5/25~5/27 国家専門職向けLIVE開催
詳細はこちら

【青森県警】になるためには?採用試験の内容をプロが徹底解説!

 

こんにちは😊公務員のライトです!
 

今回は、青森県警の採用試験について、紹介していきます。

公務員のライト専任講師の『あゆむ』です。
県警に最終合格経験があり、自分の経験から
合格のノウハウを皆さんに教えます🔥

 

警察官とは?

※青森県警ホームページから

警察官とは、パトロールや犯罪捜査、生活指導、警備、交通の取り締まりなどを行い、国民の安全・安心の暮らしを守ることを使命としています。

警察官がいなければ国民は安心して暮らすことができません。
犯罪を取り締まる仕事で危険はつきものですが、他人のために仕事をすることは大変やりがいがあります!

 

 

【青森県警】の特徴

  1. 青森県は、東北地方の最北端に位置し、豊かな自然と歴史的な建造物が多く残されています。青森県警察は、観光客の安全や防犯対策に力を入れており、観光案内所の設置や多言語対応の案内板の設置、外国人警察官の配置などを行っています。また、地域住民との連携を密にし、観光客に対する防犯啓発活動も行っています。
  2. 青森県は、海岸線が長く、漁業が盛んな地域でもあります。青森県警察は、海上警備や漁業関連の犯罪の取り締まりなど、水産業を支えるための活動を積極的に行っています。
  3. 青森県は、冬季には積雪が多く、交通事故が多発する地域でもあります。青森県警察は、交通安全に力を入れており、交通取り締まりや事故防止のための啓発活動を積極的に実施しています。
  4. 青森県は、リンゴやねぶたなどの郷土芸能が有名な地域でもあります。青森県警察は、地域文化の継承やイベントの安全確保にも力を入れており、警備や交通規制の実施などを行っています。
  5. 青森県は、隣接する秋田県とともに、八甲田山脈を含む奥羽山脈の山岳地帯が広がっており、登山やハイキングのスポットとしても知られています。青森県警察は、登山者の安全を確保するため、山岳救助隊を編成しており、山岳遭難者の救助などに力を入れています。

 

 

【青森県警】警察官になるには?

警察官になるには、青森県警が実施している『採用試験』に合格する必要があります。つまり、試験に合格することができれば、誰でも警察官として働くことができます。

ただ、ここで注意しなければいけないことがあります。それが、『受験資格』についてです。
青森県警の採用試験は、警察官Aと警察官Bのつの試験区分があります。
それぞれの区分ごとに「受験可能年齢」や「試験日程」などが異なります。

 

【青森県警】受験資格・区分を確認しよう!

青森県警の試験区分警察官A・警察官Bに分かれています。
高卒・大卒で分かれていますので、募集要項をよく確認しましょう!

青森県警の受験資格については、基本的に年齢制限と身体要件さえ満たしていれば、試験は皆平等に受けることができます

 

 

【青森県警】採用試験の流れ・日程

青森県警の試験日程を見ていきましょう!

 

青森県警:試験日程

警察官Aは7月ごろ、警察官Bは9月ごろとなっているため、しっかりと試験実施日は確認しましょう!

※年によって異なるため、詳細は募集要項をご確認ください。

 

 

【青森県警】採用試験の内容・配点

採用試験の内容と配点を知ることで、何に力を入れるべきかが明確になります!

 

試験の内容

青森県警の試験内容は、主に上記のものになります。

1次試験の対策も大事ですが、2次試験の面接試験の割合がかなり大きいものになります。2次試験の対策は日ごろの生活から警察官としての自覚を持つことが重要になりますので、まずは警察官を調べることから始めましょう!

