【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【⑱〇〇労働局】労基 2021年(令和3年度)の採用面接体験記シリーズ

 

【⑱〇〇労働局】労基 2021年(令和3年度)の採用面接体験記

【受験生の情報】

受験先:〇〇労働局
受験区分:A

 

面接の回数、所要時間、雰囲気等

面接回数は1回で、20分ほどでした。
雰囲気は柔らかく、うなずきながら話を聞いてくださったため、話しやすかったです。面接官の方は4人いました。

 

採用面接で聞かれた質問

  • 労基の志望理由
  • 〇〇労働局の志望理由
  • 併願状況
  • 今までに力を入れてきた活動とそこから学んだこと
  • 自分の強みと仕事へどう生かすか
  • 法学部だが、法律の中でも特に何を学んだか
  • 年上の人と話す機会が多いが、今まで年齢が離れた人との関わりはあったか
  • 高いところ狭いところは大丈夫か
  • 車は運転できるか
  • 凄惨な現場に立ち会うこともあるが大丈夫か
  • 労働者からの相談として「社宅に住んでいるが、退職に伴い出ていくように会社から言われた。次に住むところが見つかっておらず、助けてほしい」どのように対応するか。
  • 自分が他の人より絶対に負けていないというポイントは何か
  • ストレス発散法は何か
  • 生活の中で大事にしていること、これからも大事にしていきたいことは何か。

 

席次

一桁合格

 

内定告知のタイミング

採用面接日の16時半ごろに電話で内々定をもらいました。

 

後輩たちへアドバイス

労基の採用面接は人事院面接よりも、仕事内容や年上との接し方など、本当に労基として働けるかを見られているような気がしました。私自身、相談事例に対して、どのように接するかを聞かれたときに答えられたのは、労基法をしっかり勉強してたからだと思います。労基の場合、席次は採用に関係ないと思いますが、労働法の勉強は頑張ってした方がいいと思います!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記