【合格者の面接カード大公開】
面接対策講座はこちら

【法務省専門職員(人間科学)】筆記ボーダー、倍率、合格難易度を徹底解説!

法務省専門職員(人間科学)
気になる合格難易度を徹底解説

こんにちは😊公務員のライトのましゅーせんせいです!
 

【この記事で紹介】

  • 矯正心理専門職A(男子)
  • 矯正心理専門職B(女子)
  • 法務教官A(男子)
  • 法務教官B(女子)
  • 法務教官A・社会人(男子)
  • 法務教官B・社会人(女子)
  • 保護観察官(男女)

法務省専門職員(人間科学)】の試験を受ける方の筆記ボーダー点倍率等をわかりやすく紹介していきます💡

矯正心理専門職】と【法務教官及び保護観察官】でボーダーが分かれている、かつそれぞれ共通の考え方になります。
これから受ける皆様の参考になれば幸いです😄

 

【矯正心理専門職】の合格難易度

【試験配点】

  •  教養 :2/11
  • 専門択一:3/11
  • 専門記述:3/11
  •  人物 :3/11

 

【矯正心理専門職】の倍率

【矯正心理専門職A(男子)】の倍率一覧

 

【矯正心理専門職B(女子)】の倍率一覧

 

【矯正心理専門職】の筆記ボーダー点

2021年度の実際のボーダー点を参考として紹介しています。
縦軸が教養の素点(40点満点)、横軸が専門択一の素点(40点満点)です。
⇒例:教養20問、専門択一20問なら214点くらいです。

表を目安に自分の素点を標準点に換算してください…①
メモしてください

 

【矯正心理専門職A(男子)】の筆記ボーダー点

110点
⇒教養13問、専門12問程度

 

【矯正心理専門職B(女子)】の筆記ボーダー点

273点
⇒教養25問、専門25問程度

 

【矯正心理専門職】の専門記述と面接の得点

専門記述が40点満点、面接がA~Eの5段階評価です。
⇒例:記述20点+面接Bなら、308点くらいです。

(記述と面接は受けた感覚でOKです。)
表を目安に自分の評価を標準点に換算してください…②
メモしてください

 

【矯正心理専門職】の最終合格ボーダー点

①と②を合計してください。

例:①教養20問・専門択一20問  ⇒214点
②専門記述20点・面接B評価⇒308点
合計⇒522点

 

【矯正心理専門職A(男子)】の最終合格ボーダー点

405点

 

【矯正心理専門職B(女子)】の最終合格ボーダー点

567点

今回は令和3年度の試験結果を例として紹介しました。
年によってボーダー点は違いますが、大体の目安は参考になったと思います。

 

 

【法務教官・保護観察官】の合格難易度

【試験配点】

  •  教養 :2/10
  • 専門択一:3/10
  • 専門記述:3/10
  •  人物 :2/10

【法務教官・保護観察官】の倍率

【法務教官A(男子)】の倍率一覧

 

【法務教官B(女子)】の倍率一覧

 

【法務教官B・社会人(女子)】の倍率一覧

 

【法務教官A・社会人(男子)】の倍率一覧

 

【保護観察官(男女)】の倍率一覧

 

【法務教官・保護観察官】の筆記ボーダー点

2021年度の実際のボーダー点を参考として紹介しています。
縦軸が教養の素点(40点満点)、横軸が専門択一の素点(40点満点)です。
⇒例:教養20問、専門択一20問なら258点くらいです。

表を目安に自分の素点を標準点に換算してください…①
メモしてください

 

【法務教官A(男子)】の筆記ボーダー点

169点
⇒教養12問、専門12問程度

 

【法務教官B(女子)】の筆記ボーダー点

248点
⇒教養18問、専門20問程度

 

【法務教官A・社会人(男子)】の筆記ボーダー点

181点
⇒教養13問、専門13問程度

 

【法務教官B・社会人(女子)】の筆記ボーダー点

235点
⇒教養18問、専門18問程度

 

【保護観察官(男女)】の筆記ボーダー点

192点
⇒教養14問、専門14問程度

 

【法務教官・保護観察官】の専門記述と面接の得点

専門記述が40点満点、面接がA~Eの5段階評価です。
⇒記述20点+面接Bなら、278点くらいです。

(記述と面接は受けた感覚でOKです。)
表を目安に自分の評価を標準点に換算してください…②
メモしてください

 

【法務教官・保護観察官】の最終合格ボーダー点

①と②を合計してください。

例:①教養20問・専門択一20問  ⇒258点
②専門記述20点・面接B評価⇒278点
合計⇒536点

 

【法務教官A(男子)】の最終合格ボーダー点

465点

 

【法務教官B(女子)】の最終合格ボーダー点

524点

 

【法務教官A・社会人(男子)】の最終合格ボーダー点

389点

 

【法務教官B・社会人(女子)】の最終合格ボーダー点

473点

 

【保護観察官(男女)】の最終合格ボーダー点

468点

 

今回は令和3年度の試験結果を例として紹介しました。
年によってボーダー点は違いますが、大体の目安は参考になったと思います。

 

【法務省専門職員(人間科学)】足切り一発不合格ラインについて

公務員試験には【足切り点】というものが存在します。

【足切り点とは?】

ある一定の点数以上の点数を取らないと、一発不合格が確定してしまう点のこと。

教養、専門択一、専門記述、面接にそれぞれ足切り点が設定されている。

 

【法務省専門職員(人間科学)】の足切り点

  • 教養;11点以下(40点満点)
  • 専門択一:11点以下(40点満点)
  • 専門記述:13点以下(40点満点)
  • 面接:D、E評価(A~Eの5段階評価)
例えば、教養試験が満点でも、専門択一が5点/40点だと、絶対に不合格になってしまいます。
なので、バランスよく点数を取る必要があります!
なるほど!
じゃあ教養も専門択一も専門記述も全部満点だったとしても、面接試験がDE評価なら一発不合格ということだね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

せんせい@公務員試験サポート
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