【最強の講座で合格率UP】
無料講座はこちら

【②財務専門官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記シリーズ

 

 

【②財務専門官】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【受験先・区分】

財務専門官(関東財務局)

 

面接試験日の流れ

二次面接

1時間ほど待機室で待機。→面接は30分弱で3:1。

 

面接で聞かれたこと

面接官面接カード通りだった。+関東財務局に来てみてどんな印象を受けたか。志望動機を深く聞かれた。面接官同士は仲が良さそうで、圧迫ではなかった。

 

面接の対策方法・アドバイス

面接カードに書いた内容について詳しく話せるようになると良いと思います。

 

記述や論文の対策方法・アドバイス

専門記述は憲法だけを勉強していましたが、正直博打だと思います。要点を録音して移動時間に聴いていました。本番はとにかく知っていることを書いた感じです。定義→基準・判例→まとめを書いて40/100点でした。(職業選択については準備しておらず、択一の判例の知識と経済活動の自由、目的効果基準で字数を稼ぎました。)段落を変えるのが苦手だったので
①定義
②基準
③判例
④まとめ
のようにナンバリングしました。割とおすすめです。
経済が苦手なら財政学をサブ科目として用意するとよいと思います。

 

最終結果(順位や筆記の得点等)

最終合格

 

内々定までの流れ(採用面談の内容等)

職場訪問2回目の後、「採用面接に来たら内定あげます」と言われ、その場で採用面接を予約。採用面接→内定を告げられ、書類を貰った。

 

一番番不安だったこと+結果

専門記述がとにかく不安でした。サブ科目を作った方が良いです。
専門科目で民法を捨て、英語を選びました。マーチより少し下レベルの難易度だと思います。(現役マーチでセンター英語160点でしたが、大学では英語を全くやらずに放置していた自分が何とか解けるレベルです。)
チラッと見た印象ですが、情報数学は数学IAの範囲の問題があった気がするので、国公立大学を受験した方は一考の余地があると思います。

 

来年以降受ける受験生へアドバイス

後にも述べますが、職場訪問次第で十分逆転が可能です。手応えが無くても面接対策をした方が良いです。

 

【②関東財務局】2021年(令和3年度)の合格・不合格体験記

【職場訪問(関東財務局)】官庁訪問の予約の仕方・流れ

メールで予約。Gmailアプリで送信すると予約送信できるので便利だった。iPhoneを使っていて送信時刻を予約できない人におすすめです。

 

【職場訪問(関東財務局)】の流れ・内容

職場訪問1日目

2時間ぐらい待機→1回目の面接。

 

1回目の面接について

内容は2次面接と変わらないが、逆質問がある。1:1で、面接官との距離がかなり遠いので大きな声で話さなければ聞こえない。優しそうな人だった。

別の部屋で待機→別の部屋に行き、2回目の面接。

 

2回目の面接について

1:1で雑談。50代ぐらいの多分偉い人。机の向かい側同士でワイワイ話す感じだった。興味のある仕事について聞かれたので災害の復興事業立会と答えると説明してくれた。後はずっと逆質問。20分ぐらいで、「2日目予約していかない?」といわれ「します」と答えた。
係の人に誘導され別室で待機→2日目の予約をとった。

 

職場訪問1日目の感想

とにかく待機時間が長く、始まってから終わるまでに4時間ほどかかった。笑顔でハキハキ話し、面接官の話を聞く時はリアクションを大袈裟にした。「え〜そうなんですね!」「なるほど!」みたいな感じ。下品にならない程度に笑ったりした。マスクをしたままなので、目で表情を伝えなければいけない。鏡の前で練習すると良いと思う。

 

職場訪問2日目

待ち時間は30分ほど。おそらく50音順に呼ばれている。

受験生3人がまとめて中に入る。事前に割り振られたAさんBさんCさんと呼ばれる。幹部1人ともう1人の面接官のほかに、3人ぐらい会議室の端のソファーで面接を聞いている。全員50代ぐらいで多分偉い人。

 

質問内容

  • 志望動機
  • 財務局に入ったらやりたい仕事
  • 就職活動をした感想
  • 〇〇について(社会的なテーマは毎年聞かれるらしいです。)
  • 自己PR(挙手制だが全員手を挙げる。面接カードの自己PRと全く違うことを言った。)

〇〇については考える時間を1分与えられてから答える。〇〇の他にもテーマがありそう。(政策的なことを述べるよりも地方とどう向き合っていくかの姿勢を答えた。)

20分ぐらいで終わり、隣の部屋に移される。

 

隣の部屋⇒個室

隣の部屋から大きな笑い声が聞こえ、不安になった。少し話した。15分ぐらいして、Aさんが廊下に呼ばれた。5分ぐらいして続いてBさんが呼ばれた。C(私)は最後だった。
AさんBさんが歩いた方向とは逆に誘導され、個室に移った。「採用面接にきたら内定をあげる」と言われ、採用面接の予約をとった。

建物から出るとAさんとBさんが待ってくれていたが、内々定は貰えなかったらしい。3人でお喋りして帰った。

 

採用面接に関して

採用面接では意向確認だけだった。併願先を聞かれ、合否も聞かれた。内定書類について説明を受け帰りました。

 

【職場訪問(関東財務局)】のアドバイス

関東では必ず逆質問があります。用意しておいた方が良いです。
AさんBさんは声の抑揚がなく、同じところを見て話しているようでした。早口だったのも暗記していると思われていそうでした。その場で考えてる風を装いながらゆっくりと大きな声で話した方が良いと思います。照明が明るいので前髪を上げた方が目が影にならず良い印象になると思います。
内容がスカスカでも良いので(深掘りされない)明るく大きな声で笑顔で話すと良いです。

 

↓逆質問リスト

  1. 印象に残っている業務。
  2. 苦労したこと
  3. 職員になってからのギャップ。
  4. やりがいの他に仕事を続けている理由
  5. どんな人と働きたいか
  6. やってみたら印象が変わった仕事
  7. 職員になりたての時と今を比べて職場のどんなところが変化したか。良くなったところ、変えていきたいと思っているところ
  8. 転勤して楽しかったところ

ベテランの人だと45678(面接官の過去の経験の話)は深い話聞けます。123は良くある逆質問なので、話がすぐ終わってしまう可能性があります。イレギュラーな逆質問をすると良いと思います。

以上です!

 

 

前の体験記 | 一覧に戻る | 次の体験記