【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【①近畿経済産業局】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【①近畿経済産業局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:近畿経済産業局
訪問時期:7月上旬(2日目)

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

HPの予約フォームから希望日を送信
→予約日時の確定メールを確認

 

官庁訪問の流れ・内容

  1. 待合室で面接シートを記入
  2. 1回目面接
    →その日の内に電話で次回面接の案内
  3. 2回目面接(1回目の翌日)
    →その日の夕方に内々定の連絡

 

面接の回数、拘束時間

面接の数 2回
拘束時間 1日目:1時間、2日目:30分

 

面接官の数、雰囲気

1日目 面接官:3人 雰囲気:和やか
2日目 面接官:1人 雰囲気:緊張感あり
※2日目は総務課長と1:1の面接

 

官庁訪問でされた質問内容

1日目

  • どのような業務に取り組みたいか
  • その次に興味があるのは何か
  • 併願状況、併願基準
  • これまでに乗り越えた困難
  • 部活動でどんな役割を担っていたか
  • 緊張している部下になんと声をかけるか
  • これまでの失敗から得た教訓

 

2日目

  • 長所と短所
  • 裏付けるエピソードはあるか
  • あなたに対する周囲の評価は?
  • 今後どのように当局に貢献できるか
  • 当局が行なっている政策に意見はあるか
  • 上司と考えが合わなかったらどうするか
  • 逆質問
    (残り時間によるが3つ程度はあると良い)

 

訪問カード(面接カード)の項目・内容

  • 併願状況・志望順位
  • 特技・資格
  • 学生時代に力を入れて取り組んだこと
  • 取り組みたい業務・興味のある分野

 

内々定をもらったタイミング

2回目の面接が終わった後、夕方に電話を頂いた。内定者イベントなどの説明もされ、併願先は断るよう促された。

 

来年以降の受験生へアドバイス

私は2日目での官庁訪問だったので正直自信がなかったが、熱意とやる気を自分の言葉でアピールすることができれば、人事の方もそれに応じて熱心に聞いてくれるので、前向きに頑張ってほしい。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記