【オススメの無料診断】正しい"自己分析"で合格率UPを狙え!

【国税専門官④】2020年度合格体験記・アドバイスシリーズ!

※国税専門官や国家一般職等については、まだ「合格」体験記ではないですが、シリーズものなので、そのような表記になってしまっている点はご了承いただければと思います。

国税専門官と国家一般職の2つの試験を受けた方の体験談です!
人事院面接で聞かれたこと等を教えてもらいましたので、シェアしたいと思老います!

 

【国税専門官】人事院面接で聞かれたこと等

【国税専門官の質問】

○志望動機
○併願状況
○怒られたことあるか
○ストレス耐性あるか
○自己PR
○逆質問

 

実際に受けてみた感想

私の場合は
  • ストレス耐性をかなり聞かれました。
  • あまりニコニコせず、厳しめでした。
  • 貧乏ゆすりが嫌でした…
  • 業務内容について詳しく聞かれませんでした。
  • ニュース、趣味特技も聞かれませんでした。

 

国税専門官の試験では、やはり自己統制力やストレス耐性、コミュニケーション能力は厳しくチェックされています。
人によっては若干圧迫気味に来られることもあるとは思いますが、動揺する必要はないので、これから受ける方もあせらずに自分の回答を答えてみて下さい!!!

 

【国税専門官】人事院面接で聞かれたこと等

【国家一般職の質問】

○志望動機→詳しく(一つの官庁について話しました…)→そこ以外興味無いってこと?
○学業の中に書いてあるこれはどういう意味?
○どうしてその部活に入ろうと思ったの?
○趣味→いつごろから?どこが楽しい?
○特技(ピアノ)→どれくらいの間?なにか賞とかとったの?
○自己PRの中から3つほど質問

私、教育学部なのですが、「教師にはならないの?」と3回ほど聞かれました…
今までの面接では、聞かれても1回だったので、不安でしかないです

 

貴重な体験談ありがとうございます!!!
基本的には面接カードを見て、面接官が気になったところを突っ込むということで、受験生ごとに質問の内容は違いますが、突っ込まれやすいポイントは決まっています。
この方の場合もはずれた質問はないかなと思います!
面接カードについての突っ込みポイントに対する回答はあらかじめ用意しておきたいところですね!

採用面接の情報(雰囲気、流れ、質問等)は以下で紹介しています!
国税の採用面接の実態】国税局ごとに違うので受験生にアンケートを取りました!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記