【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【㊶千葉県庁(大卒程度・行政)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【㊶千葉県庁(大卒程度・行政)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

千葉県庁(上級 一般行政A)

 

面接の雰囲気(面接官の数等)

面接官は和やか、やや圧迫、圧迫の3名でした。皆さん穏やかなのですが、後半に行くにつれ鋭い質問をとばしてきました。

 

面接で聞かれたこと

  • 併願先は?
    →千葉県は第何志望ですか?
    →国税専門官はなぜ第4志望なのですか?
  • 志望動機は?
    →千葉県の中でどのようなところに行きましたか?
  • 行政職員はどのようなコスト意識をもつべきだと思いますか?
  • 行政が悲観されるときはどんな時ですか。
    →その解決法は?
  • 楽観的か悲観的か?
    →それはなぜですか?
  • あなたの住んでいる市は民間と行政どちらの力で発展したか?
  • なんで地元の市じゃないの?
  • 意見交換でまとまらない時はどうしますか?
    →調整しようとしても合わない時は?
  • 千葉県の課題
  • 千葉県の強みは?
    →それはどう生かせるの?
  • ゼミの内容は?
    →研究内容に関しては実際にその現場を見た?
    (海外に関係するゼミだったため)
    →ゼミで学んだことの中で活かせることは?
  • 県民はどんな行政を求めていると思いますか?
    →中には行政に反対する人もいますが、どうしますか?
    →全ての人の意見をまとめるのは難しいと思うけどどうする?
  • 話し合いの時にいい意見が出ない時

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記