【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑥東京国税局】2021年(令和3年度)の採用面接体験記シリーズ

 

 

【⑥東京国税局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:東京国税局
囲い込み電話:×
席次:1700番台
面接評価:B
即日内定:×

 

国税局名と囲い込み電話の有無

東京国税局(囲い込み無し)←一次試験地と二次試験地が違ったから無かったのかもしれないです。

 

面接の回数、所要時間、雰囲気等

面接は2回、所要時間は各5-10分くらい、2回とも雰囲気は和やかでした。←雑談とかはしてないです。

 

採用面接で聞かれた質問

  • 軽く志望動機
  • 国税を知ったきっかけ
  • 国税に対するイメージ
  • ご両親はどう思ってるか
  • 採用されたらやりたい仕事
  • クレーム対応について
  • なぜ東京国税局か
  • 査察官になったら、時間の拘束があるかもしれないが大丈夫か
  • 最後に質問とか伝えておきたいことはあるか

 

席次・人事院面接の評価等

席次は1700番代 面接評価はBでした。

 

内定告知のタイミング

(即日内定なし) 内定の電話が8月26日にきました。

 

国税専門官志望の方へ一言アドバイス

勉強法さえ間違えなければ、筆記試験は突破できます。

また、国税専門官は専門職のため、適性を非常に重要視すると思います。そのため、筆記試験をギリギリで通過しても、面接対策をしっかりして面接で高評価を得れば内定は貰えると思います。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記