5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【お仕事依頼】時事のテンプレート

【書籍分野】時事のアルバイト依頼

 

依頼内容

公務員のライトより発売予定の2024年度向けの「時事書籍」について、皆さんが得意な「時事テーマ」の原稿をWordファイルで作成して頂きます。
※最強の時事、ライトの時事アプリ、ライトの時事講座、ライトの時事YouTube動画等、ライトの時事コンテンツをご利用の方にのみ、この時事テーマの原稿作成業務をお願いできればと思っております。

 

 

原稿についてイメージの共有

左はライトの昨年の書籍、右が新書籍になります。側注が加わることと、フルカラーになることが大きな変更点となります。
※皆さんに作っていただくのは、Wordファイルになります。この完成形をイメージしながら、文章等を作成していってもらえると嬉しいです。そのため、以下の完成したWordファイル(例)をダウンロードして下さい。
【見本】皆さんに作っていただくWordファイルのイメージ(例)

 

【時事作成上のルール】

注意

  • 最強の時事、ライトの時事アプリ、ライトの時事講座、ライトの時事YouTube動画等、ライトの時事コンテンツをご利用の方にお願いできればと思っております。
  • 特に最強の時事書籍をブラッシュアップするような形で、参考にしながら書いてください。(講座やYouTube動画などを参考にしながら、原稿を作成することも可能とします)
  • 基本的に最新の官公庁白書・報告書などをベースに作成してください。その政策に関わる法律・大綱・計画、国際会議・条約がある場合には、その点にも触れてください
  • あまりにも細かい数値より、傾向(上昇傾向、倍増等)を捉えて作成してください
  • 試験に出題されそうな部分に着目してください
  • 出来る限り、文字だけではなく、受験生に分かりやすく見てもらうため、図表やグラフ(白書・NHKニュース)を入れてください(スクショしたものを貼って頂いて結構です)
  • 重要なキーワード(例、生産年齢人口)については、その定義や内容について、Wordのコメント機能を用いて分かりやすく説明してください(後ほど解説します)
  • 受験生が使用する教材として、難解な表現や曖昧な表現は避け、分かりやすい表現を用いてください
  • 作成例を参考に作成してください
  • 図や表、グラフを使う場合は、原則、国の資料やNHKの資料など、信ぴょう性が高いものを選ぶ。また出典も明記する。※ただし、オンラインのサイト等で、出典が明記されているようなわかりやすい画像をそのまま引用するのもOKです。
  • スクリーンショット等をとる際は、なるべく拡大してから撮影してください。
  • ある程度、文字量は多くなってしまっても問題ありません。最初は、文字量や図の多さなど、あまり気にしすぎなくて大丈夫ですので、初心者に一から教えてあげるような形で、時事の重要な知識を本文・図表を使ってわかりやすくまとめていってもらえると嬉しいです

 

【注意点・ルール】

注意

  • 「です・ます」調でお願いします。
  • 原則、1つの時事テーマにつき作業できるのは1人までです。
    (例:他の受験生が先にエネルギー問題で作業を始めていた場合、自分はエネルギー問題の作業を行うことができません)
  • 1つの時事テーマは、概ねWordファイル4~5ページ程度でまとめてください。
  • 原則、作業開始から1週間以内に提出してください。
  • 講師等が原稿を確認して、修正点などがなければ作業完了となります
  • 不明点があれば、LINEで聞いて下さい。

 

 

具体的な依頼内容

【STEP1】どの単元を担当するか選ぶ

まず、アルバイト依頼完了シート(Excel)の方で、自分が作業する【時事テーマ(単元)】の欄にニックネーム等を入力してください。(※こちらはオンラインでの共有ファイルになるので、ダウンロードはせず、オンラインで開いてください。

アルバイト依頼完了シート
https://1drv.ms/x/s!AsNk7dDKA7TgkNBi-2LtFNaAPgZvkw?e=NJCZYD

※複数担当して頂いても構いません。

 

【STEP2】Wordファイル(テンプレート)をダウンロード

②下記のWordファイルをダウンロードしてください。(こちらはダウンロードして、自由に編集して頂いて構いません)

アルバイト依頼用のテンプレートWordファイルはこちら。

 

【STEP3】Wordファイルでポイント解説作成

本記事で紹介する記入例・記入の仕方等を参考に、ご自身の選んだ時事テーマのポイント解説を行ってください。
※なるべく、表や図、グラフ等を使いながらわかりやすくまとめてください。

 

【補足】コメント機能の入れ方

 

【補足】コメントが書籍では「側注」に入る

コメント機能で入れたものが、完成したときの書籍では「側注」に入るということをイメージして、本文はわかりやすく文章を簡潔に、「出典」や「用語の説明」など、細かい説明等は「側注」で補足していく形で原稿を作ってください。

 

【補足】小テーマは試験でよく出る箇所・重要箇所を自分で決める

小テーマについては、公務員試験を受けた皆さん自身に決めて頂きます。
例えば、重要な制度改正があれば、制度の概要、改正の背景、現状、取組のように初心者が理解しやすい構成でうまくまとめてください。
また、例えば、一般会計当初予算であれば、試験に出題されやすい箇所を小テーマとして分けて、それぞれわかりやすく図表等を用いて説明してください。以下、一般会計当初予算における頻出・重要テーマです。

 

【STEP4】完成したWordファイルを提出

提出用のオンラインフォルダがあるので、そちらで完成したWordファイルを提出した後、サポートメンバー専用LINEの方で、「時事〇〇(テーマ名)のWordファイルを提出しました。」などとお伝えください。(※こちらもオンラインでの共有フォルダになるので、ダウンロードはせず、オンラインで開いてください。

提出フォルダ↓
https://1drv.ms/f/s!AsNk7dDKA7TgkNcyUfh3QeOLxRWg0w?e=ZpmSlx