【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【①独立行政法人(農林水産消費安全技術センター(FAMIC))】2021年(令和3年度)の官庁訪問体験記シリーズ

 

 

【①独立行政法人】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験生の情報】

受験先:独立行政法人(農林水産消費安全技術センター(FAMIC))
訪問時期:7月上旬

  • 区分:農学
  • 試験地:東京都

 

官庁訪問の予約の仕方・流れ

  • 仕方:申し込み情報(名前、電話番号、試験区分、希望訪問日、実施方法)+ホームページに掲載されている訪問調書(Excelシート)をそれぞれFAMIC当てにメール送信
  • 流れ: (私)FAMIC当てにメール送信⇒(FAMIC)官庁訪問日+実施方法通知

 

官庁訪問の流れ・内容

  • 流れ:7/10訪問調書提出+官庁訪問申し込み〆切⇒7/12官庁訪問(オンライン)

 

面接の回数、拘束時間

  • 回数:1回
  • 拘束時間:予定⇒1時間程度 実際⇒20~30分程度

 

面接官の数、雰囲気

  • 面接官の数:3人
  • 雰囲気:厳か

 

官庁訪問でされた質問内容

  • 自己紹介
  • FAMICを知ったきっかけ
  • FAMICに入ったら就きたい業務
  • もし希望の業務に就けなかったらどうするか
  • 転勤は大丈夫か
  • 自分の研究内容について
  • 自分の入っていたサークルについて

他にも幾つか聞かれましたが忘れてしまいました…。

 

内々定をもらったタイミング

官庁訪問をした当日の夜9時半頃(おそらく)電話で通知されました。

 

採用面接・意向面談の流れ・感想

採用面接・意向面談⇒8/19(国般最終合格発表日の1週間前に詳細がメールにて通知された)

採用面接

  • 面接官:5~6人(忘れました)
  • 雰囲気:厳か 時間:20分程度

 

質問内容

  • 自己紹介
  • 知ったきっかけ
  • 今の〇〇県のコロナ状況(おそらく雑談)
  • 何故ここが第一志望なのか(私は併願先として県庁と民間1社記入していた)
  • 大学のサークル内容
  • 高校の時の新聞部について、実際の新聞をみてどんなことを感じるか
  • 趣味の料理について、どんな料理をよく作るのか
  • 大学、大学院とどのような研究をおこなってきたか
  • 分析機器などはどのようなものを使ってきたか
  • 英語の能力はあるか

これ以上に聞かれた気がしますが忘れました。

 

意向面談(採用面接後に人事担当者2人と)

  • 雰囲気:和やか
  • 時間:10~15分程度

初めに内定を通知された。その後にひたすらここが第一志望であるか、他の併願先は直ぐに辞退してくれるかを念押しされた。その上で念書を郵送するので書いてほしいと言われた。辞退されると業務に支障が出るから絶対にやめてくれなど、囲い込みがすごかった印象。

 

来年以降の受験生へアドバイス

正直1次試験の択一、論文いずれも出来が悪かったため、全く受かる気がしなかったが一応官庁訪問と2次試験を受けて、奇跡的に合格し無事内定がもらえたので、諦めずにやるべきことはやりきることが大切だと思います。

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記