 

【青森県警】教養試験

【青森県警の教養試験】:警察官A

  • 試験時間:2時間30分
  • 問題数:50問
  • 形式:5択のマーク式
【青森県警の教養試験】:警察官B

  • 試験時間:2時間
  • 問題数:50問
  • 形式:5択のマーク式

青森県警の教養試験は、2時間~2時間30分で5択の問題を50問を解くものです。

 

青森県警の教養試験の出題内訳

青森県警の教養試験の出題内訳は、上の表の通りです。
特徴として自然科学の出題が少なく、数的の出題が多くあります。
内容は、中学~高校レベルの知識や考え方を問うものが多いですが、1問あたり2分半程度で解かなければいけません。

筆記試験のボーダー点は20点前半(50点満点)です。
警察官の試験は出題問題が多いので、どこから手を付けていいかわからなくなります。
そこで、赤く囲ってある科目は出題数が多い重要科目なので、ココを中心に勉強をすることが合格の最短ルートとなります。

 

【青森県警】論文試験

【警察官Aの論文試験】

  • 試験時間:60分
  • 文字数:800文字程度
【警察官Bの作文試験】

  • 試験時間:60分
  • 文字数:800文字程度

青森県警の論文試験は、与えられたテーマに対し、自分の考えを主張します。

 

 

論文も重要視されています。対策方法としては、過去のテーマを参考に自分で書いてみるのが一番です!また、優秀な答案を見て、正しい書き方等を参考にしてみてください。
優秀答案や書き方のコツ等は、公務員のライトの講座で紹介しております。
🔴公務員のライトの公式HP

[/voice]

 

【青森県警】体力試験

【青森県警の体力試験の項目】:男性

  • 腕立て伏せ :19回以上 
  • 握力    :左右平均28㎏以上
  • 反復横跳び :36回以上/20秒間
  • シャトルラン:24回以上
【青森県警の体力試験の項目】:女性

  • 腕立て伏せ :10回以上 
  • 握力    :左右平均20㎏以上
  • 反復横跳び :32回以上/20秒間
  • シャトルラン:14回以上

体力試験は、上記の試験項目を通して、受験生の体力や協調性等を見る試験となっています。

体力試験では、もちろん個人の能力もチェックされていますが、それ以上に「周りに配慮できているか」「キビキビ動いているか」「一生懸命取り組んでいるか」などが見られています。
不安を感じる受験生も多いですが、体力試験は努力すれば回数が伸びる種目ばかりです!
最後まで諦めずに努力し続けましょう!

 

【青森県警】面接(口述)試験

個別面接

青森県警の面接試験は、面接官が4人、面接時間が25分程度となっており、面接官からの質問に答えていく試験です。

 

集団面接

 

筆記試験も重要ですが、一番大事なのが面接試験です!
筆記ができてなくても面接で挽回できます🔥

 

 

【青森県警】配点について

青森県警は配点の公表はありませんが、面接試験の配点が一番高いことは間違いありません!

 

 

【青森県警】の採用試験の難易度

青森県警の試験難易度について、『試験倍率』を元に解説していきます。

 

【警察官】青森県警の採用試験倍率

青森県警の採用試験倍率:警察官A(男性)

警察官A男性の試験の倍率は低下しています。

 

青森県警の採用試験倍率:警察官A(女性)

警察官A女性の試験の倍率は低下しています。

 

青森県警の採用試験倍率:警察官B(男性)

警察官B男性の試験の倍率はやや低下してます。

 

青森県警の採用試験倍率:警察官B(女性)

警察官B女性の試験の倍率は、採用人数が減少したことで上昇しています。
このように青森県警の採用試験の倍率低下傾向にあります!
努力すればどんな人でも合格を勝ち取れる試験になりますので、いいスタートダッシュを切りましょう!

 

 

【青森県警】になるためのオススメ予備校・オススメ講座

公務員のライトより、『警察官の試験に特化したフルサポートパック』を発売しております✨
まずは、無料パンフレットをお手元にお取りください。

 

 

受講でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

講座に関する疑問や質問があれば、公務員のライトの受講相談ラインでお気軽にご相談ください😊

\ 友達追加ボタン /

友だち追加

 

 

この記事を書いた人

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA