【面接合格率UP】無料で自己分析!

【官庁訪問体験記②】流れや雰囲気、面接で聞かれたこと、後輩たちへアドバイス等

 

この度、国家一般職に合格しましたので、官庁訪問の体験記をお教えしたいと思います

官庁訪問の体験記&アドバイスまとめ

受験先 〇〇局

【面接の雰囲気】

  • 面接官は3人 雰囲気は和やかで、笑いが起こる場面もありました。
  • 20分程度の個別面接でした。
  • 緊張していましたが、肩の力を抜いてくださいね、と言ってもらえました。

 

官庁訪問で聞かれたこと

【質問内容】

  • 志望動機
  • 大学生活で頑張ったこと。それを当局の業務でどう活かすか
  • バイトやボランティアの経験 得られたこと
  • 上司と意見が合わない場合はどうするか?
  • 4月採用で大丈夫か
  • 残業があるかもしれないが体力はあるか
  • やりたい仕事は?
  • 希望の勤務地
  • 本省に行っても大丈夫か
  • 逆質問(3つほどしました。丁寧な回答をいただけました。)

やりたい仕事を答えた際に、「よく調べてるね」と言ってもらえました。その後「4月採用で大丈夫か」や「本省に行っても大丈夫か」など、採用に向けて踏み込んだような質問がされたように思います。

 

後輩に向けてのアドバイス

  • 国家一般職の専門科目は特に、使える科目を増やすことが大事です。私は11科目用意したのですが安心して受験できました。
  • 民法は10問あるので、とても重要です。テキストを読みながら、関連する知識を思い出すよう心がけていました。
  • 数的推理が苦手な方が多いと思いますが、その分、文章理解や時事問題等で稼げばカバーできます。
  • 面接練習は、官庁訪問の2週間前から、ハローワークや大学等で練習を繰り返しました。興味のある業務と自分の活かせる長所を併せて伝えると、いいPRができると思います!

 

前の体験記一覧に戻る | 次の体験記