【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【①農林水産省(本省・統計部)】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【①農林水産省(本省・統計部)】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:農林水産省(本省・統計部)
受験区分:農学
訪問時期:7月上旬

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

官庁訪問前の面談では、第一志望として一日目に来てほしいと言われていましたが、統計部が行う官庁訪問最終日に訪問しました。なのでかなり厳しいことを言われると予想していたので、その場合の準備をしました。7月11日訪問。

 

面接の回数、拘束時間

面接は四回

 

面接官の数、雰囲気

面接はすべて一対一でした。

 

官庁訪問でされた質問内容

面接一回目

身上書に沿った質問で基本褒めてくれる

  • 部活動について
  • なんで最終日に来たか
  • なんで統計部か…等

 

面接二回目

  • 学校の研究内容
  • 志望動機
  • 特技について
  • 趣味について
  • なんで最終日に来たか
  • 本当に統計部が第一志望か

 

面接三回目

  • ストレス感じたときはどうするか
  • 統計部第一志望か
  • 何でも話せる友達は何人か
  • 身上書に沿った質問

*面接二回目と三回目は、官庁訪問前に面談した人でした。なので久しぶりと言われましたが、同時に官庁訪問一日目に来てほしいと言われた人だったので、すこし緊張しました。

 

面接四回目

  • チームワークを発揮した経験
  • 自分からハキハキしゃべるタイプか、質問するタイプか
  • 逆質問

 

内々定をもらったタイミング

その後、内々定のことを伝えられました。
統計部は農水省の中でも独自の採用ルートをとっておりますが、希望すれば統計以外の配属もできること、過去三年採用した新入社員はみんな辞めていないこと、とにかく温かい職場であることを面接中にお話していただきました。
また、最終日に訪問したにも関わらず、優しかったです。(かなり説明は求められましたが)

 

【別の方の辞退体験談】

農林水産省統計部と植物防疫所に内々定辞退の連絡をした者です。

統計部さんに電話すると、受けてくれたのが、2回目の面接の人だったのですが、辞退のことをお話すると、
「昨日、あなたが本省から内々定を貰ったのは知っていた。同じ農林水産省内だから、同じ部署ではないけど、これから一緒に頑張っていけたらと思う」
と仰ってくれました。

同じ省内では、内々定のこと、共有されてるのだと知りました。
これから私と同じような境遇になる人は、どちらに誠意を示すためにも、早めに心を決めて電話したほうがいいと思いました。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記