

 

杉並区内にはアニメ制作会社が138社と全国で一番多く集積しており、アニメは杉並の地場産業です。建物の入口にはドラえもんやガンダムなど有名アニメキャラクターのレリーフが飾られ、アニメの歴史などをわかりやすく学ぶことができます!

 

【杉並区】自治体のボス(区長)を紹介!

※引用:杉並区HP

 

杉並区の岸本聡子区長はNGO団体に参加し、海外移住などの経歴を経て杉並区長に就任されました!
信条は「名の「聡」が表す「公(人々)の心(意見)に耳をかたむける」」です!

 

 

【杉並区】仕事内容を紹介します!

【杉並区】組織図を紹介!

 

以上が組織図の概要になります!また、各部の中にも「課」、そしてその中に「係」があります!自分の担当したい部署は事前に調べておくと良いです!

 

【杉並区】具体的な業務(部署別)内容を紹介!

【杉並区】事務職の業務を紹介!

【子ども家庭部 管理課】

  • 保健センターで行っている母子保健事業の管理部門の業務を行う
  • 最初は健診の支払いや物品の購入など、主に庶務的な仕事が多かった
  • リフレッシュなどのために子どもを一時的に預ける事業や、いつでも親子で遊びに行けるひろば事業を担当する!

※引用:杉並区HP

 

【杉並区】技術職(土木)の業務を紹介!

【都市整備部 土木計画課】

  • 道路・橋の計画・設計・施工・維持管理を行う
  • 都市計画等の企画・調査・調節を行う
  • 区民が安心して利用できる施設づくりを行っていく!
※引用:杉並区HP

 

職員採用パンフレット等に掲載されている記事を読んでいくと、実際に働いている先輩職員の業務を知ることができ、自分のやりたい仕事や区役所職員の仕事内容を理解しやすいですね!

 

 

【杉並区】ワーク・ライフ・バランスについて紹介します!

【杉並区】職員のある1日のスケジュールを紹介!

【職員の1日のスケジュール例】

  • 08:30~ 係内で打ち合わせ
  • 09:00~ 課題調整・改善に向けた検討
  • 12:00~ 昼休み
  • 13:00~ 資料作成等入力作業
  • 15:00~ 現場の視察・メール確認
  • 17:15~ 退庁
※引用:杉並区職員採用パンフレット

 

公務員の業務内容はデスクワークばかりというイメージがありますが、特別区は住民との距離が近い距離で働くことができるという特徴の通り、実際に現場に出向いて仕事をするのですね!

 

【杉並区】育児休業の取得状況を紹介!

※引用:杉並区HP

 

現在、課題となっている育児休業の取得率の向上に向けて杉並区でも積極的に取り組んでいます。令和3年は女性の育児休業取得者が77名、男性の育児休業取得者は16名です。なお、女性の育児休業取得率は100パーセントとなっています。また、杉並区には育児休業の他にも「育児時間」や「子の看護のための休暇」など、職員が働きながら子育てができるように支援を行っています!

 

 

【重要】区面接の攻略ポイントを紹介します!

【ポイント1】説明会に参加する!

コラボブース※引用:特別区人事委員会ホームページ

 

特別区では、合同説明会や各区が実施する説明会、そしてオンライン説明会など幅広く説明会を実施しています。
特に、合同説明会では、参加者に各区・組合の特色や業務内容、やりがい等を伝えることを目的に大規模で実施されており、個別相談などを通してパンフレットやホームページだけでは知ることのできない魅力や特色を知ることができるので、必ず参加しましょう!

 

【ポイント2】パンフレットを熟読!

※引用:特別区(東京23区)職員募集案内2022(パンフレット)

特別区では、特別区全体のパンフレットと各区が発行しているパンフレットをインターネットから閲覧することができます。
まずは全体のパンフレットを読んで概要を把握してから、自分が志望する区のパンフレットを熟読すると、その区が現在行っている取り組みや求める人材について把握することができます!

 

【ポイント3】まち歩きでネタ作り!

 

例えば、東京都特別区の面接試験で、「23区すべてまち歩きをして、〇〇区のココが良くて自分も職員として活躍したいと思った」等と答えた受験生がいたとすると、すごく印象が良くないですか?
この手の【★頑張った行動】というものは、面接試験でも高く評価してもらえると思いますので、皆さんも積極的に行動にうつして欲しいなと思います😄

 

まち歩きのポイント
  • 庁舎の中
  • 掲示板
  • 魅力や課題探し
  • 自治体が力を入れている事業個所

 

私も公務員試験の受験生に向けて、職員との座単会を開催することがあるのですが、その際に先輩職員や合格者の方が「私はこういう場所を見て回ったよ」と教えてくれたまち歩きのポイントの中で、特にオススメなのがこちらの4つです。

 

【ポイント4】志望区の図書館で区情報を入手!

特別研究室の様子
※引用:千代田区立図書館ホームページ

 

各区の図書館では、区報や歴史資料などが置かれており、これらの資料から区の現状や歴史、風土の情報を得ることができます。特に区の課題について学びたい場合は、こうした区の最新の情報と風土を理解することで、区民の目線に立って考えることができます!まち歩きの一環で図書館を訪れてみると良いです!

 

より詳しく自治体研究について知りたい人はこちら👇

🔴【自治体研究って何?】まち歩きやHPのチェックポイントも紹介!

 

【ポイントEX】公務員のライトのデータベースを閲覧!!

【公務員のライトデータベース】

🔴区別の体験記や面接カードはこちらで閲覧できます。

各区の体験記や面接カードを閲覧することができます!
講座を受講すれば、めんどくさい手続き一切不要です!
受験生のための最強データベースです。

 

 

【特別区】区面接のオススメ講座

ゼロからの面接対策講座は、人物試験対策のビデオ講座サービスとなっております。基礎の基礎から面接カードの書き方、自己分析方法、頻出質問の回答ポイント等と細かいところまで徹底的に動画でポイントをお伝えするものになります。そして、職種ごとに面接に特徴や傾向がございますので、補講部分で職種ごとの面接試験に特化した講義を行っております。また、補講部分で集団討論や集団面接のポイントをお伝えする講座も実施しております。

特に『何から始めればいいかわからない』『しっかりと対策したい』等と人物試験対策に不安を感じている方にピッタリの講座となっております。

 

まずはLINEで気軽に相談してください!

公務員のライトの無料相談ラインで、公務員試験に関する疑問や質問を何でも聞いてください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

この記事を書いた人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA