【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【㉓国税専門官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【㉓国税専門官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

国税専門官

 

面接試験日の流れ

集合時間は正午ごろで、私が面接を受けたのは16時近くでした。

 

面接の雰囲気(面接官の数等)

面接官は3人
みなさん穏やかで、相槌もよく打ってくれました。

 

面接で聞かれたこと

  • 自分の長所と短所
  • ストレス耐性
  • 国税でやりたい仕事とその理由
  • なぜこの国税局なのか(この質問は採用面接でも聞かれました。)

 

面接の対策方法・アドバイス

面接はやはり慣れが大切だと感じたので、模擬面接は必ずした方が良いと思います。また、本番は緊張して表情が固くなりがちなので、笑顔で答えられるように意識しました。

 

記述や論文の対策方法・アドバイス

私は専門記述で憲法を選択しました。対策も憲法のみをしていました。3月頃から、毎日3題ずつ(1時間くらい)勉強していました。要点部分を暗記するだけでも結構点数が変わってくるので、併願する人でも対策しておくべきです。

 

最終結果(順位や筆記の得点等)

席次は1800台です。
筆記がぼろぼろだったので、面接を頑張りました。

 

内々定までの流れ(採用面談の内容等)

面接の評価がわからない状態で採用面接に臨んだので、即日もらえればいいなくらいの気持ちで行きました。結果として即日もらえたので安心しました。

 

一番番不安だったこと+結果

論文足切りかもと怯えていたのですが、75点でした。

 

来年以降受ける受験生へアドバイス

国税は面接が大きく影響するので、面接対策はしっかりやっておくべきだと思います。

 

採用面接(各国税局の面接内容)の情報をまとめた記事はこちら
⇒【採用面接の情報共有ページ】各国税局ごとに流れや内容等を紹介!皆の体験談まとめ!

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記