【オススメの無料診断】正しい"自己分析"で合格率UPを狙え!

【国税専門官⑧】2020年度合格体験記・アドバイスシリーズ!

 

【国税専門官】の合格体験記&アドバイスまとめ

国税専門官

第一試験地 東京
第二試験地 東京
→健康診断や面接前の時間は皆緊張していてとても静かでした。職員の方が和まそうとしてくださっていましたが、それでも皆大人しく静かな感じでした。

 

採用面接 関東信越:雰囲気

→控室からとても和やかで、「隣の方とお喋りしてください」と言われる程賑やかな雰囲気でした。緊張している暇もなく、面接の順番が来たのでとてもリラックスして面談のように臨みました。

 

面接で聞かれたこと

 覚えている限りですが…

【国税の面接で聞かれたこと】

  • 志望動機
  • 自己PR
  • (面接カードに沿って)アルバイトでどんな経験をした?
  • どんなことが辛かった?
  • それをどう対処した?
  • そういう性格になったのは自分の中で何をしていたからだとかがあるか?
  • 友人からはどんな人だと言われるか?
  • どういったところがそう言われるようなエピソードか?具体的に
  • 100万円あったらどんなことに使うか?
  • その理由?
  • (面接カードに沿って)海外留学していたとあるが、行ってみてどうでしたか?
  • どうして参加したのか?
  • ゼミで何を学んだか?
  • (面接カードに沿って)租税法を履修したとありますが、なぜこれを学ぼうと思ったのか?
  • 人生で1番辛かった経験はなんですか?
  • どう乗り越えましたか?
  • ストレスが溜まった時はどうしますか?

などです。
(順不同、抜けている可能性あり)
体感時間は10分くらいでした。

 

【国税専門官】後輩たちへアドバイス

  • 私は、予備校も通っておらず学校でのセミナーもほとんど参加出来ず、周りには中まもなく本当の独学でした。また、本腰を入れた時期も国税の申し込みをしたくらいでとても遅く、勉強量も明らかに少なかったです。加えて、なかなかスイッチが入らなかったり落ち込んだりであまり勉強も出来ていませんでした。
  • なので、参考にはならないと思いますが、私は情弱だったのでできるだけInstagramで公務員を目指す人のアカウントをフォローして参考にしたりしてモチベーションをあげたり、YouTubeを使って問題の対策から公務員試験の情報を自分のできる範囲で集めました。
  • 勉強量や対策面では本当に力不足ではありましたが、最後まで諦めずにその時の全力で取り組むことだけは頑張りました。なので、スタートダッシュが人より遅くても、全然人より頑張りが足りないと分かっていても自分のペースでやりきることで、私は無事内々定を貰うことが出来たのだと思っています!

今年ダメだった方や、来年チャレンジする方にほとんど役に立つとは思えませんが、少しでも参考になればと思っています!

席次が最後から数えて50番弱でも即日内定貰えたので最後まで希望はあります!

 

私の面接カード

 

採用面接の情報(雰囲気、流れ、質問等)は以下で紹介しています!
国税の採用面接の実態】国税局ごとに違うので受験生にアンケートを取りました!

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記